« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

6月演奏予定

 2日21:00~ 唐戸 Bar Deo ピアノデュオ

 4日11:30~ カモンワーフ イベント「みちくさ」 とばっちりで出演。

 9日21:00~ 豊前田 アンビアーズ 廣瀬ジャズトリオ+α

11日12:00~ 下関市民館 市吹協イベント ISHIN吹奏楽団

17日19:00~ 宇部 吉本ギタートリオ

18日12:00~ 山口 吉本ギタートリオ

ついでに 18日19:00~ 赤間神宮 百田さん結婚披露宴 ISHIN吹奏楽団+α

おまけに25日14:00~ 下関市民会館 ピアノ発表会録音

今月は忙しい!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

結婚式

ニョウボの従弟の結婚式が京都であり、行って来ました。

10数年ぶりに来ましたが、以前来たときの記憶はほとんどアテにならないほど駅前が変貌しており、完全に田舎モンで徘徊してました。

いい街ですね~京都は。全てが上品で、柔らかい感じがします。従弟に言わせれば観光客相手と地元相手はかなり違うらしいが、きっと下関はもっと低いレベルだな。何もかもが洗練されている印象を受けます。街の造りから食べ物に至るまで、平安時代を彷彿とさせるような印象。

街全体が平地なので、自転車が一番効率よく動けると感じました。実際道路の構成も自転車の通行をサポートしているし、歩行者と同数?って感じるぐらい自転車が多い。でも、危険を感じない広さの道路に整備されている。

肝心の結婚パーティーは普通でなかった。(^_^;)いや、今の京都ではこれが普通なのか、従弟の仲間はこれが普通なのか、どちらにしてもスゴく印象に残る楽しいパーティーでした。

場所は山の中にあるキャンプ場?ペンション?ライブハウス?バー?何とも言えない場所で、人前式の挙式の後、延々ライブが続く。それも民族系あり、ファイアーパフォーマンスあり、DJあり、サンバチームあり、本当に雑多な組み合わせ。それぞれが魅力的な時間を作って、楽しい時間が流れていく。その中の一つのバンドと交流がありましたので、紹介がてらリンクを貼っときます。

http://www.rak3.jp/home/rak2_pv.cgi?no=thefamily&prof_view=1

「THE FAMILY」と言う、その名の通り御家族で構成されたバンドです。あったかい楽曲でパーティを盛り上げて頂きました。

とにかく、カルチャーショックな(観光も含めて)3日間でした。

また行こ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

バトンが来た!

バトンが回ってきたのでやってみます。【】内の言葉を指定して回すモノらしい。

○最近思う【BOXER】について思うこと
初めて出会った頃と変わらない鼓動。高回転まで回すときの過給音とのコラボ。低重心の安定性。揺るぎない良さがここにある。

○この【BOXER】には感動
つき合いが長いと感動することもなくなってくるが・・・。やっぱり吹け上がりのドラマだろうか?お世辞にも良いとは言えない低回転のトルクの細さ。そこから中回転域に達するまでにモタつきを伴うものの、過給が始まると伸びやかにレッドまで達する。高回転を維持する分にはレスポンスも良く、右のつま先で200kWを操る快感!やっぱりこれかな?

○直感的【BOXER】
運動性能に終始するでしょう。低重心のメリットは少しロールとヨーを伴う走りをすれば判る。全ては素直なステアリングに現れている。

○好きな【BOXER】のところ
全て。その他大勢に入らないところ。

○こんな【BOXER】は嫌いだ
あるのか?欠点、弱点すらカワイイ。他のBOXERの話なら、等長になって独特の鼓動をなくしたのは嫌いかも?

○この世に【BOXER】がなかったら?
ロータリーしかないでしょ♪(爆)

さて誰に回そう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

車幅灯

昨日、車幅灯が切れました。

運転席側です。これが切れると夜間の自宅の車庫入れが、ものすごく見切りが悪くなるため大変でした。早速交換しようと思い、車の説明書を見るがこのランプだけ交換方法が書いていない。(-_-;)

ディーラーの担当者に連絡を取り交換方法を聞くと、難しくはないがやりにくいとの回答。手順を聞きながらやってみるが、狭くて手が入らない。押しながら回すと言うが、狭くて押すのが精一杯。初めてなのでどの程度押せばよいのか、どちらへ何度ぐらい回すのか、その間にもフレームの角で手を切りそう。何度かチャレンジしたが諦めました。

こんな状態だから説明書には書いていないと納得。こんな作業を素人にやらせたら流血クレームになりかねない。だからこの作業は専門家に任せるとの判断だろう。

結局交換作業はランプを購入したショップでやってもらいました。工賃¥1000取られた。(>_<)

普通のランプは¥500程度なので、工賃の方が高い!それでは悔しいのでLEDにしました。¥3000程度のモノ。他にも¥8000以上のモノがあり明るさが全然違う。

¥500でも購入できるのに¥8000は掛けられない。かといって工賃の方が高いのは納得できない。ので¥3000クラス。

もしかしたら、失敗だったかも・・・。暗い。

正面から見た明るさは純正とそんなに変わらない様に見えるが、LEDの光は周囲に拡散しないので、車幅灯だけで辺りを照らすと、直接光のあたらない所はほとんど見えない。(;_;)

そうなると、やたら明るい価格の高い方が実用的なのが納得できます。

う~ん(-_-)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

ライブ報告

今日はじゃなくて昨日はアンビアーズ定期ライブ。無事に終えて帰宅したところです。

今月のライブはこれ一本のみ。後はレコーディングなど地味な活動のみ(笑)マルチトラックレコーダーソフトをノートパソコンに組み込み、明日(今日)スタジオで実験します。使い物になるのかどうか?

ライブ活動は既に感覚的に日常化しているので、取り立ててブログには書いていません。それを期待している読者?の方が多いせいか、最近めっきり書き込みが少ないな~。寂しいな~。(;_;)

って事で少しレポートをしてみます。

今回は連休後でお客さんも少なかったです。メンバーはピアノK子さん。ドラムK本さん。ベースが私のいつものトリオ。リクエストがある訳ではなく。気分でK子さんと曲を決め、あまりやらない曲を混ぜ込んでスタート。演奏途中2曲目ぐらいで、女性が多いグループが入店してきました。その後がエラく盛り上がりました!数少ない男性客が酔った勢いでヒートアップ!決して平均年齢は若くない客層ですが、なぜか盛り上がってました。終始雰囲気も良く、楽しい時間でした。

ところが、2部の途中で女性の一団が帰ってしまうと男性客がおとなしくなり、多少ぎこちない雰囲気で締めくくったのでした。(-_-;)

演奏内容は初めて演奏する曲もあったので、少しノリ損ねた感もありますが、まあ良しとしましょう。(^_^;)

そんなところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

美川ムーバレー

岩国にある美川ムーバレーに行って来ました。またまた姪姉妹を連れての遊び場所を物色していたところ、県の広報誌で紹介があったのを見つけ、早速行ってみたのでした。

期待はしていなかったのです。時間がつぶせれば、連れて行って喜ぶのなら、それで良かったのです。ところが行ってみて、中に入ってみて、楽しかった!閉山した鉱山跡を活用したテーマパークです。雇用対策やら有効活用やらが先に立って、アトラクションとして本当におもしろいのか期待はしていなかったが、愚測に過ぎませんでした。

地底王国のイメージから、当然地下に潜るので長い下り坂でスタートして、最後は這い上がってくるのを予想していたのですが、全く違いました。入り口からまず上り坂。全長約1km中、明らかに上るのはそれぐらいで、他は多少のアップダウン。出口は入り口より高い位置にある。

ゲームの設定がおもしろい。鍵を持ち歩いて、その鍵に合うプレートに記載されている記号をチェックしていき、最後にその記号の組み合わせでグループが決まり、グループごとに質問が設定されておりそれに答えると言うもの。鍵はそのまま来場記念として持ち帰る。プレートを探すのに心を奪われていると、最後の質問に答えるための展示を見逃してしまう。プレートは全部全ての鍵に合う訳ではないので、見つけてから一喜一憂し、最後の質問でまた悩む。結構楽しかった!

ナイトツアーの企画もあるので今度はそれにいってみたい。懐中電灯の明かりだけでこのコースを周り、施錠された出口の鍵を見つけると言うもの。おもしろそう!

もう一つ特筆モノはレストラン。ブチ旨かった!こういう場所のレストランだから高いしそんなに旨くはないと思っていた。ごめんなさい。価格は多少高めだが、納得のうまさ。食べたのはうどんと「カツメシ」とか言うもの。写真があったがなんだかよく判らなかった。でも興味があったので頼みました。うどんは麺に歯ごたえがあって、出汁も旨い。こういうレストランのうどんは大体どこも似たようなレベルで、期待はしないのが普通。その分ハズレもない。ところが旨くてびっくりした。専門店並み!カツメシはアイデア料理と言うのだろうか。平皿に下からご飯、キャベツの千切り、大量の刻みのり、一口サイズの薄切りトンカツが10切れほどが積み上げられ小山になっている。上から和風ソースがかけられ、ご飯にまで染み渡っている。これも旨かった!写真で見てもなんだか判らない訳だ。

最後に近くの日本一大きな水車を見て帰りました。確かもうこの水車は日本一ではないとの話を聞きましたが、直径12mはやはり大きい。辿り着くまでの上り坂も結構キツイ。当日ダメ押しのイベントで大満足!

あ~楽しかった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

石柱渓

以前石柱渓を観に行こうとして、時間が遅かったため途中まで行って引き返したことがありました。今回は午前中から歩き始め、往復を楽しむことが出来ました。

石柱渓とは、豊田町にある自然遊歩道です。川沿いを遊歩道が整備されており、いくつもの滝と柱状に節理した岩石からなる風景を楽しめる場所です。遊歩道と言っても細い山道で、見上げるような階段や、手すりのない橋、岩肌を歩く場所もあって、少し気合いの必要なハイキングコースと言ったところ。

結構疲れました。姪姉妹を連れて行ったのですが、遊べそうな河原がある度に川の中に入っていくので、往きは結構時間が掛かりましたが、終点まで行っても特に休憩所がある訳ではなくてそのまま逆戻り。帰りはほぼ下りなので往きの半分の時間で戻ってきました。

自然の中はやっぱり気持ちがよいです。リフレッシュするにはこういう所も捨てがたい。あまり知名度は高くないようですが、桜と紅葉の時期は相当綺麗そうです。今回は椿が散って一部で椿の花畑のような場所もありました。足下に椿の花が敷き詰められているかのよう。川のせせらぎや滝の音も耳に心地よく、時々囀る野鳥の鳴き声も癒してくれます。

何となく幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノデュオ+1

2日の夜は唐戸のバーでの演奏でした。昼間の仕事を片付け、連休突入を飾るイベントでした。

本来はピアノデュオでの演奏だったのですが、帰省中のトロンボーンを巻き込みピアノデュオ+1で演奏しました。2部+アンコールステージ全17曲?中4曲を3人で、残りをピアノ&ベースのデュオ。おまけにピアノ&フルート、途中から+トロンボーン乱入などバリエーションが豊富なステージでした。お客さんの反応も上々で、楽しいひとときでした。

トロンボーンはすでに10年近くの付き合いになるかもしれないW君。彼が高専時代からの付き合いだったと思うが、今は某大手自動車メーカーに就職し、エンジン設計部隊として御活躍とのこと。音楽では神奈川、東京のジャズ系ライブハウスを巡業中。久しぶりに一緒に演奏したが、腕が上がっているのがよく判りました。以前は若さ故のパワーで押し切るイメージでしたが、今回は繊細な歌い方にも磨きが掛かっており、上品な演奏もこなせるプレイヤーに成長していたのでした。(@_@)今後の成長にもますます期待!

残念なのは呑めなかったこと・・・。楽器運搬で車が必要なので仕方がないが、やはり辛い。(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »