« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月24日 (木)

超久バトン

バトンをするのは久しぶり。

slidermanからのバトンです。クルマだとやる気になったので・・・。

Q1.あなたが乗っている車について教えて下さい
スバル インプレッサワゴン STI GGB
最後の不等長エキゾーストサウンドのSTIバージョンであり、最後のSTIワゴン。
エンジンはセダンと同じスペック。詳細は若干違うがまあ良しとしよう!

Q2.あなたの車のココがウリ!があったら教えて下さい
速い!
ワゴンではあるが、動力性能はセダンと基本的に変わらない。
タイヤサイズの差でトラクションこそ劣るが、街中では差が付くものではない。AWD+6MTとMax8000rpmの高回転型エンジンによる爆発的な加速力。

インプレッサの信条である素直なハンドリングと分かり易い挙動。
それがもたらす限界域での扱いやすさ。

加えてワゴンの積載能力。ウッドベースとエレピとアンプ二つその他ライブグッズと二名乗車でライブへ直行!

このタイプのクルマとしては静かな車内。好きな音楽をジャマしない。
その割に回すとボクサーターボサウンドが官能的に響いて、その気にさせるバランス。

Q3.サーキット、ジムカーナ、峠。 あなたは愛車をどこで走らせますか?
通勤峠がメイン。前のクルマ(GC8)ではサーキットで走ったりもしたが、多趣味による資金難と時間欠乏症候群のため打ち込みませんでした。ストリートで扱いやすく速いクルマに仕立てていましたが、今は完全ノーマル。これで充分楽しめるクルマなので少しもったいない気もするが最速の楽器運搬車として活躍中!

Q4.この車だったら乗り換えてもいいという車があったら教えて下さい
今のところ無し。
速さと実用性をこれ以上兼ね備えたクルマは見あたらない。


Q5.好きな車のメーカーはありますか?
富士重工
マツダ
この2社だけが他社が手掛けないエンジン形式で世界の頂点に立った。

Q6.車に必ず積んでいるものは?
毛布 、アルミマット・・・運搬車として必要な装備。
ブースターケーブル、牽引ロープ・・・緊急グッズ。
その他電装小物多数。

但し、全て固定しているのでいつでもドリフトOK(笑)


Q7.車の中でよく聞いている音楽を教えて下さい
気分でかなり違う。ほとんどFM流しっぱなしだが、聞くときはクラシックからハードロック、JーPOPなど。

5000rpmを越えるとオーディオオフ。


Q8.今の車に対する不満があればどうぞ
燃費。 街中で7~8km/l 高速10~11km/l
この手のクルマにしてはよい方だとは思うが・・・。


Q9.車好きになったきっかけは?
メカ好きの性。物心付いたときにはスーパーカーブームの兆し。
スペックや透視図に心惹かれる。

スピードが好き!自分で操る快感を覚えてしまったから。

Q10.恋人に「私(俺)と車、どっちが大事!?」と聞かれたらどうしますか?
クルマは趣味。パートナーは一生。

Q11.今、一番ほしいパーツをどうぞ
特にないが、DCCDを試してみたい。

Q12.キャンギャルでイチオシがいたら教えて下さい
???

Q13.車に乗っていて、起こった面白いハプニングがあったら教えて下さい

最初のクルマは何度もぶつかった。お陰で腕は上がった。

前のインプは新車で買って半年で空飛んで、叩き直して14万km乗った。今のクルマに買い換えるときディーラーで下取ってもらった。後日談で担当者から聞いたが、クルマを乗り換えて去っていった後、インプは動かなかったそうだ。その話を聞いて目頭が熱くなりました。本当にありがとう。ご苦労様!


Q14.得意な車の技?があれば教えて下さい(スピンターン、縦列駐車など)
速いのに乗り心地がよい運転。挙動を全て把握してこそ出来る技だと思います。


Q15.愛車の他に好きな車はありますか?あったら教えて下さい
具体的に上げるのは難しいが、エンジニアの息づかいが聞こえるような車が好きです。


Q16.車を選ぶときの条件は?
スポーツと積載量。

Q17.助手席に乗せるなら誰がいいですか?
ニョウボ。

Q18.あなたの愛車、土足禁止ですか?また、これだけはやめてくれっていう事があったらどうぞ
土禁ではないですが、タバコはダメです。ニョウボがいやがるし、ドリフトしたらとんでも無いことに・・・。

Q19.今の愛車にあと何年乗り続けたい?
クルマに聞いてくれ。動かなくなるまでだ!

Q20.このバトンをまわしたい人は?
クルマ好きを自称する人は持っていってくれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

廃油エンジン

テレビの番組で食用油の廃油で動くバイクとクルマを使ったレース?をやっていた。

このエンジン、早く一般的に販売されないだろうか?基本はディーゼルエンジンなのだから、なんとかなりそうだと思うが。

ディーゼルエンジンは、排ガスの微粒子さえなんとかなればガソリンエンジンよりよっぽど環境によい。食用油でも動かすことができる。食用油は燃やしても二酸化炭素を増やさない。正確に言えば二酸化炭素は出るが、元々空気中にあったものを植物が成長の過程で体内に取り込んだものなので、一年あるいは数年程度の時間で考えると二酸化炭素は増えていない。

これに対して化石燃料は数百年以上かけて貯め込んだ炭素をここ数十年で一気に空気中に放出するものだから二酸化炭素が増えて当然。原子力は、地球に降り注ぐ太陽エネルギーに加えて人工的に地球を加熱するのでこれも温暖化の原因。

結局太陽由来のエネルギー以外は全て温暖化の原因になる。

廃油エンジンはもしかすると、一番手近に実現出来る有効な温暖化対策になるのではないだろうか?

ディーゼルエンジン全てが食用廃油対応できれば、かなり二酸化炭素を削減出来るのではないだろうか?

日本の技術力で挑めば、そんなに難しい問題ではないと思う。是非クルマメーカーに頑張ってもらいたい。特にトヨタ!ハイブリッドも良いが、根本対策にはほど遠い。トヨタがやれば(売れば)流れが変わるかもしれない。早く一般販売して欲しい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

センター試験

新聞にセンター試験の問題が掲載されていたが、問題と答えを見ていて受験生が可哀想になってきた。

特に歴史はヒドい。個人的には調べれば判るものを必要以上に覚える必要はないと考えているので、無駄に思える。歴史は現代に至るまでの足跡を流れとして授業で教えることは必要だと思うが、例えば何年に何が起こったかを覚えるのはナンセンス。調べれば判る。

そしてその史実は大多数の専門家が考えている、広く信じられている歴史的事実であって、本当のことではない可能性もある。大勢が考えることが真実とは限らない。間違いの可能性がある一方的な解釈に基づく史実を覚えているかどうかをテストされる。どう考えても受験のための暗記事項でしかない。

学生の頃、歴史は暗記すればよいだけだから比較的簡単に点数が取れたが、授業としては嫌いだった。事実でないかもしれないことを勉強することに嫌悪感があった。

そしてその出題も呆れる。引っかけているとしか思えない内容。これが製品の取扱説明書ならクレーム間違いなし。曖昧に受け取れる表現が満載。出題したのはどこかのエラい肩書きの先生だろうけど、一度間違いを起こさない文章の書き方を勉強した方が良いのではないか?製品の説明書を書くためにはその様な勉強をする。テストの出題をする人も然りだと思う。

こんな呆れたテスト内容で人生が左右されてしまう(と信じ込まされている)受験生が可哀想だ。

受験テクニックとして引っかけ問題に引っ掛からない様に教えるのだろう。ズルい人間が増える訳だ。

本当に大学で専門的に勉強するのが相応しい人が受からず、受験テクニックだけに秀でた人が受かるのではないだろうか?そしてそのテクニックは社会人になったとき何の役にも立たない。

使えない人材が多いのはそのためではないだろうか?

試験は大学で勉強するために必要な基礎知識があるのかを確認する目的のはず。問題を読んでいてそれが感じられない。引っかけクイズで引っ掛かるものを落とすのが主目的に見える。

このままじゃダメだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

エレピ修理

実家にあったエレピを自宅に移設して半年が経とうとしています。

このエレピは、父がコーラスの指導のために10年ほど前に購入したもので、当時様々な有名ミュージシャンがステージで頻繁に使用していた機種です。現在は数世代進んでおり、音色やタッチが更にグランドピアノに近づいていますが、この機種でも普通に使用する分にはなんの問題もありません。当時の価格で20万程度の製品ですので造りもしっかりしており充分ライブなどの実用に耐えます。

自宅録音をするのに、ピアニストを呼ぶときオモチャのようなキーボードでは失礼だし、良いプレイも期待出来ないので、せめてピアノタッチに拘ったキーボードを常備したかった。

実家に置いていたこのエレピを自分のライブなどに借り出していたのだが、代わりになるキーボードがあれば、このエレピを無期限貸し出しして良いとの有り難い申し出を頂いたので、自宅にあったシンセと交換したのでした。定価では3倍、実勢価値では10倍?ほども違うので、実家に足を向けて寝られません(笑)

幸い、いろんな音を出すシンセを気に入ってくれているようです。

ところが!このピアノの実力と録音セッティングを試すべく、力を入れて最低音のキーを連打したところ、このキーの調子が悪くなってしまった。(泣)

既に10年前の機種なので修理も期待出来ないし、修理代を考えれば中古を探す手段もある。しかし、それではエンジニアの名が廃る!(爆)

と言う訳で、自分で修理しました。

Dscn0377_640 修理前はこんな感じ。最初はキーの感覚が変なだけだったのが、ライブに数回持ち出したところついに戻らないキーになってしまいました。

Dscn0375_640 先ずは筐体バラし。

中の構造が分からないので、構造を想像しつつ底面のビスを外していくと、15本ぐらい外したところでようやく上パネルが開きました。

Dscn0372_640 キーボードを分離して横から見てみました。このとき、問題のキーはバランスウェイトのおもりが脱落していることが判明。

この画像は左側が奥右側が手前です。キーの下にあるL字形をした部分がバランスウェイトで、その先端におもりがついています。

Dscn0370_640 これがバランスウェイトを取り出したもの。問題のキーは、この先端のおもりが脱落していました。

樹脂の成形パーツに金属のおもりが一体成形してありましたが、樹脂の薄い部分にヒビが入り脱落していたのを元の位置にはめ込み、ギターの弦で縛って固定(笑)

この樹脂は接着剤が付きにくいタイプだったので、長期信頼性を考えると接着剤は使いたくない。そうすると熱変形による固定か、何かで縛り付けるぐらいしかない。

熱変形にしても、このパーツの取り付けスペースは充分な余裕がないため、有効な補強はできない。ならば、細い金属ワイヤーで縛り付けるのがベターな選択だろう。

で目に付いたのがギターの弦。太さが選べるしニッケル製なので錆びにくい。錆びても比較的長期間張力を維持出来る。

おもりの穴に弦を通しアーム部分に縛り付けました。プライヤーで捻って締め付けて、ゆるみがないことを確認して組み立て。

Dscn0371_640 これはバラされた鍵盤。

Dscn0378_640 Dscn0382_640 完成!

見事に復活!修理完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

肉体改造経過

昨年末からどこかの筋肉が痛い状況が続いています。

大体2日虐めて1日休むペース。休みと言ってもストレッチは欠かしてないです。ようやく筋肉痛の痛みが軽くなってきました。それもかなり劇的に。

トレーニング日は2~3kmのジョグ+ランニングまたは懸垂+腹筋10分にしています。金曜日はライブだったためサイクルを崩して休日にしたため昨日と今日がトレーニング。ところが昨日は胃腸の調子が悪く下痢が治まらなかったため自宅内の階段昇降12分としました。

胃腸の調子が悪かったのはライブでの飲み過ぎ・・・は大したことはなく、恐らく主因は金曜日の昼に会社の弁当に出たカキフライだろう。嫌いじゃないので食べたがやっぱり調子が悪くなる。カキで調子が悪くなると起こる、独特のみぞおちの下当たりを中心に左右に広がる重い痛み。それから下痢の症状。

で、今日は長時間のトレーニング。約50分ジョグ。ケイタイで音楽を聴きながら比較的ゆっくり走り込みました。

ウレシい!ここ数年、長い時間走り続けることはできなかったので自分の体に危機感を持っていました。今回は駅伝に出なければならない状況になったので鍛え直してますが、そうでもなければきっとトレーニングを再開しなかっただろうと思う。そして長い時間走れるまでに持ち直してきたことが実感出来て、すごくウレシい!!!

走ることが楽しいです。まだスピードは回復していないけれど、とにかく一歩一歩進んでいることが楽しい。走れる体になったことがウレシい。

大会までに完全復活はできないだろうけど、少しでも近づけようと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近の事件

ニュースで報道される殺人事件の猟奇的な内容に嫌気が差してます。

ドラマの中のワンシーンと変わらなくなってきた。現実のことなのか疑ってしまう。最近の一例ではナイフで家族を刺し殺し自宅に放火18歳。

この少年だって歪んだ社会の被害者かもしれない。親が楽な子育てをした結果だという意見も聞いた。それもあると思う。

現代の未成年が成長してきた環境は、人間同士がぶつかる経験が少ないのではないか?ゲームや塾、テレビ、パソコン、過保護、親の無責任などにより人間同士がもまれて社会に適応する術を自然に学ぶ場が少ないのではないか?

一人では身に付かない。友達同士で遊ぶ中で形成されるものと思うが、その機会が極端に少なくなっているのではないか?

社会人としての資質が不完全なまま社会に出れば、適応出来ずに疎外される。本人が変わらなければならないが、そのストレスは重大だ。

全ては人間形成の根幹である思春期までの社会環境が、大人の都合により歪んでしまった結果ではないか?

公共の場で、子供とペットの差がないと思われる親の態度を頻繁に感じます。子供は賢いペットではない。自分が将来頼らなければならなくなる人間なんです。その意識が消え去っている風潮を感じます。

親世代は本当に頼れる人間を育てているのでしょうか?それが当たり前の社会になってるのでしょうか?疑問だし、最近の事件を見聞きすると、真剣に育ててもらえなかった人間が事件を起こすのではないか?事件の犯人は、親の怠慢、社会の歪みの被害者ではないか?

子供がいないからそんな風に見える。子供がいれば違う見方になるだろう。子育てが大変。仕事も大変。板挟みで子供に向き合う時間も少ないだろう。子供同士が全力で遊ぶ機会も少ないだろう。親の立場として同情するのは分かる。しかし、これではダメなのは明らか。

特に思うのは平均的な感覚として、人の痛みが分からないということ。これは本人に痛い経験がないから。だと思う。先日のテレビドラマのワンシーンで「アクション映画で簡単に殺されていく膨大なキャラを観て楽しむ。自分が殺される側ではないから。」というのがあって、嫌悪感を覚えた。自分はそう言うシーンを痛くて観ていられない。体がエグられる気がしてダメです。

人が死ぬことは最高のエンターテイメント。人間にはそう言う残酷な感覚があるのは事実。テレビは視聴率を稼ぐために刺激的な方向へ走る。その結果お茶の間で殺人シーンが毎日何度流れるのだろう・・・。悲しくて仕方がない。推理ドラマは観たくない。史実以外の殺人シーンは生理的に受け付けない。

歪んだ人間がそのはけ口として殺人を選ぶ。誰の責任だろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

最近買ったもの

年末年始の休暇で特に旅行に行く訳でもなく、クルマで1時間圏内から出ることはありませんでした。

呑み会と言っても忘年会が一回と、新年会が一回。後は親戚巡りの宴会。それはそれで楽しかったが、予想していた最大出費からはかなり少な目にすみました。

ささやかなボーナスのローン残りの使い道も確定していないため、見送っていた小物の購入が続きました。

その1.体重計 今まで使っていたものが電池の液漏れで再起不能になってから、気が付くと半年が過ぎていました。肉体改造には必須アイテムなので、体脂肪率の計れるタイプで店頭比較しました。

最上位のものは手で持つ部分を備えており、体の部位毎の測定(右腕の筋肉量など)が可能になっていましたが、そのような機能に惹かれる部分はあったが必要では無いことと、手で持つ部分と本体を接続するケーブルが長期使用に耐えられるのか不安なこと、ケーブルが収納時にジャマになることを考えて乗るだけのタイプを選びました。

オムロンとタニタで迷いましたが、実績を優先してタニタにしました。強化ガラス製のデザインも気に入ったので購入。

http://www.tanita.co.jp/tanita/hp/productDetail.do;jsessionid=B2F18D2AF20B910E38052FABC3E65D77?_productId=596&_isListBack=true

その2.ついでに、アルコールチェッカーも購入しました。昨今の飲酒運転に対する社会情勢を見れば自己防衛は必要。呑んだ翌朝の運転が危ないので、測定するために必要と考えました。

なぜだかこれもタニタ製。他メーカーの安物と一緒にレジの横に置いてあったのを衝動買い。測定器なので測定器メーカーを選択しただけのことです。

http://www.tanita.co.jp/tanita/hp/productSearchExec.do?_category=63

その3.ヘッドフォン 呑み会に行くときなど(呑むためのグッズが多い気がする)携帯で音楽を聴きながらクルマ以外で移動するために、ヘッドフォンが欲しかった。既に数種類持っているが、ケーブルが短いものが無く、ハンズフリーで使用するのにケーブルがジャマだった。

ハンズフリーは普段クルマに装備しているステレオミニジャックとスイッチ付きのマイクをケータイに接続すると、これだけで0.6m。更にヘッドフォンが1.2mなのでケーブルを胸ポケットに押し込んでいたが、長すぎる。

短いタイプが欲しかったのと、最近よく見る耳栓型の使用感も確認したかったので購入。メーカーはコストパフォーマンスでは個人的に信頼しているオーディオテクニカ製。同価格なら経験的にはこのメーカの製品が満足度が高い。

http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-ck31.html

安物ですが、音質、使用感共に満足です。感動するほどの音質は期待していないので、その割によい音質。造りも華奢な印象はなく、耐久性もありそう。

決して宣伝ではありません。自分が良いと思った製品を選んで購入して、紹介しているだけです。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

肉体改造中

年末の筋肉痛が続いています。

実は、今年の下関市駅伝大会に参加して走ることになったので、錆びた体にオイルをさしてやることにしたのです。

一応一日に一度、脈を140まで上げることを目標に体慣らしから始めてます。

先ずは自宅内で階段昇降(笑)。約10分間2階まで階段を駆け上ったり降りたり。この繰り返しで、簡単に脈拍が目標まで行ってしまいます。そうとう錆びてるな~(悲)

昨日はそれに加えてクルマのワックスがけ×2台の予定だったが、2台目はワックスがけまで行かなかった。シャンプー洗車、拭き上げ、ワックスがけ、油膜取り、ガラスコーティング(2度塗り)を2台分。夕方から始めたので日没までに仕上がらなかったのと、腕が上がらなくなったため。(爆)

今日は二の腕の筋肉痛と、握力低下と、ヒラメ筋の痛み&硬直と戦っています。慎重にストレッチしながら階段昇降。

間に合うか?本番は2月3日(日)。乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

あけました

おめでとうございます。

本年も宜しく御願い致します。

仕事に音楽に一層の精進を重ねる所存ですので、関係者の方々引き続き宜しく御願いします。

仕事の方は新製品の立ち上げが立て続けにあるため、春まではギリギリのスケジュールが続くし、その後も予定がいくつか立ちつつあるので忙しい状態が半年は続きそう。

音楽の方はジャズの活動で少し新しいことをしてみたい。

ロックバンドは今のバンドの刷新を図る必要がある。改革の時だな。

ISHINは少しずつ大きなイベントをこなして行けるようになるといいな。

秋には市民第九があるので、これに向かってフルートの技術向上が目下の課題。

今年も変わりなく活動ができるよう願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »