« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

新車の慣らし

慣らし運転が必要か?よく新車購入の時に話題になります。
必要ないという人もいれば、した方がよいと言う人もいます。

個人的には、徹底的にした方がよいと思います。
というのは、あとでトラブルが起きたときに、慣らしに失敗したからだと後悔したくないからです。
最初の手間や費用を惜しまなければ、長く好調を維持できると思います。最初が肝心。

最近の車は加工精度も上がり、慣らしに気を遣う必要は昔ほどは要らないと思います。
それでも敢えて慣らしを勧めるのは、その車への愛情を計る意味もあるのです。

因みに私がやっている慣らしは、500、1000、2000、4000、7000、10000でエンジンオイル交換。4000まではフィルターも同時交換。
500、1000、3000、5000、10000でミッションオイル交換です。
オイルのグレードは安い物でOK。但しレッドゾーン近くまで回すならば最低でも純正品。
1000kmまでは最高回転速度をレッドゾーンの半分。以降1000km毎に1000rpmずつ上げます。大体5000kmで回転数制限は終了。

あくまで目安です。気分の問題でもある。エンジンを工場で製造した時には必ずレッドゾーンまで回しているはずなので、シビアになる必要はないと思います。

ここからがスポーツエンジン特有の慣らしです。5000kmを越えたところから、シフト1段ずつ丁寧にレッドゾーンまで回しきる、高回転慣らしをします。アクセル全開にする必要はないが、1速で60km/hで走ってみるなど、高回転を意識して使います。これをすると吹け上がりの良いエンジンに育つのです。一定速度で走っているときでも、シフトダウンをしてまた戻す。これによってシフトのつなぎやシンクロの慣らしもあるが、エンジン特性やミッションのクセなどを体に覚え込ませる効果もあります。

経験した事実として、最高回転速度を一段上げると、手前までスムーズに回っていたエンジンが、新たな1000rpm領域では最初にもたつきがあります。回している内にスムーズに回るようになる。その過程で金属粉が発生していると考えます。

慣らしは、金属同士の馴染みを付けることにある。回転速度やその時の負荷が変われば、金属同士が摩擦するポイントも変わり削れてしまい金属粉が出る。それがオイルの中を漂っている。このオイルは金属の隙間に入り込み潤滑させるのだから、金属粉が含まれている状態はよくない。だからこまめに交換する。

慣らしが終了してしまえば金属粉が出ることは少なくなるが、オイルが劣化して金属の隙間に入り込めなくなったり、油膜を維持できなくなると金属同士の摩擦が起こり想定以上の削れや発熱が発生しエンジンを痛める。だからその前にオイルを交換する。

慣らしの前後ではオイル交換の意味が違う。

回転速度については、冷えている状態では2000rpm以下でアクセル半分、ブーストは負圧領域にしてます。暖機はしてませんが、水温が安定するまではこの状態で走ってます。これは慣らしとは無関係。慣らし終了後もこうしています。エンジンが冷えていると寸法的に小さくなっており、隙間が更に狭い状態です。オイルも固いので潤滑性能が低い。そんなときに高回転まで回すなんて考えられません。

このやり方で2台慣らしました。1台目は14万kmまで乗りました。最後までレッドゾーンまで気持ちよく吹ける状態でしたが、補機類のトラブルが続いたのと下取り査定が思ったよりよかったので手放しました。
2台目は今乗っています。7万km越えていますが、エンジン、ミッション共に好調です。

必要が無くても手間を掛ける。壊れなければよいと言う基準ではなく、最高の状態を維持するための手間。
考え方次第で手段は変わると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

リサイクルショップ

最近よく行きます。特に行くのが「マンガ○庫小倉本店」。今日も行って来ました。

今日の目当てはニョウボが狙っている単行本。20年ほど前の作品で前回来たときに歯抜けで置いてあったもの。様子を観に行ったのだが、結局前回と変わっておらず購入はしませんでした。

しかし、自分の方に掘り出し物を発見!以前から購入検討をしていたが、イマイチ心配な商品だったため手が出なかったものです。それが、一部付属品欠品だったため4割引で入手出来ました。

それはオーディオインターフェースです。録音をするための機材です。録音機材としてはデジタルレコーダーが活躍中で、これはこれで機動力が高くて良いのだけれど、マイクに拘った録音をする場合はバランス入力が出来ないため、特に音量の小さな録音には向かなかった。

今回購入した機材は、マイクは内蔵していないが色々な入力に対応出来るように作られていて、もちろんバランス入力もOK!録った音をハイビットでデジタル変換してパソコンへ入力出来る。USBに接続するだけなので電源もない。お手軽高音質が売り。

心配だったのは、USBに接続するという点。パソコンはノイズの固まり。対してマイクの信号は極めて微小。これを電気的に接続してしまうと音量の小さな音がノイズに埋もれてしまう可能性がある。このメーカーを信用しない訳ではないが、決して安いものではないので躊躇していたのです。

でも今回は安く買えたし、使い物にならなくても、すぐ売ればそんなに大損にはならないと判断し購入しました。今実験中ですが、結構いい感じ。マイクの実力はまだ把握出来ないが、その他のノイズは皆無。

しばらく遊べそう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼き鳥

下関で焼き鳥のスタンダードは「和や」(なごや)だと勝手に思ってます。チェーン店ではなく、地元ののれん分けで3店舗だと思います。

15年ほど前、唐戸の店で美味しいと確信し、それから宴会などの企画があると、まずこの店を挙げ、次に駅前店を勧めてきたのですが、自分の隠れ場所としては豊前田店なのです。狭い店で10人入るかどうか。以前は2階もあったのですが、今は1階のみでカウンターに並ぶのだけの人数しか入りません。しかしそれも10年ほど前の話。

それから数年前まではブラスバンドの知り合いが経営していた焼鳥屋に行っていました。ここも美味しい店だったので、基本的に焼き鳥を食べるときはこの店に来ていました。その間「和や」のことは忘れていました。

ところが知り合いの店が無くなってしまい、自分の焼き鳥スタンダードをしばらく見失っていたのです。

そして今年の正月、友人と呑む機会があり、偶然に「和や豊前田店」を利用しました。で、やっぱり美味しいことを確信。一緒に行った友人の評価も悪くないこともあって、15年ぶりに「焼き鳥スタンダード」に返り咲いています。

で、昨日ニョウボと行って来ました。本当は近所の焼き鳥チェーンに行ったのですが、1時間程度席待ちの状態だったので断り、豊前田へ移動したのでした。

入ったときはお客はおじさん一人。その内そのお客さんも帰ったため、後半は二人で貸し切り状態。店はお姉さんが一人で切り盛りしており、聞けば15年前は中学生ぐらいだったらしい。当時の女将さんの娘が世代交代で、今は女将さん?若いとはいえ、焼き鳥は既に充分なキャリアでしょう。美味しかったです。

また近い内に行こう!一緒に行く人募集します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

携帯音声認識

約2年間同じ携帯を使ってきました。別に特別の思い入れがある訳ではないです。ただ、新機種に自分の欲しい機能が無かったので変えられなかったのです。

それは音声認識機能です。登録しておけば音声で相手を選択して電話を掛ける機能です。数年以上前は当たり前のようにあったこの機能も、認知度の低さからか去年あたりはほぼ絶滅でした。

車を運転しながら電話を掛けるにはこの機能がベスト!ハンズフリーにセットしたまま、ケータイ本体に触らず、簡単なワンボタン操作のみで音声で相手を選択して掛けることが出来ます。もちろん停車させてですが。

ハンズフリーは合法なのに、そのまま表示を見ずに電話を掛けられる機能は削除されている矛盾した状態がここ数年は続いていたのですが、最近docomoの機種紹介に「音声認識」機能の欄が追加されており、対応機種が復活していることを確認しました。

数ヶ月前、この件でdocomoに問い合わせたのですが、対応機種がないとの回答が有り、それに対して上述の意見をしていたのですが、それが反映されたのかも?

とりあえずDとPは対応しているようなので、どちらかで決めようかな?その前にハンズフリーにセットして使い物になるのか確かめなければ!今のはNでこの機能に不満はない。その前はDを使っていたが実用にはならなかった。進化していると良いが・・・。Pは未知数。

ワンセグとGPSは共存出来ないようなので、どちらを選ぶか悩みどころ。ワンセグは興味があるが、GPSの方が実用的な機能な気がする。車人間にはワンセグはむしろ危険か。

もうしばらくリサーチしてみよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

買い物

物があふれているこの状況から、何を基準に選んで買うのか?

自分には、コダワリというか、ルールがあります。それは職業柄、物を作る側に近いルールです。

全ての物にはそれを作った人(企画、設計、育てる等)が必ずいます。その人達はコダワリを持って良い物を作る人と、いい加減でも売れるものを作る人がいると思います。他にも作りたかったから作った人もいれば、暇つぶしに近い人もいるでしょう。

自分も物を作る側なので、良い物が適正な価格で相応しい人の手に届くのが理想だと思います。ところが実際は本質ではないところで価格が決まり、相応しくない人が手に入れ、結局捨てられるか転売される。そんな悲惨な物が氾濫している。

ブランドやファッションアイテムがその最たる物で、家電から食品に至るまで当てはまります。

価格は需要と供給のバランスで決まるものだが、物の品質と価格が正比例するなら問題はないが、ほとんどはそうではない上に人気が出ると明らかに崩れてくる。そうなってしまう根本原因は、それを求める人の無知や勉強不足だろう。ファッションがその意味で一番ヒドい。生地はほとんど数10円程度。大した技術も必要でない物が、流行るだけで数万円で売られる。技術屋としては信じられない世界。しかもそれが数年も持たない

人気のブランドや流行のファッションなど、高い価格で購入したのにブームが過ぎれば身につけることも恥ずかしくなる。そうと判ってもまた流行物を買ってしまう。

その裏で、本当に良い物を作っている人達が正当な評価を受けずに苦しんでいる。それを繰り返すことで、良い物が減っていく。そのことが一番悔しい!

他の物でもこんな事はザラにある。買う方が賢くならないと、こんなバカな状態を延々繰り返し、その果てに本物が消えてゆく。

だから、自分は流行物は極力買わない。全て10年後に使えるかが基準。普段着には金を掛けない習性が染みついてしまった。普段着はチープです。(笑)だけど、スーツやフォーマルは全てオーダーです。小物類から自分で厳選します。納得いくものだけに金を掛ける。それは、それを作ってくれた人への応援です。千円、二千円でも、来年着るのもためらう可能性のある物は買わないで、そんな服を10着買わずに老舗ブランドのスタンダードを買う。

技術革新の影響が大きい物は、ある程度寿命が短いことも仕方がないが、服飾類はどうもおかしい。

自分が自信を持って選ぶ。選んだ物は永く使う。簡単に手放すのはそれを選んだ自分を否定することだから、自分のセンスのなさを恥じる。迷ったら買わない。それが本当に良い物を残すことになると信じてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ボウリング

昨日は、丸一日何も予定を入れずにニョウボとデートの日。

前日、前々日とライブが続いていたのでお疲れモードではあったが、昼頃から活動開始。先ずは小倉のレストランからバースデーコースの案内が来ていたので、ここで食事。量、質共に満足の店だが、遠いので車で行かざるを得ず、美味しい料理にアルコールを付けられないため、最近はあまり来ていませんでした。

久しぶりに来てみると、この店では週末夜にジャズライブを企画しており、登場メンバーも良く知っている方々。酒抜きで聴くには辛いので、やっぱり遠慮してしまう。食事は少し味が変わったようだが、辛目だった味付けが少しマイルドで上品になっていました。好感触。

大満足で店を出て、車の中でどこで遊ぶか検討している内に眠気が襲ってきたため30分ほど爆睡。疲れが溜まっていたんだな~。

それからボウリング勝負に決定し、小倉から宇部のFG内ワンダーボールに移動。小倉でボウリングしても良かったのだが、時間はあるし、デートなので長時間ドライブもOK。と言うことで、最近行き慣れているボウリング場に行ったのでした。

移動に高速で1時間ぐらいかな?高速から行ったのは初めてだったので、多少道に迷いながら、(ナビ無しなので)カンだけで辿り着きました。思えば昨日も宇部でライブでした・・・。

ここの店長(カワイイ女性!とだけ書いておこう)は昔からの知り合いなので、彼女に会うことも目的の一つ。割引サービスもしてくれてラッキー!

店長と挨拶を交わした後、勝負開始!いい訳ですが、ライブ続きのため指先に僅かなシビレと通常より3割ダウンの握力でのスタートです。1ゲーム目は前半までスペアが取れず、4フレームあたりでニョウボにほぼ倍の得点差を付けられてしまった。後半はボールのウェイトを落としてなんとか126。ニョウボは137だったかな?

2ゲーム目は、1ゲーム目の後半調子が良かったため、スコアを狙うつもりでやったところ、5フレームで100点だったのでこの調子なら200オーバーも行けるかも?と思ったのだが、その直後に2フレームほどスペアを逃したため調子を崩してしまった。それでも166。上出来!

3ゲーム目は、2ゲーム目の好成績でどうでも良いモードになっており、更にボールのウェイトを落とし、ほとんど適当に投げたら89。(泣)

合計では安定したニョウボの成績に及ばず、高得点もありながら負けてしまいました。ゲームでも一勝二敗。まあ、負けても得点は出せたので気分は○。

その後、夜は弁当でもいいか。ぐらいの気持ちで帰宅中、清末のスーパーで買い物していたところ、義妹夫婦一家にばったり出会い夕食を一緒にすることになり、鍋をごちそうになって帰りました。

遠出を考えていたんだが、行く当てもなくウロウロしていた感じのデートになってしまった。でも以外と充実した一日だったかも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

2月ライブ情報

遅ればせながら、今月の演奏情報です。

9日21:00~ 唐戸 Bar Deo ピアノデュオ 

10日18:00?~ 宇部ピアニッシモ 吉本ギタートリオ+Vo ジャズライブ

豊前田アンビアーズはマスター急病のためしばらくは代理人による営業とのことで、ライブはお休みです。ご了承ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

パソコンウィルス

知り合いのパソコンが作業中に電源ダウンしてしまうとのこと。
ウィルスを疑っているようだが、不可解なメール発信もなく、メールをやりとりしている相手に同様の症状が出た訳でもない。
一応セキュリティソフトは入っている。

パソコンのウィルスは自然発生するものではない。
誰かが故意に作成したソフトであり、感染する仕組みを持っている。
感染は何らかのファイルを取り込むか、メールで受信するか、怪しいサイトのアクセスで侵入されるかぐらいだ。

セキュリティソフトが入っている状況では、例え最新版でないにしてもサイトアクセスによる感染は、不用意に許可しない限りは無いだろう。

メールによる感染であれば、メールをやりとりしている周囲に同様の症状になったパソコンがあるはず。それもなさそう。

新たにソフトをインストールした形跡もなく、怪しいデータもない。

セキュリティソフトメーカーのサイトでウィルスチェックサービスを実行したが問題なし。

となればウィルスである可能性は極めて低い。

大体、ウィルスだってソフトだ。電源をオフしてしまえばウィルス自身も動作しなくなる。
ウィルスは、パソコン使用者にできる限り知られずに自分のコピーをばらまくのが普通。感染が判らない方がコピーをばらまくチャンスが多くなるので、電源ダウンなどあからさまに感染が判るようなことはイタズラが主目的の場合を除いてはあり得ない。
一部の古典的なウィルスならばこのタイプはいます。

電源を突然落とすにはOS(ウインドウズ)を攻撃するならば、かなり高度なウィルスです。もし現在この様な作用を実現するのならばBIOSを攻撃する方が簡単ではないかと思います。
この場合ウィンドウズのリカバリーでは復帰しないこともあります。
その場合はBIOSのアップデートが必要です。

難易度が高度なのに感染力が弱く、イタズラが主目的なウィルスは誰が作るのでしょう?苦労の割に見返りが少ないソフトなので、よっぽどウィルスを作り慣れた人が、バリエーションの一つとして自分の実力を誇示するために作成する可能性はあります。
作成者は普通同じ苦労ならば見返りが多い方が楽しめるはずなので、この様なタイプは数が少ない。

以上の見解で、ウィルスではないと診断します。

パソコンを分解し内部を確認したところ、内部に大量の埃。
殆どのパソコンはファンを内蔵し内部を冷却しているので、周囲の埃を吸い込んでしまう。経験上、年数の経っているパソコンの不具合の殆どはこの埃によるもの。
埃に水分が付着し、基板の回路をショートさせてしまう。
水分は吸湿や温度差による結露で発生する。

私の診断は埃による電源不具合。会社のパソコンでもよくある話。
稼働時間が長いため、環境によっては1~2年で起こることもある。

初期であればマザーボードと電源のクリーニングで回復する見込みがあるが、頻繁に起こる症状だと既にショート部分が形成され固着している可能性があり、簡単に修理できないだけでなく最悪火事の原因になる。電源プラグを抜いてください!!!

他の人が何と言おうと、パソコンを20年以上、延べ数百台は不具合症状を診てきた経験の上で話をしているのです。冗談や妄想ではありません。

もちろんウィルスであればこの様なことにはならない。ある意味ウィルスの方が被害は少ないかもしれません。
パソコンの不調を原因不明のまま放置しておくと大変なことになる可能性があるのです。特に電源ダウンは重篤な症状です。

パソコンは、ソフトの不具合はウィルスも含めて頻発し情報も多いのですぐに疑いがちですが、ハードの不具合も結構多いのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

下関市駅伝大会

今日は午前中を中心に下関市の駅伝大会でした。

昨年から選手としては基本的に引退宣言をしているため、今年は補欠参加です。しかも、第3位の補欠なのでほぼ走ることはありません。実際走れません。練習をすることもなく当日を迎えたのですから、走る気がありません。(爆)

本日のメインの仕事は荷物番、及び運転手。選手のサポート側にまわりました。もうこの歳なので記録を狙う走りは出来ません。去年から10代の新人加入もあって、一線を退いたのです。

しかし、走っている選手を見ると走りたくなる!これは少し辛いです。が、今年の記録は同好会創設以来最高順位の記録がでました!!!

それが非常に嬉しいです!今までの過去最高順位は自分も選手として走った大会でもあり6位です。それが今年は5位!世代交代を実感し、素直に応援したくなったのでした。

先程打ち上げを終えて帰宅しました。みんな笑顔、笑顔。ここにも良い仲間に恵まれていることを実感。来年はメンバー不足から封印していたBチーム復活も視野に入れ活動するとのこと。記録を重視しないBチームならば走りたいです!

今年は走れる体に戻したいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

誕生日

ニョウボのです。

クリスマスから年末年始、果てはニョウボの仕事の臨時休暇に全く時間を割けませんでした。もっと言えばフルート購入の件についても、ちゃんとお礼を言ってなかった気がする。

そのお詫びとお礼の意味もあって、誕生日は何かするぞ!と意気込んでいたのです。

ところが、自分自身プレゼント下手。トラウマと言っても良いかも・・・。何かを贈ることで気持ちを表すのは、センス良くやってのけたいのだが、自分の趣味を押しつけるのがイヤなので、物を贈ると言うことにすごく気を遣ってしまい、結局当たり障りのない物を選んでしまう。

ニョウボには感謝の気持ちは絶えません。でも、プレゼントに何を贈ればよいか。何を贈れば喜んで貰えるか。どういったシチュエーションがベストか。難問は山積み。

自分のベストは一番喜んで貰える物をサプライズを入れて渡すこと。

ここ数年は全く出来ませんでした。しかし今年は妥協してでも何かを贈ろうと思っていました。

で、今年は事前のリサーチによりオレンジのカジュアルシューズに的を絞り、(既にここで難問)花束と食事で色を添えることにしました。ここに辿り着くまでに自分の中では相当悩んでいます。www

そして当日を迎えたのです。食事は結局ニョウボが持つからレストランでと言うことになり、(財布を握られている身に反論の余地はありません。爆)時間が決定。それまでに早めに仕事を終え花屋によって花束の準備をしたのでした。

難題のオレンジのカジュアルシューズは、数ヶ月前から近隣のショップを二人で見て回っていましたが納得行くものが無く、ネットで探したのでした。しかし数ヶ月前に断念。それで根気よく一人でネットを探し続け、自分の中で数種類を選抜。最後は結局ニョウボに見てもらって決定し、誕生日の前日に注文していました。

花束は車の荷室に忍び込ませ、香りに気付かれないことを祈りつつ食事へ出掛け、ウチに帰り着いた時に持ち込んで渡しました。シューズは今日届きました。それがこれ。

Img10112077279  Img10112077280

Photo

喜んでくれたと思います。多分・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

ついに雪で会社を遅刻してしまった。今まで10年近く雪での遅刻はなかったが、今回の雪は予想以上の渋滞でした。

前の日から雪になることは天気予報で知っていたが、通常7時には出勤するところ、6時に起きて外の様子を確認したが、雲はあまり無いように見えた。気温は低いが雪の気配はない。

安心して6時半まで寝て、いつも通りに起きて外を見たが、まだそのときは問題なかった。

朝食時にニョウボが雪が降っていると騒ぎ始めたので外を見ると、さっきまでちらついていただけだった雪が3cmほどに積もっている!

慌てて出勤したが既に時遅く、会社までに1時間半掛かり、遅刻してしまった。

選んだコースも悪かった。いつもの山道を避け、渋滞覚悟で幹線道路へ。今までの経験から1時間は覚悟していたが、長府トンネルを入ってから抜けるのに30分掛かってしまった。普通は1分程度なのに。

去年の雪の日に山道コースを行ったところ、横を向いた車のために交互通行で遅刻し掛かった。だから今回は避けたのが裏目になってしまった。

タイミングが悪かった。(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »