« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

フルート教室発表会

今日は恒例ながとまさよフルート教室発表会でした。

毎回録音スタッフとして協力していますが、生徒さんの成長も楽しみの一つ。前回大失敗した人がそつなく演奏しているのを見ると、嬉しくなってきます。自分の録音技術を磨く場でもあるので、自分としては楽しみなイベントの一つなのです。

今回はもう一つ、新しいフルートの初ステージでもあった訳です。と言っても全員合奏のサポートなので、大した役回りではないですが・・・。

楽譜は当日渡しで、2回しか合わせてません。特別難しいものではないので問題はないですが、ピッチの取り方がまだ慣れていないため悩みながらの合奏でした。果たしてあれで良かったのか?まだ悩んでます。www

そしてもう一つ。今回はコスプレ演奏で、萌え~な発表会だったのです。一部は普通の服装。二部はメイドとナースがメインコスチューム!

みんなコスプレで気合い入ってました。演奏よりもそちらの印象が強く残ってます。打ち上げでほぼ全員がコスチュームを着回して記念撮影してました。そちらの方が盛り上がった。(爆)

詳しくは、ながとまさよフルート教室のHPで報告されるでしょう。

さて、今から録音の編集作業です。ガンバロ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

デジカメ

父から、カメラを購入したいとの相談があった。

2万円ぐらいの予算でカメラが欲しいとのこと。聞けば、今まで使っていたコンパクトフィルムカメラが壊れてしまった。来月遠出の旅行に行くのでそれまでに欲しい。

デジカメは興味があるが使ったことがないので、教えて欲しい。その上でデジカメにするべきかフィルムカメラにするべきかと、具体的な機種の選定をして欲しい。が要望。

父は、一応人並みにはパソコンが使える。母も勉強中。出来ればデジカメを勧めたいが、両者の利点と欠点を納得してもらわないといけない。

デジカメは、パソコンとの親和性が良く、カメラ屋に行く必要がない。何枚でも好きなだけ刷り増し出来る。その反面気に入った写真を引き伸ばす場合、フィルムカメラの方が概ね画質は良好。←これがポイント。

引き伸ばすことがなければ、デジカメの欠点は価格が高いことぐらい。その説明に納得してもらったので、デジカメを選定しました。

しかし、2万円では本体しか買えないため、価格調査結果を提示して予算を3万に上げてもらい、電池環境(充電式電池と充電器)と追加メモリの予算を確保。本体を2万円前半で探しました。

後は自分が買うつもりで選定した結果、NI●ONとパ●ソニックが最後に残り、父が本体のデザインを見比べてパ●ソニックに決定しました。

その場でネットで注文し、今週中には全て揃うでしょう。今週末はデジカメ教室の開講予定。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪

風邪引いてます。

先週の火曜日あたりからおかしい。喉が痛い。鼻づまり。軽い頭痛。わずかに嘔吐感。倦怠感。微熱。

日を追って酷くなっていき、木曜日の午後会社を早退して病院へ。金曜日は休み。土日を過ぎてまだ治らない。

医者の診断では、高熱が出ていないことと白血球の数からインフルエンザではないそうで、抗生剤と症状緩和の処方。抗生剤が効くまでに2~3日掛かるから様子を見るとのこと。しかし改善する兆しがないので、土曜日に再び診てもらったところ、白血球数が下がっているので抗生剤の効果が出てきているとの判断。もうしばらく様子を見るとのこと。

しかし今日の状態から、明日すっかり治っているとは思えない。少しずつは改善しているがあまり変わらないような気がする。

しつこいぞ。この風邪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

新フルート

今日ブラスの練習に新しいフルートを持っていきました。

思う存分鳴らしてみたモノの、鳴り方にムラがあるのであまり気持ちよくはない。今までの楽器より既に音量は出ている気はするが、吹いた感触としてはまだ鳴るはず。よってストレスが溜まる。

少し合奏をしたが、音程感覚がまるっきり判らず、ユニゾンが合わない。前の楽器の悪い癖が染みついているため、音程補正に身構えている事を再認識。新しい楽器の方が遙かに音程が正確なのでそのまま発音すればよいのに、音程を弄るクセが抜けず、ピッチが不正確。よってチューニングも一苦労。

こりゃ大変だ!

更に掃除棒でトラブル。付属の掃除棒がケースに収まらない。ケースにホルダーがあるのにサイズが違っていて全く入らない。その上、掃除棒には反射板の位置を確認する刻みがあるのだが、納品されたときに既にずれていた。

だから、掃除棒が正規品でない可能性があったので楽器屋に連絡して調べてもらったのだが、掃除棒は正規品で、ケースが旧掃除棒に適合するものだと判明。旧掃除棒は金属製で楽器を傷つけるおそれがあるので木製に変更したが、ケースはまだ変更されていないらしい。

こういうところはアメリカのお国柄だな。仕方がないが反射板の位置がずれていることは間違いなさそう。楽器店で正規位置を確認してもらうと17.3mm。掃除棒の刻みと一致する。ならば反射板がずれている。

早速自分で調整。掃除棒の刻みを目印に調整しました。今日の練習前に調整してから吹いてみると、先日自宅で吹いたときに感じた違和感が減少し、試奏したときの印象に近い。約2mmずれていたので、恐らく原因はこれだろう。

こいつを使いこなす道のりは長い。(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

車検

先週木曜日にインプを車検に出しました。

車検としては問題なかったのだが、工場長からブレーキパッドの減りが早いと指摘され、「何か特別酷使していますか?サーキットとか?」との問い合わせ。

心当たりは毎日の通勤タイムアタックだが、それは今に始まったことではない。話を聞いてみると残り3mm。約1年使用でこの減りは早すぎ。とのこと。確かにそれだけ聞けばそうなのだが、このブレーキは4ポッド。パッド面積が通常の物より広い。その分新品の厚みが薄いのでは無いかとの疑問をぶつけたところ、新品時のパッド厚を把握していないのでその可能性はあるとのこと。事実ブレンボ(4ポッド)は5mm程度らしい。一般的な物は約10mm。

10mmが1年で3mmまで減ったのなら大変だが、元が5mmなら、まだ倍以上使える話。取り敢えず2ヶ月様子を見ようと言うことにしました。10mmが3mmのペースでも2ヶ月なら保つはず。2ヶ月後に殆ど残りがないなら、実際そう言う特性のパッドなのか、何か別の問題がある可能性があるが、余り変化がなければ全く問題なし。多分後者だと思うが・・・。

パッドもそうだが、ローターも少し歪みがあるらしい。ブレーキのタッチに甘さが目立ってきたので予想はしていたが、どちらにしても次のパッド交換でローターも換える予定だったので想定内。そこで、ディーラーから逆ベンチレーテッドローターがSTIブランドで出たのでお勧めですと言われ、自分の中ではほぼこれに決定!

いつ換えようかな?(^-^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

来ました!

新しいフルートが届きました!

金曜日の夜に届きました。ちょうどライブの準備をしている最中、そろそろ出掛けるところで宅急便が来ました。不在通知が入っていたが、問い合わせると本日の再配達は終了しました。とのことだったから明日(土曜日)になると思っていたのでビックリ!

早速開梱し、中身を確認。吹いてみる時間はないので、眺めるだけでオアズケ!注文したもので問題ないことを確認すると、ライブへ出陣したのでした。

ライブから戻ると既に2時。また眺めて終わり。朝が待ち遠しかった。

そして朝9時を過ぎた頃、我慢出来なくなり吹いてみました。感触は試奏の時より現実に引き戻された感じで、この楽器のクセが色々と感じられました。

全ての面で今の楽器より良いのですが、美味しいところを引き出すにはまだ先になりそうだと実感。管の鳴りにムラがある。試奏の時から判っていたが、長時間の吹き込みが必要です。

音の跳躍での安定感は素晴らしいのですが、そのときの音色の変化に色気を出すにはコツが要ります。少しずつこの楽器のクセを見抜いて自分に馴染ませる必要がある。楽しい作業ですが、現実と直面する厳しい作業でもある。

嬉しいんだけど、大変な課題を抱え込んでしまった。(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

ついに!(^^)

買ってしまった!!!

フルートです。今度こそ。買おうと思い立ってから既に10数年が経っていますが、色々なタイミングが合わずに先延ばしにしていました。

思えば今の楽器は就職して1年が経った頃、高校の吹奏楽で出会ったフルートが忘れられずに、安月給の中、精一杯の楽器を求めたのでした。以来20年が経ち、その楽器はずっと使い続けて来ました。

しかし、最近はフルートを演奏してギャラを頂くことも多くなり、学生でも持たないような安物楽器で演奏するには忍びなく感じていたので、思い切って自分の満足出来る楽器を買おうと決めたのでした。

巡り合わせが揃ったのでしょう。今日試奏した内の一本が自分の好みにハマったのでした。買おうと思ってから今までに恐らく20~30本ぐらい吹いてみましたが、どこか自分に合っていない、他人の楽器を吹いている印象が拭えなかった。

今回試奏した中で最も気に入った「Haynes」の購入を決めました。

国産のフルートは嫌いではないが、自分が出したい音が出ない印象でした。それは自分の腕の問題だと思っていたのですが、Haynesを吹いて、それはフルートの造りの問題だと確信しました。自分の求めていた音が出た瞬間に、これは俺の楽器だと思いました。これってベースを買ったときにも感じたんですよね。クラシックもジャズもポップスもブラスバンドもやりたい人間に、クラシックに最適な楽器では満足出来るはずはない。(^_^;)

楽器店の人曰く、このメーカーの楽器を使っている人があまりいないそうで、まさに狙い通り!みんなと同じ楽器を持つ気は最初から無い(笑)出会って一目惚れ。この巡り合わせを待っていたのだ。そう確信したから予算オーバーだったけど買いました。

フルートを練習する気になってきた!(爆)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

'80sジャパメタ

YouTubeでVOWWOW、LOUDNESS、浜田麻里、SHOW-YA等々最近見まくってます。懐かしいこともあるが、最近のメタルはよく分からない。自分には中途半端な音にしか聞こえなくてつまらないので、昔を聴き直したくなった。

さすがに音は古いのはどうしようもないが、楽曲はパワフルだと思う。最近の音は綺麗にまとめられていてパワー感が足りないか、逆に歪みすぎてワケが分からんものばかり。

同じ思いの人がたくさんいるみたいで、最近’80sのリマスターやリメイクのリリースが相次いでいて嬉しい限り。

大手レコード会社の英断に拍手!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 2日 (火)

バッティングセンター

昨年年末最後の忘年会で、2次会は小倉のラウ○ド1に行ったのです。

メンバーはジャズのライブメンバーで、気の知れた仲間。=ハイテンションの宴会。仕上げに入ったラウ○ド1でカラオケをした後、アーチェリーをして、バッティングセンターへ。そこで恐らく20年ぶりぐらいに真剣にバットを振りました。90km/hのコーナーがなかなか空かないので、120km/hでチャレンジ。酔ってるからボールが怖くない。(~o~)

半分ぐらいのボールは掠るものの、2セットやって前に転がったのはたったの1球でした。

そして事件は最後の1球で起きました。最後の一振りはグリップ近くに当たり、衝撃で手が痺れました。と思っていたら、右手の親指をボールが直撃していたらしい。

ゲームを終えて自分の上着を手に取ったら血が付いている。おかしいと思って持ち替えると、そこにも血が付いている。シビレの治まらない手を見ると、親指の爪にヒビが入り、爪の端が肉にめり込んだらしく、一部出血していました。

病院で診察してもらったところ骨折はなく、軽い内出血のみなので、1週間程度患部を固定し、湿布と痛み止めの処方で様子を見ようとのこと。

医者に状況を聞かれ、「夜中の3時にバッティングセンターでボールに負けた。」と話すと、あきれ顔をされてしまった。(^^;)

しかし全然当たらなければ諦めるが、辛うじて掠るから、次は絶対当ててやる!

しばらく演奏仕事がないのは幸いでした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます!

本年も宜しく御願い致します。

既に呑んだくれ。代行運転が営業していないので、実家に車を放置して帰ってきました。明日(既に今日)も朝から宴会だ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »