« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

ケータイiPod化計画5

ケータイにな無くてはならない充電器。ほとんど車の中で充電してます。

今使っているものは、FOMAに換えたときにそれまで使っていた充電器が合わなくなったので、カーショップで良さそうなのに買い換えたもの。USB出力で変換ケーブルが付属していて、いろいろな機種に対応出来るタイプです。

ところがこいつが大問題だった!見た目はまあまあ。充電終了のカウントダウン表示が付いていて実用性も悪くない。難問はノイズ。電話中や再生中、結構大きな音でジュルジュル言ってる。

エンジンノイズも拾っているし、音が変化するので気になってしょうがない。せっかくの音楽が台無し。

ついに我慢が出来なくなり改造開始。USB端子付きのカーオーディオで充電しながらの場合はノイズが皆無なので、原因は充電器にあるのは明らか。

バラして回路と降圧コンバータを確認。使用しているICの型名が読み取れたので、ネットでデーターシートをチェック。回路の定数からスイッチング周波数は100kHz程度と推測。この程度の周波数では可聴周波数帯にノイズが入るのは当たり前。しかも、カウントダウンのために電流計測の抵抗が入っているが、その後段でフィルタがないため、電流ノイズが電圧変動となってノイズが増えているようだ。

対策として、スイッチング周波数の上昇を考えたが、このICは200kHzが上限なため、このICでは大した対策にならない。別のICで降圧回路を組み直すことも考えたが、手間が掛かりすぎる。

取り敢えずフィルタ追加で効果を確認しよう!ってことで何度かカットアンドトライを重ねてコイルと電解コンデンサをねじ込み、LCフィルタの追加に成功!ノイズを聴感で1/3程度まで抑えました。

これなら車のロードノイズやエアコンのノイズに紛れる程度になり、静かな部分以外はあまり気にならなくなった。一応充電しながらでも我慢出来る範囲です。

携帯用の充電器はこの程度の商品が多いのも事実だし、特別低ノイズや高音質を謳うものは無いのかな~?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

今日は

誕生日なのでした。

しかし、体調が最悪で仕事も休んでます。朝5時頃、頭痛と腹痛で目が覚めました。自分の体に何が起きているのか分からない状態で、原因をいろいろ思い出そうとしているのですが決定打がない。

取り敢えず頭痛薬を飲んでみるがすぐには利く気配がない。腹痛が治まるまでトイレに数回。とにかく仕事にならない体調なので、会社に休みを告げて安静にして、なんとか痛みが退いてきたのが10時過ぎ。

その後は何事もなかったかのように痛みが消えました。午後からは元気!昼食はお粥にしたが、胃腸は大騒ぎ。まだ復活してない。(苦)

何だったんだろう?

午後は時間が出来たので、アレンジを少し進めたのと、来月ながとまさよフルート教室の発表会にお手伝いで合奏に参加するのですが、その曲が結構難しい。ので、それを練習。

楽譜貰ったときは「こんなのできるの?」って正直思いました。今までは当日渡しで充分な曲だったのに、今回は真剣に取り組まなければ恥をかく。と言うことはそれだけ教室のレベルが上がっていると言うこと。

お手伝いがミスする訳にも行かないので、今回は真面目に練習します。もしかしてハメられた?(笑)マジメにやれ!って先生のメッセージかな~?

いつもと少し違う誕生日です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

アレンジ!

現在進行中。

5年ほど前に、博多のストリートやライブハウスでやってる弾き語りに出会い、伴奏楽曲を提供したことがあったのだが、その方から再度の依頼があり3曲ほど進行中です。

博多どんたくのステージでそのCDをバックに演奏したのが好評で、博多のコミュニティFM放送から要請があったらしい。

前回は動いてくれそうなミュージシャンをかき集めてレコーディングしたが、今回はすべてひとりですすめてます。機材が進化しているのと、予算枠がキツイのと、実験でも構わないとの本人承諾の上の決断です。

今のところ結構おもしろい感じで仕上がりつつありますが、先週本人との初打ち合わせ。今日3曲のモックアップを完成して送ったところ。

どんな反応が来るか楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンビアーズ復活ライブ

昨日、突然アンビアーズでライブしました。

3日前に予定がすっかり空くことになって、チャンスをうかがっていたアンビアーズでのライブを急遽決定したのでした。

にもかかわらず、結構お客さんも来てくれ、マスターが倒れる前の雰囲気で演奏することが出来てみなさんご満悦!

良かった良かった!やっぱりアンビはこうでなくちゃ!

とにかく復活の狼煙を上げました。ビシバシライブするぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

胃カメラ

今日胃カメラの検診を受けました。

既に一月以上前受けた会社の検診に引っ掛かり、二次検診を今日受けました。

胃透視の結果、食道が欠像だったので二次検診を受けてくださいとのこと。撮影ミスじゃないのか!と勝手な解釈で、仕事も忙しく自覚症状は全くないため放置。一月近く引っ張ったが、仕事が落ち着いてきたので今日受けたのでした。

会社の検診をしている医療機関で受けるつもりでしたが、どうせ受けるのなら鼻から通す胃カメラにしようと思い、その医療機関では出来ないため、他のところで受診しました。

口からの胃カメラは20年ほど前に経験があるが、その頃はまだ今より先端が太く苦しかった覚えがあるので、違う機材を経験してみたかったのです。

病院に行って医者の話を聞くと、欠像は腫瘍が原因のこともあるので勝手に解釈しないようにとのこと。反省・・・。

鼻から胃カメラの手順は、鼻に麻酔をしてから胃カメラを通して撮影。同時にピロリ菌の検査もするので、途中、胃壁の組織を採取するためワイヤー式のマジックハンドを挿入します。

鼻の麻酔は最初に点鼻薬、次に霧状の麻酔を2回、2、3分おきにします。徐々に喉から鼻に掛けての感覚がなくなり、鼻水が出ても分かりません(笑)ついでにずっと痰が絡んでいるような感覚があり、反射的に咳き込んでしまい、咽せてしまった。この感覚に慣れて落ち着くまでに数分掛かりました。

そこから胃カメラ挿入。鼻の奥と喉のところで管が通るときや動かしているときに感触があるが、慣れれば痛いものではない。とはいえ、喉を通った直後は、空気を入れながらなのでゲップは出るし、嘔吐感があって、息をして良いのか、吸って良いのか、吐く方がよいのか分からずにもがいていると、涙が出てしまった。(;_;)

しかし、それも一瞬でした。後は喋れるので医者と話をしながら、自分の胃の中を観察。医者が言うにはキレイで何ともない。問題ありませんね!と言いながら撮影している。

時々要所要所で組織採取のためカメラの管の中にマジックハンドを入れるが、それ自体が通る感触すらなくて何ともない。

正味5分ぐらいなのかな?カメラが入っていた時間は。結局全く問題なし。年齢の割に良い状態とのことで一安心。

あまり受けたくはないが、20年前の口からの胃カメラに比べれば遙かに楽。どうせ受けるのなら鼻からが良いと思います。

これで心おきなく呑めます!バンザ~イ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

7月演奏情報

今月の演奏情報です。

6日21:30~ 唐戸 Bar Deo 廣瀬ピアノデュオ

不定期木曜日21:00~ 豊前田 ラウンジ21 吉本ギタートリオ

不定期金・土曜日21:00~ 豊前田 アンビアーズ 廣瀬ピアノトリオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »