« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

フローリング施工

大工さんのフローリング施工をずーっと見てました。

感動の一言です!

鮮やかな丸鋸サバキ。鉛筆を耳に挟み、メジャーで測りながら材料にマーキングし、電動丸鋸とのこぎりを使い分け、壁際の形状に合わせていくのは見事!一人で、変形7畳のリビングのフローリングを休憩も入れて8時から14時までの時間で完成させてしまった。

幅木の貼り方で注文を付けたが、「そんなのしたこと無い。」とか言いながら見事に仕上げてくれました。感謝!

フローリングは部屋の一辺に一列貼り付け、次の列を前の列に叩いてはめ込みながら敷き詰めていくので、最後列は壁際になり叩きにくい。そこでの対処の仕方は、さすがプロ。納得の仕上がりです。

今朝少し肌寒かったので、早速試運転。足下が暖かいのは快適です。冬が待ち遠しい。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

床暖房システム設置

フロ-リングを撤去している間に床暖房制御ボックスの設置を平行して行いました。

制御ボックスは、リモコンで床暖房のコントロールができるようにするもので、床暖房未使用時に温水が床に回らないように塞き止める弁の開閉や、熱源機に対しての運転指示、温度を監視して一定の温度にする機能、リモコンからのタイマー予約と温度設定を可能にするものです。この制御ボックスを外壁に設置してもらい、配線と熱源機の循環不凍液の抜き作業を自分でしました。

フローリングを撤去し終わると、新しい根太の打ち換えを行い、床暖房パネルの設置となるのですが、その前に我が儘を言って断熱材を入れてもらいました。床暖房のロスはほとんど床下に逃げる熱なので、これを少しでも減らしたかったからです。冷房の電気代を下げる効果も期待できます。根太の下に断熱材固定用の板を打って、断熱材を入れました。但し、床暖房パネル設置作業に干渉する部分は入れていません。ここまでで15時頃かな?

次に根太の間に床暖房パネルを挟んで設置します。アルミと発泡スチロールでできたパネル20枚を設置。大体4畳半ぐらいの面積。パネルを設置しながら温水配管も引き込みパネルに固定していきます。

温水配管は架橋ポリエチレン製。パネル直前までは遮熱管の中を通します。これを通すのが一苦労!配管の送り込みに一人。パネルへの固定に2人の3人掛かりで作業しました。全てのパネルに温水配管を通し、熱源と制御弁への繋ぎ込みを終了したのが16時頃。それから試運転して、水漏れがないことを確認。その後パネルと温水配管の固定のためアルミテープを貼っていきました。これも2人掛かりの作業。

順調かどうかは分からないが、大きなトラブルもなく、マニュアル通り。温水配管をパネルに固定する作業は、マニュアルがなければ分かりません。だが、作業してみればなるほど納得。当初心配していた温水配管の絡みもなく、結構楽しい作業でした。(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フローリング撤去

初日の朝から大工さん2名とともに知り合いの工務店の方が来て、3人で作業を始めました。

サッシを取り外し下レールの固定ビスを外し、埃の養生をした後、床に丸鋸が入りました。事前の調査で根太(ねだ)が標準サイズではなく、フローリングに接着されているおり、根太も打ち換える必要があることが分かっていたため、丸鋸は根太とともにバッサリ床板を切り刻みました。約1時間ほどで大部分の床材が剥がされました。

ふわふわしていた原因がここで納得。床材は合板のため何層もの張り合わせになっていましたが、層間の接着剤が剥がれ、裏側の最表層は裂けていたり欠落している状態でした。大工さん曰く「接着剤の寿命であり、張り替え時期でしょう。」とのこと。なるほど、張り替えるタイミングとしてはそれほど間違いではなかった。

大部分の撤去はアッという間だったが、間仕切りの際が結構大変で午前中一杯その撤去に掛かっていた。工務店のSさん曰く、家は下から上に造っていくので、改装工事は天井からいじっていくのは簡単だが、床だけをいじるのは、上に乗っているものを避けながらの工事になるので大変。だそうです。実際作業を見ていて、予想していないところに釘が入っていたり、撤去したい柱が残さないといけない部分とつながっているので、適当な場所で切断したり、スペーサを入れたり等。職人技も拝見しました。

プロやな~(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

床暖房

台風被害で自宅の修理をするついでに、以前から気になっていたリビングのフローリングも張り替えることにしました。

フローリングはずいぶん前から、部分的に強度が無く、ふわふわする場所が点在する状況となっていて、いつか突き破ってしまう不安がありました。台風被害での復旧工事のついでに知り合いの工務店にお願いし、またそのついでに床暖房のシステムを入れることにしたのです。

自宅には浴室暖房乾燥機の熱源を既に設置していて、こいつの能力は浴室ではあまりあるパワーを持っています。しかも、これだけだと停止している時間の方が多い。もう一つの理由として、この熱源機の制御基板は小生が設計したのだが、実際に使用してみないことには欠点や利点が実感として乏しい。浴室暖房乾燥機としての使用勝手は大体分かったが、この製品の一番多い利用方法である床暖房は是非実感したかった。実験レベルではなく、実使用として自分で確かめたかった。

もう一つ。良い機会だから、自分で施工してみたかった。安く上げたいと言うことも理由としてあるが、これぐらいはできるだろうと言う見込みと、経験しておきたい欲望?から踏み切ったのである!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

二酸化炭素

最近悪者にされがちな二酸化炭素。ほとんどの人は勘違いしていると思います。二酸化炭素に直接の毒性はありません。二酸化炭素だけなら自然保護林であろうと、森の中であろうと、まき散らしても問題はありません。むしろ二酸化炭素は植物にとって体を作る必要不可欠な栄養素です。ハウス栽培では冬場にハウスの中で灯油を燃やし、温度を高めるとともに、二酸化炭素量を多くして収穫量を上げる手法もあります。まき散らしていけない場所は、人間を含めて動物のいる密閉空間だけです。

問題は、普通に燃料を燃焼させるとそれ以外の有害な副生成物ができること。もう一つは発生量が多く、そのために温暖化が促進することです。

前者は技術的な進歩により改善していけます。後者はある意味どうしようもできない。化石燃料は大気中の二酸化炭素を増やす一方なので、それを減らすか吸収する植物を増やすしかない。

一つの解として、薪や炭などの植物燃料や、動物の排泄物などから作るメタンガス等のバイオ燃料。これらは数年~数十年程度の太陽エネルギーの蓄積によるものなので、化石燃料に比べれば二酸化炭素サイクルが短いくて比較的良い。しかしこれらは、供給量、品質共安定感に乏しく、エネルギー密度が小さいため、同じエネルギーを発揮するのに膨大な量の燃料を確保する必要があって、化石燃料の代わりにはほど遠い。さらに燃焼機器に機械的に供給する方法が難しいので、使いやすくて便利な最近の一般家庭向けには採用不可能でしょう。

何か良い方法はないものか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

化石燃料

地球温暖化。仕事柄気になります。化石燃料を燃やす商品を生業としているので、罪悪感も感じてます。

考えてみると、化石燃料とは太陽エネルギーの蓄積です。植物が光合成により空気中の二酸化炭素から炭素を分離し、植物体の材料にしたものが堆積し、地殻変動などの作用により変質して化石燃料となるのです。つまりこれを使い果たすと、植物が大量発生する以前の大気環境=数十億年前の大気環境になってしまう。

ここ100年程度で、数千万年程度の太陽エネルギーの蓄積を使ったのではないだろうか?こんな状況を変えない限り温暖化は防止できない。根本的にエネルギー源を化石燃料から脱却する必要があるのです。かといって原子力もダメです。これは地球に降り注ぐ自然なエネルギーとは別のエネルギー源なので、これも温暖化を助長するのです。

本気で温暖化を防止するなら、全てのエネルギーを自然エネルギーから得るしかないのです。少し考えれば分かることなのだが、経済優先社会ではそれは難しい。全世界的にそのような方向に向かないと手遅れになります。そのための政治家のハズだが、俺に言わせりゃ馬鹿ばっかり。官僚も含めてかもしれない。政治家が自分の懐を気にしているウチのこの地球が破滅します。或いはみんながそれに早く気づいて、大きな声を上げなければ!口先だけの、自分の身の周りだけの環境問題なんて小さな事を言っていたのでは遅すぎる。現に地球が壊れつつあると思います。

早く気づいてくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

CD完成

先日の録音から早一月になろうとしていますが、「ながとまさよフルート教室」の発表会CDができあがりました!

何もかもがベストというわけではありませんが、限られた制約の中で精一杯やってみました。録音した環境を補正する方法に決定打が無く、録音時のクオリティ維持に手を抜かないことが、セオリーであり最強唯一の方法であることが実感できた機会でした。

録音用のスタジオではない場所で、如何にクオリティを上げるか。入ったノイズは消せません。誤魔化すことしかできず、これが最後まで納得できない形で残りました。デジタルレコーダの性能が予想以上に良かったため、マイクの悪いところが暴露されてしまいました。マイクプリを準備していなかったことが敗因です。>深く自己反省。

それでも、MDの生録との比較では音質は負けていないと思いましたが、その利点である外乱への耐性は実感できました。マイクとレコーダの配線が短いことは、何にも増して利点です。ノイズの多い場所であればその利点は顕著です。その利点を取り込めるセッティングを模索中。

ラベル印刷に関しては良かったのではないか?80点ぐらいのできかな。20点のマイナスは、印刷フォントで気に入るものが無く、縮小処理するため多少歪になってしまったが、使ったソフトがその程度の性能しか無いため、やむを得なかった。これも妥協点。

現実は厳しい。(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月 8日 (木)

燃料電池車

今日の昼のニュースで、燃料電池車(実験車両)が高速道路を走行して地球博の会場に向かうと伝えていた。高速走行の実用実験らしい。

アナウンサーが「次世代の環境に優しい車です。」と解説していたが、個人的には疑問。技術的には次世代で間違いはないが、環境に優しいかは何とも言えない。

燃料電池車は水素を燃料として供給し、空気中の酸素と化合(燃焼)して電気を作りモーターを回して走る。排ガスは水蒸気。一見環境に優しく見える。

しかし、燃料となる水素をどうやって作るかが大問題。水素は地球上に大量にある。と言ってもそのほとんどは単独では存在せず、水、或いは炭化水素(つまり原油や、天然ガス)の形で存在するもの。

これらから水素を分離することが必要で、水から作れば相当の電力を消費して作る事になり、直接電気で走る電気自動車より効率が悪い。炭化水素から作れば、水素を切り離した残りは炭素であり、今のところこの炭素は、二酸化炭素として取り出される方法しか実用化されていないので、炭化水素を直接燃焼させるのと大して差はない。

つまり、水素をどうするかが大問題なのに、排ガスが水と言うことだけ注目され環境に優しいとアピールしている。大きな間違いである。物凄く危険な香りがする。報道する側もよく考えて言葉を選んで欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

台風

17時頃は結構風雨が酷かったが、19時過ぎ頃から静かになりました。たぶん台風の目でしょう。

市内は今のところ大きな災害はなかったようで、覚悟していた停電も市内に限っては起きていない様子。

ウチの被害状況はちょっと大きくて、以前からあった裏の陥没が拡大してボイラーが落ち込んでしまいました。週末は復旧作業。それまではボイラーを使用できない状況になってしまいました。(;_;)

他には、どこから飛んできたのかTVアンテナのアルミパイプが玄関先に転がっていた。近所のアンテナを見渡すけど、違うみたい。ウチのを見上げるが、見える範囲は異常なし。しかし死角にあるアンテナの一部を風が収まってからテラスで確認すると、無かった。(T_T)転がっていたパイプを取り付けて無事復旧。(^^;)

後は陥没をどうするか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

つばさ&HOLIC

観に行きました。分からない人は無視してください。(*^_^*)

ニョウボがつばさクロニクルにハマっていて、全巻単行本を買いました。そうすると、当然(でもないが)私も全巻読みます。で、侑子サン気になります。→HOLIC全巻買いました。(*^_^*)→映画を観に行く。見事に商業トラップにハマりました。(^o^)

感想は、おもしろかったけど、単行本を読んで、映画に期待した厚みというか深みというか、そういう部分が物足りなかったかな?もっと侑子サンのキャラクターを掘り下げて欲しかった・・・。

鑑賞記念にもらった侑子サンのビニール製ペンケース使い道がない。どうしよう(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮CD

先日、「ながとまさよフルート教室発表会」の録音をしましたが、これの一次編集を終了して仮CDを作成。ながとまさよ先生に届けました。

早速、編集について指示と感想の連絡を戴いて、次の作業に取りかかるところ。

音質に関しては特に文句は出なかった。と言うより喜ばれているようなので一安心ですが、自分としてはもう少しなんとかしたかったのが本音。それまでの音源より良くはなっているが、使った機材を生かし切れなかった悔しさはあります。

次回は更に良い録音でリベンジ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メモリープレーヤ

CD-Rを探して電気店を巡っている最中、iPod Shuffuleに代表されるメモリープレーヤでこんなの見つけました。http://www.jvc-victor.co.jp/audio_w/product/dap/index.html

そのうち出るとは思っていたが、実際実物を見ると「欲しいけどチャチやな~」が本音。値段がiPod Shuffuleより高いのが微妙なところ。

どういうときに使うのか?今のところ想定外。(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD-R

在庫がなくなったので、久しぶりにCD-R目当てに市内の電気屋を巡ると、店頭のほとんどは700MBでした。互換性を考えると650(640)MBの方が良いと思うのだが、容量の多い方が生き残ったと言うことか。(-_-;)

それでも諦めずに探しました。ホワイトレーベルのワイドプリントエリアの650MBでケース無しの50枚セット。3店巡ってようやく一つだけ有りました。

数年前に650MBはOKだけど700MBはダメという経験をしているので、極力650MBを使うようにしているが、どうなんでしょう最近?音楽用として販売されているものでも80分が出回っているので、問題ないと言うことか?

いずれにしても、次に購入するときは今以上に入手しにくくなっていそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブ中止

台風の影響で、今週のカモンワーフのオープンステージライブは中止になってしまいました。(;_;)

野外は天候に左右されます。仕方がないです。

次のイベントは9日のアンビアーズ定期ライブ。ガンバろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »