« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

権現山

昨日の朝、ニョウボを職場まで送り、その後クルマをディーラーにリコール点検に出すまで少し時間があったので、天気も良いので「にしのっち」でパンを買って外で朝食を食べよう!と、その近辺をクルマで徘徊していました。

クルマが停められそうな雰囲気の良い公園を探したのですが、なかなか良い場所が無く、ふと思い出したのが権現山。

幼少の頃、家族ピクニックの定番のスポットでした。近所を誘って10人ぐらいでお弁当を持って遊びに行ったものです。

数年前、近くを通ったときに行ってみたことがありました。幼い頃より整備されている様ですが、そのときの印象と大きく変わらず、懐かしい気分に浸ることができました。

権現山は山と言うより丘と言った方が近い、下関の中心街のど真ん中にある小高い公園。その眺望は山陰側の町並み全てを収める。公園の真ん中にお堂があり、神社なのだろうか?その周辺では桜、フジ棚、水仙が楽しめる。

そこへ続く道は途中車止めがあり、その間際に駐車して、きつめの坂を歩いて公園へ。公園の周囲は竹林に囲まれており清々しい。

公園にたどり着いてみると誰もいません。眺めの良いフジ棚(もちろん咲いてはいないhappy01)のベンチに腰掛け、持ってきたパンで朝食。

気分リフレッシュ!天気はよい。眺めも良い。それを独り占め!2008_329_904

公園の桜はこんな感じ。来週が見頃かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

暫定税率

最近気になるものの一つ。一体どうなるのやら。

納めた税金が正当に使われるのなら文句はない。だがこの税金、どう考えても道路賊poutの懐にしか入らない。

今ガソリンを使うことに対して何を整備すべきか、誰に聞いても明らかだろう。温暖化対策が最優先じゃないのか?

今の世の中必要な道路はほぼ整備されている。完璧とは言わないが、必要なものはある。それよりも、ガソリンを使った分ほど木を植えることの方が重要なんじゃないのか?個人ではできないから、国が税金を使ってするべき事業だと思う。

結局、政治家に得にならない事業はしないワケだ。最もするべき事業であっても、企業からの献金がなければしない。

森林伐採に対して歯止めを掛ける支援策に、ガソリン税を投入すればよいと思う。道路賊以外の国民は反対しないのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

FM放送出演その後

思ってもいなかったところから反響があったりして、少し驚いています。

実家の両親には連絡していたのですが、弟には何も言っていませんでした。すると弟から「なにも聞いてないが、どういう事?」との連絡あり。

聞くと、放送を聞いた弟の知り合いから問い合わせがあり、知らなかったため対応できなかったとのこと。その他そんな連絡が数件ありました。

普通に仕事していればなかなか聴くことができない時間帯なので、あまり事前に宣伝はしていません。偶然聴いてくれた人がほとんどのようです。

名字がどこにでもある名前ではないので、人違いではなく確信を持って連絡してくる。

収録した日は花粉症の影響と数日前に喉を酷使したもあって、喉の調子が良くなく、自分が思った声とは感じが違って聞こえました。その辺、聴いた方はどう聞こえたのか興味のあるところ。

自分の活動にプラスになれば良いな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日祝い

昨日、祖母の誕生日のお祝いで、親戚が数人実家に集まりました。

100歳の誕生日祝い。本人は老人養護施設に入所しているので午前中に面会に行き、記念撮影などひとときを過ごし、それから祖父の墓を参って実家で宴会。

祖母は多少耳が遠いのと呂律が回っていないのでなかなか会話が成り立たないものの、感情はハッキリ分かるし自分から話そうとするので、まだ大丈夫でしょう。墓参りに連れ出すことができないのと、施設の都合で一緒に宴会する事ができないのが残念。

やむを得ず本人を外して宴会をすることになりました。昼から呑み始めて数人が入れ替わりながら宴会は続き、8時間呑んでました。それから外へ呑みに行き、結局13時間呑み続け、今日はずっと寝てました。

今ようやくアルコールが抜けたかな?さてビール買いに行こ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

小西真奈美

最近ハマってます。

あまりアイドルとか歌手、女優にハマることはないのですが、小西真奈美だけここ数年チェックしてます。

最初に印象に残ったのは、5年ほど前に見たテレビドラマ「運命が見える手」を偶然観たときです。そのときには全く知らなかった女優が気になり始め、時々チェックしていたのですが、最近メディアに多く取り上げられるようになり、ここ数日は「UDON」のテレビ放映あたりから毎日小西真奈美漬け状態?です。

ずーっと購入を迷っていた写真集と、CDをリリースすると聞き一緒にネットで注文してしまいました。昨日と今日それぞれ届き、それから浸ってます。catface

カワイイだけじゃなく凛とした強さを感じさせ、どんな役も独自の雰囲気で演じているように感じます。何にでも染まるような真っ白なイメージなのに強い個性がある。柔らかさと強さをやさしい顔立ちで演じる女優は、あまりいない気がします。

歌の方も特別上手いワケではないが、存在感はある。過去女優が出した楽曲は、独特な存在感があればこそ注目されていると思うので、その意味では期待はできるかな?

でもね、これだけ多くテレビに出るようになると、返って冷めてくな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

ライブのお知らせ

3月21日  21:30~ 唐戸 バー Deo ピアノデュオ

よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM放送出演

地元のFM放送局の番組に出演し、今日から放送されたようですが、結局聴くことができませんでした。

聴いた人がいたら感想を教えてください。

明日以降もあります。金曜日までの5回放送です。

カモンFM76.4MHz 「30万人のドラマ」 9:00~ 19:00~ 10分間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

ブラバンコンクール

所属する市民バンドで今後の活動について話し合う機会がありました。

毎回出る大きなポイントはコンクールに出るのかどうか。ブラスバンドの活動としては大きなポイントと考えることは分かるが、どうもその意識に疑問を感じる。

コンクールに出ること自体は悪いことではないと思うが、そのスタンスに賛成できない。コンクールで賞を取れない状況では出場したくないと考えている人が多いと思う。その考えに賛成できない。人数が少ないからコンクールに出られないとする結論付けが気に入らない。

人数が少ないと演奏ができないのか?楽器が足りない音が足りないと言うが、それは大編成用の楽譜を使うからだ。自分たちに合うように編集する作業をしないで、諦めてしまっている。賞を取るためには選曲は重要なポイントだと思うが、それは賞を取りやすい曲なのではなく、バンドの編成に合うのかを基準に考え、編曲を工夫した上で決めるべき。

ロックやジャズでは当たり前の選曲方法がブラスバンドでは理解されていない。先ずは人数でできるできないを議論する。的はずれだと思う。候補になる曲を分析、研究した上で決定するべきことを過去の賞が取れた曲から多数決で決めるなど愚かだと思う。

コンクールに出るのであれば、精一杯の工夫をした上で挑戦しなければ意味がない。人数が少ないから出場しないのは言い訳だし、逃亡行為だと思う。そんな考え方の人が多いバンドならコンクールに出る必要はない。いつまでも人数を言い訳にすればよい。結果が悪ければ人数が少なかったからと悔やめばよい。それは全く解決になっていない。

ブラスの連中は人数で言い訳をする。誰も傷つけずに諦めることができるからだと思う。そんな考え方では良い音楽はできない。

自分たちの音楽は自分たちで工夫して作り上げるものだ。出来合いの楽譜でできないから諦めるのは努力不足。そう思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

怪しいもの

世の中いろんな商品が氾濫しています。役に立つものがほとんどだが、怪しいものも多い。

大抵は落ち着いて考えれば紛い物かどうかは判る。怖いのは、非論理的な情報の口コミ。時々公共メディアでもある。少し前の納豆ダイエットなど。

結局噂に翻弄され大騒ぎしているに過ぎない。真実かどうかは少し調べれば判る。今までの経験で、中学生レベルの物理、化学、数学で説明の付かないものは紛い物であることの方が多い。

また、それを実証する番組やサイトもあるが、大抵は中立では無く、どちらかの立場に立って先入観を持って行っているものが多い。ほとんどのものはその検証方法に疑問がある。効果を証明するのであれば、最も効果の出る方法で検証し、同時に最も効果のでない方法も同時に検証すべき。どちらか一方の観点からしか評価をしていないものは信用すべきではない。

また効果はあるのに、限定的なためその効果を信用されないケースもある。例えば健康な人に風邪薬を試しても効果を実感できないだろう。

怪しいと思われるものの中には、本当に効果のあるものもあるので、慎重に選ぶことは重要でしょう。価格だけでなく、その原理や仕組みなど、納得したものだけを選んで購入する。詳しい人の意見を聞くことも重要です。

紛い物に噂だけで群がる風潮は昔から消えない。その陰で地道に努力している本物が取り残される。これでは本当に価値のあるものが消えてしまう。

結局、ものを見る目を磨かなくては、自分たちの首を絞めるだけになる。紛い物を平気で売りさばく人達は恥ずかしくないのだろうか?

価格や噂で購入するのが一番危険。その背景が見えるまでは購入を控えるのが賢明でしょう。良い物が残り、紛い物が消えるようにならない限り、悪徳商売は根絶しない。そのためには消費者が賢くならなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

ギター

只今バンドで新曲の録音進行中です。ところがリードギターの録音が進まない。

原因は言うまでもなく人材不足。1年半ほど前にギタリストが他界してしまった。その穴を埋めることが出来ずに今に至っています。

当時セカンドギターだったギタリストに頑張ってもらっていますが、ハッキリ言えば力量不足。腕前ではなくセンスの問題。

全ての楽器に対して云えるが、プレイヤーは二種類に大別できます。
歌える人と歌えない人です。それに腕前のレベルが加わって総合的な評価になると思います。

クラシックなど、楽譜に沿って演奏するものは歌えなくても腕前さえあればなんとかなるものです。ところがロックやフォークになるとこの対極になり、下手でも歌えればよいのです。

歌えるか歌えないかはほぼ素質に左右され、出来ない人は一生できないと思います。それを補うために論理武装する手はありますが、方法論であり、演奏者本人の感情や心の衝動を音で表すことが出来ないと思います。クラシックなどでキチンとした音楽教育を受けた人に多いのですが、あまり強固な論理武装を覚えてしまうとそこから外れる怖さもあって、真に感情のまま演奏することが出来なくなってしまう。

感情のない人はほとんど居ないでしょう。しかし演奏に関して言えば歌えない人の方が多い。歌えない人は感情とテクニックが結びつけられていないだけなので、そこに気付き、開花して歌えるようになる人もいます。それも含めて素質だろうと思います。

他界されたギタリストは腕前があって歌える人だったので、その穴は大きい。今のギタリストは腕前はあるが歌うことが出来ていない。ロックにおいてこれは最大の欠点です。少なくともリードギタリストには必要な条件。

ギターは感情を乗せやすい楽器だと思います。管楽器と違って高い音から低い音まで同じアクションで発音することが出来、且つ鍵盤楽器と違って音程を自由に操れる。小さい音も大きな音も僅かな指先のアクションで使い分けることが出来、ブレスを気にせず延々と長いフレーズもこなせる。ポジションを変えずに2オクターブの音域が操れ、和音も出せる。

ギターの欠点は2オクターブを越える音の跳躍が難しいのと、弦の数以上または2オクターブを超える幅の和音が自由に出せないこと。そして重大なのは、決められたフレーズを演奏する場合どのフレット、弦を使って、また移動して演奏するのかを演奏前に設計する必要があること。しかし、これらの欠点は感情のままに演奏する妨げになるものではない。

そんな楽器でも感情表現が出来ないのは、本人の問題が一番大きいと思います。

作業が進まないことにシビレを切らして自分でギターを弾いて仮レコーディングしてみました。20年前はギタリストだったので多少の自信はあるが今の腕前がイマイチなのは承知の上。ここ10年は本気でギターを弾いていない。それでもバンドリーダーの評価によれば感情の赴くままに弾いた音の方が勢いがある。

本気でギターに返り咲こうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

カモンFM出演

今日、地元のコミュニティ放送局のカモンFMで、番組の収録がありました。

いろいろなところで音楽活動しているので、その内そんなこともあるかな?ぐらいに考えていたことが急にやってきました。

カモンFMのパーソナリティの方とは結構同じイベントで一緒になります。半数ぐらいの顔は知っている状態。中には顔見知りの方もいるのと、以前に一度イベントの宣伝で出演したこともあったので初めてではなかったのですが、今回の番組は「30万人のドラマ」でゲストの人となりを紹介していく(暴いていく?)番組です。1日10分、5日間の放送です。

仕事のこと、生い立ち、音楽活動、そしてこれからのことをテーマにパーソナリティの方と雑談に近い状態で話をするので、何を話したのかあまり覚えてないです。どう編集されるのか楽しみでもあり怖くもあり・・・。

時間が許す方は聴いてみてください。放送は17日からだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

最近の仕事

本職の話です。

ここ数年電池を使った製品の設計に携わっており、いかに省エネなシステムに作り上げるかに命懸けてます。マジで。

消費電力を削りながら使い勝手も良く、信頼性の高いシステム。今取り組んでいる機器は、赤外線のコマンドを受信して弁の開閉をするものだが、単2のアルカリ乾電池2本で動作し、電池寿命を1年以上保たせなければならない。

赤外線を受信するだけなら既に身の回りにありそうだが、市販の乾電池で1年以上動作するものはほとんど無い。それだけ赤外線の受信は電力を消費するからだ。

この条件を満たすために様々な回路を検討し、部品を一つ一つ吟味し、アイデアを捻り出し、既に何件かの特許も出願した。約1年前、この開発が佳境で苦しかった。そして製品となって販売されてから半年が経って、振り返ってみればクレームのほとんど無い製品となった。

恐らく、同類のどこの製品と比べても高い完成度だと自負しています。苦労した分だけ自信がある。

乾電池で動く機器となるとオモチャっぽいものを連想しがちだが、住宅設備としての信頼性を維持しなければイケナイので、電池のこと物凄く調べました。かなり電池のことは詳しくなったし、使う立場でいろいろと経験もしました。時には泣きたくなるようなこともありました。rain

奥が深いです電池は。頼りなく不安定なこの電源に、優しくしつつ最後まで効率よくエネルギーを取り出す。乾電池ってヤツは信頼性がない。使い捨てられるのが当たり前の構造、性質。これを使ってどうやれば信頼性が上がるのか。お客様は優秀な電池ばかりを使ってくれる訳ではない。

詳しくは書かないですが、単純に見えるこの機器に高度な回路が盛り込んであります。ほとんどエンジニアの意地だな。

そんな訳で、手塩にかけた自信作が市場で実績を積み上げつつあるのがウレシいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

中国製

そろそろ不買運動が始まってもよいのでは?

全てに於いて云えるが、真実は一つだし、それを都合よく隠したりねじ曲げると後が大変になる。都合の悪いことほど白日の下に晒すべき。目を背けてもなにも変わらない。しっかり見て対応する。

自分の仕事は自然現象が相手なので誤魔化せない。だからそんな習性が身に付いてます。

誤魔化すと後から大きな穴埋めをしなければならなくなる。それが判っていない国、人、文化、社会を相手にしても仕方がない。それも含めて許すか、それができなければ付き合わないのが賢明だと思う。

安くてソコソコの品質の中国製。高品質が絶対条件の日本製が価格で勝てるはずはないが、高品質が当たり前の製品に慣れた日本人が中国製でよいはずもない。消費者が選べばよい。

価格だけしか見ていなかった人達に、良いアンチテーゼになるだろう。良い物を妥当な価格で売買することがお互いの利益になると思う。

良い物をマジメに造って妥当な価格で売られている製品を選ぶこと。経済社会の基本でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

燃費向上グッズ

少し前の話になりますが、燃費向上グッズの数々が公に否定されました。

この手のグッズは信用していないので、ようやく詐欺行為として取り締まりの対象になったこと自体は歓迎ですが、遅かったなと思います。

商品説明によればそれらしいことは書いていますが、自分が知っている化学、物理の理論では納得出来ないので購入したことはないです。購入した人からも明らかに効果があった話も聞かないので、気分の問題と思います。

但し、アーシングに対してはどちらかと言えば肯定的に感じています。それは、自分が電子回路設計を本職とする電気の専門家であり、電子工学を勉強した知識から、クルマの配線については理想とかけ離れていることを感じているからです。

基本的にクルマの配線はホット(+)側のみで、リターンとなるコールド(-)側はボディ、フレームの金属部分を使用しています。これは直流的には問題ないように見えますが、実際の電流、特にスパークプラグに掛かる電流は急激且つ大電流です。急激な変化を伴う電流は導電体の表面に集中する表皮効果があって、表面積で電流の通りやすさが決まります。

恐らくエンジンとフレームは数カ所でボルト止めされていると思いますが、ボルトは急激且つ大電流が通る道としては理想的ではない。専用のアース線を設置した方が理想的な電流経路となるのは理に叶っている。

つまりアーシングの効果が期待出来るとする根拠は、スパークのパワーを充分に引き出すための電流経路を理想に近づけることが出来るからです。

古いクルマの方が効果的なのは、金属表面の酸化が進行しているため表皮効果による電気抵抗が大きくなっていることも考えられますが、スパークを発生させるための高電圧発生部分(イグニッションコイル)の設置場所がエンジンブロックから電気的に遠いのではないかと思われます。

最近のエンジンではどのようになっているか知りませんが、電気的にスパークプラグに近い場所に高電圧発生回路があるものは、アーシングの効果が低いと思います。つまりアーシングは不要といえます。

高性能なエンジンほどコンパクトに集約されるため、電気的な距離も近いと推察します。

お守りのような省燃費グッズは信用できないが、アーシングはそれなりの効果が期待できると思います。但し、クルマの構造をよく知り、的確なアース線の設置が出来ることが条件になります。

アーシングの効果はスパークのパワーが安定確保できることによる燃焼改善なので、それ以上の効果は元々期待できません。燃焼がよくなったことを加速力で感じていては燃費改善になりませんので、アーシングが燃費に効果的かは、使い方次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »