« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月24日 (日)

唐戸Deoライブ

22日は唐戸のBAR Deoでジャズライブでした。吉本ギタートリオWith吉野華世。

このギタートリオは通常インストのバンドですが、Vo吉野さんが入ってボーカルバンドに変身。いつもよりバリエーションに富んだ内容のライブでした。

今回は、お客様として吉野さんのボーカル教室の生徒数人が山口市から駆けつけ、ラストステージは生徒の発表会?となっていました。(笑)その意味でもバリエーションが広かった。(^^;)

このギタートリオは年に数回のペースでDeoでライブしてきましたが、ギタートリオの出せるサウンドにも当然限界があり、毎回同じではお客様に飽きられる。どんなにレベルが高くてもこれは避けられないので、アレンジやコラボを試行錯誤しています。幸い吉野さんに気に入って頂いているようで、今回も楽しいステージでした!さすが吉野さん、色気のあるボーカルはこれぞジャズって感じです。またの機会を楽しみにしています。

演奏が終わった後、マスターが作ってくれたカクテルがすごかった!強いのが呑みたかったので、「一発でイクやつください。」と注文をしたらもの凄いのが出てきました。ラム酒がベースで60度らしい。口当たりも良く、甘いココナッツのような香りがあるが、度数が高いことが判るぐらいに強烈。でもこれがクセになりそうなぐらい美味い。しかし名前はないらしい。今度のライブまでに名前を考えておこう。ココナッツ・ボムなんてどうだろう?(笑)

ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

ステッドラー

ステッドラーってメーカー知ってます?

製図用品では世界のトップブランドなんですが、一般にはどれほど知られているのか見当が付きません。

と言うのも、ステッドラーのある商品の購入検討をしているのだが、扱っていそうな店を下関と小倉で探しましたが、狙う商品は置いていなかった。それどころか、数店回ってステッドラー製品を置いていたのは1店のみ。

学生の頃からステッドラーの筆記用具は、憧れのブランドの一つであった私は、この現実に愕然としました。高級と言うより信頼のブランドです。豪華さや価格を誇るだけの軟弱なブランドではありません。その道のプロが使う道具です。そのメーカーが売っている一般向けの製品なので、絶対的な信頼があるはず。しかもグッドデザイン賞受賞製品だから、大きな店では間違いなく扱っていると思っていたのに、目的の製品を目にすることは出来なかった。

そんなに田舎なのか下関も小倉も。ここらへんの人間は本物を知らないのか!と憤ってます。(-_-;)

ネット通販では購入可能なので、他に入手方法がない以上やむを得ない。出来れば多少高くても地元消費と考えているが、無い物は仕方がない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビデオデッキ

VHSのビデオデッキが壊れました。

巻き戻しが出来ないのと、音声がフランジングする。先週の日曜日に修理に出したところ、木曜日には修理完了の連絡がありました。

4年前にそれまで約15年使用していたビデオデッキが壊れ、恐らくVHSビデオデッキを購入するのは最後の機会と思い、画質が一番良いものを購入しようとして選定した機種でした。TBCや3次元NRなどの高画質機能満載のそのデッキは、画質に関しては満足の行く製品でしたが、4年で壊れるとは情けない!

それまでに15年使用したビデオデッキはS-VHS対応の第2世代の製品で、特別な高画質技術を使わない基本性能としては当時最高画質の製品でした。それまでのトラブルはローディイングのメカに1カ所ゴムベルトが使われており、その劣化のみ。自分で部品を取り寄せて修理したので¥100ぐらいの修理費用。それが2回ほど。

ところが4年前、ゴムベルトの劣化とは症状が違う故障が発生したため修理を断念し、新しいデッキの購入を決めたのですが、購入後にどうなっても良いから修理をしてみよう!と思い直して修理するとあっさり修復。現在も使用可能です。(笑)

このときの故障はメカに負荷が掛かるとギアが抜ける症状。恐らく過負荷になると、このギアが抜けることでそれ以上の損傷を防ぐヒューズのような機構と思われるが、長年の使用でメカの負荷が大きくなったか、ギアの保持が弱くなって抜けやすくなったのだろう。このギアが抜けないように、ギアの保持軸を変形させて固定してみると復活しました。

今回のデッキは5年保証に入っているため、そのまま販売店に直行!修理の内容を確認すると、「コントロールプレート交換」(メカベースのことか?)「コンデンサ交換」(音声不良の原因らしい)で修復したとのこと。音声不良はノーマル音声とHi-Fi音声の切り替え不良が原因。手を出さなくて良かった。どちらもメーカーでなければ修理が出来ないものでした。

ついでにコメントが添えてあった。使用したテープに粗悪品が含まれていたらしい。自分で購入するものには心当たりがないが、最近ニョウボが持って帰る借り物の韓流ドラマのテープが怪しい。

メディアは信頼出来るものを使用しましょう!本体を壊す恐れもあるので、重要です。dvdでも粗悪品の再生でプレーヤが固まり、電源を抜かなければ復活しない状況に数回なりました。安物に手を出すと痛い目に遭います。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月11日 (月)

自宅レコーディング

先週スタジオで新曲の仮トラックとドラムパートをレコーディングし、来週までに自宅でベースパートを録ってしまうとメンバーに告げ、一人でこそこそやってます。

誰がこんなややこしいアレンジをしたんじゃ~!!と叫びたくなるが、ほぼ俺でした。(;_;)

パターンチェンジ、移調、高速半音スケール、変拍子。何回やっても上手くいかん。テイク10までチャレンジしたが、パーフェクトは無し。(-_-;)

95点の録音をベースに編集で切った張ったやってます。い~じゃん!プロでもやってるよ・・・。多分。

ライブでコーラスしながら弾けるのか!?(*_*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

来た!

先日ニョウボと電気店に行ったときにノートパソコンを物色していると、型落ちの限定品におまけとして付いてくるグッズに目が止まった。

そのパソコンは求めるスペックではなかったので購入はしなかったものの、そのグッズをニョウボがどうしても欲しいと言いだし、調べてみるとこのグッズはそれなりに購入意欲をそそるものであり調査開始!

単品でも販売されていることを突き止め、通販とオークションをあたって見ると、通販のお取り寄せで購入が可能であることが解った。早速注文。一週間後の今日、先程届きました。

それがこれ↓

Nec_0074

Nec_0076

ダイナブックのキャラクター「ぱらちゃん」の音楽再生機能付きUSBメモリ。

512MBの iPod nano 相当の商品です。実物はそーとーカワイイ!只今充電&ファイル転送作業中です。ニョウボ大喜び!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

ハードディスク増設

メインマシンは130GBですが、映像関係のファイルは多くはないのに音関係だけで飽和状態です。

スタジオの録音、自分のライブ録音、レコーディングの依頼等々、毎週のようにDVD-Rに吐き出しながら編集作業してます。が、もう限界!HDD増設に踏み切りました。

250GBの内蔵型シリアルATA仕様を購入し、組み付けようと思ってケーブル接続を確認すると電源のコネクタが合わない。シリアルATAは専用ケーブルなのは知っていたし、マザーボードは対応している事も知っていたが、電源が違うことは全く知らなかった。

最近(ここ1年ぐらい)は専門誌も購入していないし、近所のショップが撤退したため情報不足でした。電源が違うなんて全く疑いもしなかった。周辺機器で電源コネクタの仕様が変わるなんて、過去10年はなかったこと。

愚痴っていても始まらないので、変換ケーブルを探して市内の電気店を巡りましたが置いていない。(-_-;)購入したHDDには同梱されていない。

品揃えを疑いました。そこで売っている商品を接続するには、ケーブルを別に購入する必要があるのに、そのケーブルを売っていない。

やむを得ずネット通販を探すがヒットしない。恐らく商品としての「旬」を過ぎているのだろう。と判断し、オークションを覗くとありました!¥50で落札。(@_@)手数料の方が遙かに高く付くが、他に入手方法を断たれているため、これで手を打ちました。

購入したHDDはまだ足下に転がってます。早くケーブル来ないかな~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

UDON

映画を観に行きました。

小西真奈美が最近のお気に入りなので、当然のように観に行きました。が、日曜日の15時25分からの上映なのに映画館はガラガラで、合計で5組15人程度の観客しかいなかった。(>_<)

映画としては、ほのぼのした雰囲気で、笑い有り、涙も少し有りの気持ちが暖かくなる作品でした。予想したよりは良かったです。イヤ、予想が酷すぎたから・・・。(*^_^*)反省。

ユースケサンタマリアがそのままのキャラで違和感がないストーリー。鈴木京香がおばさん役になる時代になってしまったのに愕然。夢の中として描かれるVFXが、冗談にしては多少長いと思ったが、出来は悪くはないのでは?配役なども悪くなく、最後まで飽きずに楽しめました。

小西真奈美はカワイイですね。(~o~)数年前からお気に入りの女優ですが、独特の雰囲気に惹かれます。黒髪のロングが似合う女優が最近少ないので、貴重な存在だと思っています。この作品でも彼女の印象は変わることなく、物腰が柔らかで頼りない面がありながら強い意志を感じさせ、全体に清楚な雰囲気が漂う。冒頭から笑わせてくれるシーンもあってポイント高いです。(^-^)

今日はご機嫌!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »