« 斎藤博彦追悼ライブ | トップページ | カーオーディオ取り替え »

2008年6月 9日 (月)

秋葉原事件

またか!と、あらためて思うほどでもなくなった。

今のこの国の状況だと、これも日常茶飯事になるのは時間の問題だろう。
自暴自棄になって人を殺す。自分にはそんな発想はない。自分が死んでも、故意に人を傷つけることはない。

人を殺すなんて、どんなことがあってもしてはならないこと。唯一許されるのは自己防衛のみ。

ところが、ゲームでもドラマでも簡単に人を殺す。そんなシーンを日常的に見ていれば、自分がやっても良い行動の選択肢に殺人があっても良いと勘違いする。そんな人間が増加するのは時間の問題だろう。

自分だって精神的に病んでしまえば、そんなことは無いとは言いきれない。人を殺す方法はテレビでたくさん紹介しているから、良く知っている。
知っていればそれを実行しないとは言えない。

人を殺す方法を紹介する番組を無くさなければ、全ての人に殺人の可能性の意識を植え付けてしまう。

サバイバルナイフを売っていることも殺人幇助罪じゃないのか?

犯人がまだ生きている。その場で射殺されても良かったのでは?
人を殺したヤツに生きている資格はない。税金で活かす必要もない。
終身刑など甘すぎる。遺族の憎しみが収まる前に、遺族の手で処刑するべきだと思う。

同時に、犯人も被害者の側面がある。その背景は、社会であり経済でありメディアでもある。責任者不在なはずがない。それは政治家であり、経営者であり、同時に自分たちでもある。

自分たちに何ができるのかを考え実行しなければ、この国は殺人(未遂)犯であふれるだろう。

仕方がない。みんな殺人が好きなんだから・・・。
みんなが嫌いなら、テレビでそんなシーンは流れない。抗議が殺到し、視聴率が下がる。それならテレビ局も放映しないだろう。

そうならないことが、みんなが殺人好きの証拠。

この国は病んでるよ・・・。

|

« 斎藤博彦追悼ライブ | トップページ | カーオーディオ取り替え »

コメント

加害者だけが真の加害者ではないという点には、はなはだ共感です。
先進国といわれる国は、どこも同じような病を持っているのでしょうね?

加害者とそれ以外の人、その分かれ目は案外些細なものなのかもしれません。

少なくとも僕はいろんな仲間に支えられています。
その多くは音楽を通して生まれた仲間。
せめて、自分は音楽を続けて、一緒に演奏する人/それを聴いてくれる人に、少しでも暖かいものを感じてもらえれば、なんて思いますけどね・・・。

投稿: わた | 2008年6月10日 (火) 00時10分

加害者も、ある側面では被害者。
しかし勝ち組負け組論でしか考えないのは、自分に負けている人の論理。負け組以前の問題。

だから自分は何をしても許される。と考えがち。
それが許されるはずはなく、あれだけの殺人をしてしまえば、その責任を取れるはずはない。死を持ってお詫びをする以外にない。と思う。

生き続ける間中その責任を問われ、後の人生は明るくはないだろう。ならば、死刑となる方がお互いのためではないかと思う。

人間は一人では生きられない絶対に。だからこそ隣人を愛せよ。人のつながりが一番大切な財産。

それに気づけなかった犯人は可哀想だとは思うが、つながりを築くのも努力が必要。それを怠ったのだから自業自得。更に自分に負けているのだから、生きる資格はないのだろう。少なくとも現代社会においては。

そんな人種が野放しになっている事実が怖い。

投稿: Hybrid | 2008年6月10日 (火) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129450/41485772

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原事件:

« 斎藤博彦追悼ライブ | トップページ | カーオーディオ取り替え »