« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

突然ライブ

明日6/30突然ライブします。唐戸のBer Deoです。ギターの吉本さんソロライブだったのですが、呼び出されました。(^^;)

最近このデュオでの仕事を増やしています。数ヶ月間は突然明日ライブという日が多くなるかも?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

障害者と健常者

先日のピアノ発表会の時に出会いのあった視力障害者のチェロ奏者とお話をしている中で、その方は年配の方ほど障害者に対して偏見が多く辟易しているとの事でした。

私の知人にも障害者の方が数人居ます。その方達を見て思うのは、障害者という方達は大別して二つの生き方に分かれます。障害を乗り越える方と、そうでなく甘える方です。知育異常の方は除きます。

五体満足でない状態に対して乗り越えようとする方は他の手段を探し、修得し、磨き、研ぎ澄ます。それは健常者には出来ない事を為し遂げた尊敬すべき人達です。その方達とそうではない人達。障害に甘え、誰かに頼り、それが当たり前になり感謝を忘れた人達。この大きく違う人達を障害者と呼び一括りに扱うのはどう考えてもおかしい。

障害者と健常者という区分け、私は納得がいかない。税金や保険の区分だけなら良いが、一般生活でもこの言葉の下に分けているのが気に入らない。足が無かろうが、目が見えなかろうが、それはその人の個性の一つであり、人種を分ける必要はないだろう。障害者として分けて甘えさせるから甘えるヤツらがのさばる。乗り越えて頑張っている人には失礼極まりない。

全ての場所に於いてバリアフリーになれば、障害者と健常者の境が無くなり、障害のある人でも一人前の個性として扱われるようになるはず。

まあ、今の社会がそう言う風になっていて、それを引っ張って作り上げてきた世代に偏見が多いので、良くなるまでにはもうしばらく掛かりそう。政治家の世代交代があと3世代ぐらい必要かも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピアノ発表会

25日市民館の中ホールで、ピアノの発表会の録音に行って来ました。

「ながとまさよフルート教室」の発表会でいつも伴奏をされている、ピアノのN先生の依頼で、録音を行いました。N先生とはフルート教室の発表会の度にお会いしているので、顔見知り。録音の出来もよくご存じの上での依頼なので、手が抜けません。

このホール実は超くせものホール。ご存じの方も多いと思うが、天井は低いし、後ろの席は板張りなので歩くと響くし、ステージで演奏していても音が返ってこない超デッドなホール。とても音楽ホールといえた場所ではない。だが、ある意味録音には都合がよい面もあって、余韻がないと言うことは後加工がしやすい。客席の雑音が残らない。ステージ上での録音が可能ならば、スタジオ録音に近い状態が作れる。

子供の発表会なので、演奏を楽しめるレベルは正直僅かでしたが、録音の勉強にはなりました。録音した音はほぼ予想通り。大きなトラブルもなく、只今編集作業中です。

もう一つ大きな収穫。賛助出演された出演者の方で視力障害者のチェロ奏者がいらっしゃいました。この方、演奏者としてよりも電子系技術に精通しておられることに感動しました。年配の方ですが、控え室で二人でそちらの話で盛り上がっていました。電子回路の技術、知識を視力障害の方が修得できるとは思っていませんでした。しかし、この方は良い友人に恵まれてきたのでしょう。かなり高い知識があることに感銘を受けました。この方面の技術に詳しい方なら、見て理解する事をせずに電子回路を理解することが、どんなに困難か想像に難くない。それを為し遂げていらしゃる事が奇跡に近いと思います。

この方は、御自分でホームページも作成されていますので、紹介リンクを貼っておきます。

http://ww52.tiki.ne.jp/~ja4aib/

スゴい人もいたもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

宇部ピアニッシモ

17日(土)宇部市文化会館内のレストラン「ピアニッシモ」でミニコンサートを行いました。

内容は、吉本師匠(g)とデュオでジャズです。ギター&ベースorギター&フルートでジャズの名曲や映画音楽、オリジナルアレンジのメドレー等々。お客様も年配の方が多かったので、和やかムードでリクエストに応えながら、途中休憩を挟んで20曲程度。

お店のマスターの意向でこのコンサートを企画しているとのこと。お呼び頂けて光栄です。非常に雰囲気の良い店で、普段でもいろいろな企画をされている様子。

実はこの店、何度か利用してました。吹奏楽のコンクールがあるときに、合間にお茶飲んだり、終わってビール飲んだりしてます。まさかこんな形で訪問することになるとは思っていませんでした。また呼んで頂けることを楽しみに待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

表彰

本職の話。

ウチの会社の製品は給湯機、空調機を始め多岐に渡っています。
それらの製品の制御基板を設計するのが私の仕事。
具体的には、回路とプリント基板の設計です。

ウチの会社の製品は自社ブランドとOEMがあり、設計的には分け隔てなく、公的基準よりも厳しい自主基準に基づいて信頼性、性能、機能を実現しています。今回OEM商品について、相手先から表彰を受けました。

表彰して頂いた企業は関西のインフラ系企業で、多くのメーカーの製品を取り扱っています。もちろん超有名大手メーカーの製品も含まれています。

その中にあって、技術大賞なる賞を受賞しました。

去年世に送り出した新製品が新しい需要を掘り起こし、予想以上のヒットになった。その製品は高度な技術が投入され、製品として完成度が高いとのこと。

正直うれしいです。

この製品はそれまで市場になかったため、企画の段階から練り上げて、自分自身も多くのアイデアを出して完成した製品です。
特許も提出し、特に消費電力を極力抑え、類似の他社製品と比較しても絶対負けない性能と信頼性を追求したつもり。あくまで自分の手が出せる範囲の話ですが。

昨日その企業からの賞状と楯を手に取る機会がありました。
楯が純銀製に金メッキされた直径20cmぐらいでずっしり重いものでした。賞の格をあらためて認識したのでした。

自分のアイデアを実現するため多くの人に負担を掛けました。
特にSyna君には多大な協力をして頂きました。
あらためて有難う!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 8日 (木)

マルチドライブ

自宅パソコンのCD/DVDドライブを交換しました。特別何かあった訳ではないが、知り合いのパソコンを安く修理してあげようと思って、自分のドライブを中古パーツとして安く譲り、代わりに新しいドライブを購入したのでした。

前のドライブだって1年半ほど前に、有名メーカー製の当時なんでもやれる第1世代を購入したもので、至って快調。トラブル無しの代物。当時1万円代後半で購入。

ところが今回、前のドライブの1万円安。で3倍ぐらい早い!で全部出来る。しかも有名メーカー製。(@_@)

CD作成が更に早くなるのは有り難い。レーベル印刷する間に焼き上がる。素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »