« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

走り込み

下関海峡マラソンにエントリーを申し込み、ぶっつけでフルマラソンに出場する勇気はないので、先週から練習を再開してます。

そうは言ってもサビついた体。2月に駅伝出場した後ほとんど走っていない。

火曜日にまず走ってみたが、2km程度で膝に違和感を感じ、それ以降半分徒歩で5km弱。

木曜日に走ったときは調子が良く、7kmノンストップで50分ぐらい。

金曜日、同じく45分。日曜日40分。

完全にジョグペースで、まずサビ落とし。
今回は長く走る体を作るので、10kmを1時間で走るのが目標。その意味でペースは掴んだ。10kmは大丈夫。

7月は20km目標で走ってみよう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

腕時計

先週木曜日に、いつも使っている仕事用腕時計が電池切れになりました。

3年ぐらい使ったかな?これも結構探して購入したので、早速電池交換をしに購入した店に仕事帰りに寄りました。

店員にその時計を見せて電池交換をお願いしたら、「デジタルは交換できません。」と言われて、別の店を紹介されました。

デジタルは交換できない?そんな区分けがあるのか?そんなに安物ではないのだが、そう言うものと同じに見られたのか?少しショックです。

店員のオネエさんに噛み付いてもしかたないので、紹介された店に行きました。そこで応対してくれた人は時計を見て、5分ほどで済むのでお待ちくださいとのこと。見るからに職人の方なのでお任せしてしばらく店内を散策。

店内で自分の希望に合う時計がないか探してみたが見あたらない。

仕事用はストップウォッチが必須機能。当然ストップウォッチはデジタルの方が見やすい。以前樹脂バンドの時計を使っていたが、すぐに切れるのでメタルバンド。あまり派手なデザインは飽きるのでパス。しかし安っぽく見えるのもイヤのなのでバランスの取れたデザイン。すぐに傷つくのであまり高くないもの。

この時計を購入したときも条件に合うものがなくて、探し回ってようやく見つけた。

その時計の電池交換をしてもらったところ、ネジの1本が腐食していて内部に汗が入ったようで、スイッチの一つが利かない。このため時刻合わせができない。

ダメなら次の時計を本気で探そうと思い、ネットで捜索。そこで分かったのは大手メーカーはデジタルを縮小しており、某国内トップメーカーは全くラインナップがなかった。比較的力を入れているメーカーですら、10種類もない。

ブランドイメージの高い高級品に少しだけ、他はスポーツモデルがメインでほぼ樹脂バンド。

ショックでした。

ようやく見つけたモデルはネット価格で1万円前後。ソーラー電波時計なのでスペックは申し分ない。もう少し安いものが希望だが仕方がない。他に選べるものがない。

週末には購入しようと思っていました。

ところが、ニョウボがよく利用する時計店に持っていき電池交換してもらったところ、無事に正常に交換できた。

一応復活。スイッチの不安が残ってはいるが・・・。せっかく電池交換したので数年はこれを使うとして、次は電池交換はないだろう。この時計はケースが樹脂なので、今回の電池交換で防水機能は期待できないし、永くはないだろう。
そのとき希望のモデルが見つかるだろうか?今のウチに買い換えた方が良いか、悩み中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

下関海峡マラソン

知ってますか?

今年第1回目の下関市内で開催されるフルマラソンがあります。

フルマラソンなんて完走は無理と思いつつも、地元で開催される第1回もの大会。黙って見ていられないので、取り敢えず申し込むことにしました。

会社の駅伝部で一括して申し込むとのことなので参加表明だけしておきました。

しかし、昨日からネットでも受け付けている。5000名先着で締め切るのに月末頃申し込むとか言っているが、怪しい。申し込む前に締め切られたらどうするんだ!

取り敢えずやれるだけのことはやろう!ってことで今日から走り込み。
といっても大したことはできない。2月の駅伝が終わってからまともに走っていない。仕事が忙しく毎晩21時前後に帰宅。朝7時前には出勤する身には走り込みをする気力もない。

最近ようやく仕事が片付いてきたので、早めに帰れるようになった。その分を走り込みに使おう。って事で今日は約4kmのジョグ。それでも錆び付いた足には堪えてる。情けない・・・。

まあ良い。少しずつサビを落としてフルマラソン完走を目指そう。無理なのは十分承知。実際20km行けば良い方だとは思う。

目標ができた。走ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

ガソリン

高いよな。給油ランプがついてから満タンにしたら、8千以上取られた。

原油高はさておき、食料高騰はバイオ燃料をやり玉に挙げているが、納得できない。

食料が高騰しているのは少ないからではなくて、投機対象になっている事が主な原因との説もある。原油も同じ事。

食料と原油の高騰は、中国などの経済発展による需要増に便乗した投機マネーが価格上昇の主因と考えれば納得がいく。

つまり、俺たちから巻き上げた金で儲けているヤツらが居ると言うこと。

腹が立つ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

カーオーディオ取り替え

以前から純正のカーオーディオを変えたかった。

理由は、ライン入力がない。ただそれだけ。

しかし、一番重要。携帯の音楽を聴くのも、録音仕事の速攻チェックにも必要。取り敢えずFMトランスミッタで凌いでいたが、最も聴く機会が多い携帯の再生では、音質の劣化、ラジオノイズ、充電器によるスイッチングノイズから逃れることができない。

今までいろいろと工夫をしてかなり良くはなったが、無視できるレベルまで抑え込むことはできなかった。限界が見えた頃から買い換えたいと思い続けていた。

しかし、まだ使える訳だし勿体ないのも確か。

妥協点として安くて良い物があれば買い換える事にして、半年以上機会をうかがっていました。

条件はUSB+ライン入力。で最も安価。しかし、信頼性は捨てきれないので、有名メーカーの製品で納得行くものを探しました。

ディーラーの担当者と相談しながらある製品に決め、取り寄せってもらって今日取り付けました。

ハッキリいって、良いですコレ!今までの不満は全て解消しました。FMトランスミッタに金を掛けるよりコストパフォーマンス&満足度はかなり高いです。

純正は2DINのMD+CD+CDチェンジャー+ラジオだったのですが、個人的にMDは不要。この御時世ではCDチェンジャーも不要。

よって、USB+AUX+CD+ラジオで1DIN。空いたスペースは小物入れ。

使い勝手も良く、純正より音もラジオの感度も良い。5年以上前の製品との比較なので当たり前だが。純正オーディオ1/3の費用で済みました。

通勤が楽しくなってきた!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

秋葉原事件

またか!と、あらためて思うほどでもなくなった。

今のこの国の状況だと、これも日常茶飯事になるのは時間の問題だろう。
自暴自棄になって人を殺す。自分にはそんな発想はない。自分が死んでも、故意に人を傷つけることはない。

人を殺すなんて、どんなことがあってもしてはならないこと。唯一許されるのは自己防衛のみ。

ところが、ゲームでもドラマでも簡単に人を殺す。そんなシーンを日常的に見ていれば、自分がやっても良い行動の選択肢に殺人があっても良いと勘違いする。そんな人間が増加するのは時間の問題だろう。

自分だって精神的に病んでしまえば、そんなことは無いとは言いきれない。人を殺す方法はテレビでたくさん紹介しているから、良く知っている。
知っていればそれを実行しないとは言えない。

人を殺す方法を紹介する番組を無くさなければ、全ての人に殺人の可能性の意識を植え付けてしまう。

サバイバルナイフを売っていることも殺人幇助罪じゃないのか?

犯人がまだ生きている。その場で射殺されても良かったのでは?
人を殺したヤツに生きている資格はない。税金で活かす必要もない。
終身刑など甘すぎる。遺族の憎しみが収まる前に、遺族の手で処刑するべきだと思う。

同時に、犯人も被害者の側面がある。その背景は、社会であり経済でありメディアでもある。責任者不在なはずがない。それは政治家であり、経営者であり、同時に自分たちでもある。

自分たちに何ができるのかを考え実行しなければ、この国は殺人(未遂)犯であふれるだろう。

仕方がない。みんな殺人が好きなんだから・・・。
みんなが嫌いなら、テレビでそんなシーンは流れない。抗議が殺到し、視聴率が下がる。それならテレビ局も放映しないだろう。

そうならないことが、みんなが殺人好きの証拠。

この国は病んでるよ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

斎藤博彦追悼ライブ

来る6月22日下関一の宮のライブハウスビリーで下関ファンキージャズオーケストラのドラマーであった故 斎藤博彦氏の追悼ライブがあります。

http://billie.jp/schedule.html

出演は下関ファンキージャズオーケストラと、故人と縁の深いジャズピアニスト大石学氏のユニットが中心となっています。

自分も出演するつもりでここ数回練習に参加していましたが、ファンキーのメインベースを務める大御所から、普段練習に来ていないのだから、こんな時に来ても出演させる訳には行かない。とのお言葉。

自分が練習に行かなくなった本当の理由は、当の大御所の存在があるから。ベーシストは二人も要らない。どちらがバンドのためになるのかを考えればベテランが残る方が良いと思い、自分が身を引いたつもりだった。

今回の練習で大御所の演奏を聴いたが、自分が残る方がバンドにとっては良かったのではないか?との疑問が拭えない。

故人とは10年以上の付き合いがある。こんな事で追悼ライブで演奏できないのが悔しい。本当に。

眠れない・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »