« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

疲労骨折?

左足の痛みが気になっていたので、今朝のトレーニング後に整骨院に行きました。そこでの診断が「このまま行けば疲労骨折。」とのこと。

今朝は山越えの20kmのつもりでスタートしたが、予定コース最頂点までは何事もなく、そこからの下りに差し掛かったときに痛みを感じたため予定を変更しそこから引き返しました。それでも13kmの練習はできました。

当然帰りは長い下りになるので、痛みを感じながら走ってました。
下りになると痛みがある事を確信し、フォームを改善する必要性を感じたものの、どこがどのように悪いかが分からないと改善のしようがない。
そこで、痛みの原因を明らかにするべく最近の世話になっている整骨院に行きました。

症状訴えると即座に的確な回答を貰えて、一安心。この症状は鍛えてもすぐに改善する事はなく、先ずは安静。それからフォーム改良。取り敢えずテーピングで応急処置です。

フォームの改善ポイントは足の親指を使う事だそうだ。親指のケリと着地が上手く機能していないため、親指の付け根だけで衝撃を受けるから足の甲まで衝撃が伝わり痛みが出ているとの事。

下りの練習はしばらく控えて、下りだけ別メニューでフォームを改善しながら痛みのでない範囲で調整するようアドバイスをもらいました。

原因と対策が分かれば実践するのみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

燃費チャレンジ

ガソリン高の対策で燃費走行やってました。インプレッサSTIワゴンで。

この車、燃費とは無縁の車です。通常夏場エアコンつけっぱなしで一般道8km/L前後。少しアクセル踏み込み気味の走行で確実に7km/L台。

それでも280馬力マシン。2000cc4WDターボのワゴンとしてみればこのぐらいならば良い方。

それが最近ココ2回ほどの満タン法による計測では9km/L後半になりました!全て一般道。通勤メインのコース。しかもエアコン常時ON!

やった事は、
できるだけ惰性走行。加速の時だけギアを繋いで、それ以外はニュートラル。
加速は2000~3000rpmでハーフアクセル&ブースト負圧領域。
減速は基本的にエンジンブレーキ。(エアコン駆動でエネルギー回収)
ブレーキは極力踏まない。
峠の頂点までは控えめ加速で、下りになる手前では可能な限りスピードが落ちるようアクセル調整。

マニュアルでないとできない技が多いが、これで一般的な2000ccクラスの車の燃費といい勝負なのでは?結構自分としては満足の結果です。

しかし、これ以上は手がないかも?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

ようやく20km

昨日の土曜日、ようやく20km走れました!

天気は曇り。気温は28度ぐらいか?雨上がり&降りそうな天気で湿度が高い。少し走ると汗が流れる。

午前10時過ぎに自宅をスタートして、12時半頃戻ってきました。
今までの20kmチャレンジは完走できず歩いてしまいましたが、ようやく今回は、信号と給水で立ち止まった以外は完走(歩かない座らない)しました。

7月中の目標だったが、気温が高い日を狙った事もあって達成できず。アセっていましたがなんとか達成!

次は30km。なんとか来月中には達成したい!

現在のトレーニングは週に3日は10km。週末は長距離チャレンジしてます。ニョウボには「体が縮まった。」とか「体が薄くなった。」とか言われます。体重は3kg落ちてからは余り変化がないが、体脂肪率は16%前半まで落ちました。去年の暮れ頃は20%台だったから、かなり改善。

但し、左足に少し痛みがある。普段は痛みを感じないが、長い下り坂になると足の甲に痛みが出てくる。フォームの改善が必要なのだろうけど、誰かアドバイスしてくれる人、知りませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二酸化炭素地下貯留

二酸化炭素を地下に貯留して空気中から減らすため、貯留した二酸化炭素の管理や環境に与える影響を研究しているらしい。

そもそも、二酸化炭素をそのまま貯留すると言う事は酸素も減ってしまう。

中学生でも判るこの事実。こんな事を進める役人の見識を疑う。二酸化炭素は炭素と酸素の化合物。炭素を分離して何らかの固体化を行い、酸素は空気中に戻してやらなければ空気が変化してしまう。

化石燃料≒炭化水素だ。使えば空気中の酸素と結合して水と二酸化炭素が発生する。元に戻すには二酸化炭素から炭素を分離してやる必要がある。それを効率よく行えるのは植物なのだ。

事態を根本的に解決するには植物を増やすしかない。または化石燃料からの脱却しかない。そしてそれは原子力ではない方向に行かなければ、地球は壊れる。少し考えればすぐ分かる当たり前の話。

政治家は中学生からやり直せば?
票数とお金の計算しかできないのは小学生並み。その程度の人達にこの国の将来は任せられない。

この国のトップはバカばっかり・・・。誰がそんな人達に投票するのやら。日本のシステムは機能障害を起こしているのに誰も直せない。どうしたものか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

ニッケル水素充電池

買い換えを考えてます。

今まで酷使してきたニッケル水素充電池は、5年前に購入した東芝ブランドのもの。確かデジカメとセットで売られていたもので、8時間充電の充電器もセットだった。

メモリー効果対策で最後はラジコンで使い切る様にしていたが、1年ほど使うとメモリー効果と思われる症状で充電してもすぐ切れる状態になったため、リフレッシュ機能付きの充電器を購入。数年前に4本を買い足し、8本体勢。それから現在まで快適に使用していた。

主にデジタルレコーダの電源として活躍しかなり重宝していたが、最近新しいデジタルレコーダーに換えたあたりから、初期電圧がすぐに低下しているような状況になってきた。新しいデジタルレコーダー導入直後では前のものより長時間動作できていたが、今では短くなってきている。

この電池は既に世代交代され、現在では倍近い公称容量のものも販売されており、既に寿命が来ていると判断。しかし、充電器はリフレッシュ機能付きなので結構高い。できれば今使っている東芝ブランド充電器で充電できるものがよい。

調査開始!
いろいろ判ってきました。東芝はニッケル水素電池の事業からは2001年頃に撤退しており、その事業は三洋電機に売却されていた。当時東芝が開発中だった「超格子金属」を使用した電池を三洋が完成させて販売したのが現在のラインナップで、それまでの製品群より4割程度容量アップを実現している。そして、大容量の実力を容量アップではなく繰り返し寿命のアップに振り向けたのが「eneloop」シリーズ。

と言う事は、今使用している東芝ブランドの電池と充電器は三洋のOEMである可能性が高い。=三洋製であると言う事。

充電器に関して、購入当時販売されていた三洋製充電器と比較してみようと思いネットを徘徊していると、中国のサイトでその両方の分解画像を発見!

間違いない。中身は同じものと確信。そして、この機種でeneloopが充電可能である事を三洋のHPで確認。

eneloopを買いに行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

ハードな週末

先週金曜日は会社の呑み会だったのですが、それを蹴ってニョウボと呑みに行きました。

行き先はいつも御世話になっている唐戸のBarDeo。ここでビール飲み放題イベントに誘われていたのです。ニョウボ揃って。

アイリッシュビールの樽生を一樽店内に設置して、セルフで勝手に注ぐスタイル。

その前に腹ごしらえに居酒屋へ。久しぶりに行きました魚正本陣。ビールをぐっと我慢してウーロン茶と日本酒。合いそうなつまみを探して創作料理2,3品と刺身で結構いい気分!いいねココ!

お腹を満たしてからDeoへ!ビールが美味かった。お腹を満たしてから行ったのに4杯は飲んでしまった。それからカクテルを1杯飲んで2時頃自宅に帰りました。
その間、顔見知りの常連さんと話し込み。BGMはいつも一緒に演奏しているケイコさん。のソロと思っていたが、サックスのあっちゃんが参戦。
二人に「なんで楽器を持ってきてないの?」と攻められつつ、酔っぱらい客モードで雰囲気を堪能してました。beerhappy01

そして翌日土曜日。朝からCD作成です。編集OKはもらっていたが、CD-Rとインクの購入やトレーニング、ブラス練習などが重なりなかなか時間が取れずようやく生産開始。

生産開始して問題発覚!せっかく作成したデータをライティングソフトが認識してくれない。
エディタのバージョンアップによる影響だとは思うが、いろいろ調べてみて、ライティングソフトだけが認識しない事が分かった。
恐らく最近の拡張されているデータ形式に対応していないんだろうと思い、ライティングソフトのアップデートを試みたが、所詮はドライブを購入したときのおまけソフト。アップデートは打ち切られてます。sad

それなら別のソフトで焼けばよい!で試してみると、結局リアルプレイヤーだけが素直に焼いてくれた。後のメジャーなソフトは著作権がどうのこうの、操作が面倒、登録しろ!だのうるさいヤツばっか。

ところがリアルプレイヤーにしてもドライブとの相性の良いライティングソフトに比べるとスピードが遅い。
書き込みの速度の話ではなくて、データの準備や途中の継ぎ足しが多いなどで結構時間がかかる。その上、失敗も多い。
書き込みミスが10%ぐらいか?予想よりミスが多いから途中でCD-Rを買い足しに行ったりして、予定は半日程度と思っていたのに、丸一日かかってしまった。

夕方からオーケストラの懇親会があるのに、予定の列車に間に合わず1本分遅刻。

会場に辿り着いたときには既に宴たけなわ。挨拶しつつ紛れてビールを3杯。happy01

この会は10月にある市民第九のオーケストラの懇親会で、練習の時にしか顔を合わせないようだと場が固い。それを和ませようと企画されたもの。

事務局や指導の先生方も含めての宴会なので、出席しておきたかったのですが、予想しているより和んだ呑み会になり、そのまま2次会へ!翌日は午後から練習です。遅刻しないようにと声を掛け合いながら2時まで呑んでました・・・。

そして翌朝。前日に作成したCDを納品に行きました。アルコールチェッカーで残っていない事を確認してから菊川へ。それが8時半。

それから一旦自宅に戻って10時から駅伝部の練習会。下関球場集合で20kmのトレーニングを予定していましたが、全部走ると13時からのオーケストラの練習に遅刻するので15kmで終了。

2連チャンの呑み会の影響と、炎天下での走り込みで既にバテバテ。取り敢えず自宅でシャワーを浴びて、昼飯食ってチャリで練習会場へ!5分前に滑り込み。

途中気を失い掛けながらも持ち堪え、管楽器は短めの練習で切り上げだったため助かりました。gawk

ウチに帰って1時間ほど記憶がない。

今日は普通に出勤。少し疲労が残っているのでトレーニングはお休み。ふ~いsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

フルマラソンへの道

NEWシューズを手に入れてから、これの使いこなしに悩んでます。

ケリが強く勝手にスピードが上がるので、そのまま上げていると体力が保たずに失速。大体10kmの練習コースを50分前後だが、もう少しゆっくり走らないとフルマラソンの完走は無理。

スピードを抑制しないと後半はバテて歩いてしまう。その状態で53分。
抑えて一定で走ると49分。更にゆっくりにして55分。ようやく狙ったペースで走れました。もう少し落とす必要があるが。

こんな調子で、今週はほぼ毎日10kmのトレーニングが続いています。疲労の回復に少し問題があるので、休息日を適度に挟みながらこの練習ペースを維持したい。フルマラソンに出るには最低条件として毎日10km走れる体は必要だろうと当面の目標に設定していたが、もう少しで届きそう。

最近の体脂肪率の最低は16.8%でした。今年の年初に20%越えていた事を考えるとかなり絞れてきたが、15%を目標にしたい。できれば食事制限なしに運動のみでそこまで行けるのが理想だが、達成はできるのだろうか?

先週の土曜日宇部の陸上競技場で24時間リレーマラソンに出場し、時間の関係で4.8kmしか走れなかったが、それも入れて今週は40km以上走ってます。

20kmの走り込みをしたいのだが、体力の回復時間を考えると予定が詰まっている今週はできなかった。

それと、この前20kmチャレンジしたときにドリンクをウエストバッグに入れて走ったのだが、揺れて走りにくい、走りながら取り出しにくい不満があり、途中で抜かれたランナーがしていたボトル専用と思われるウエストポーチが欲しくなり、それを探していました。

何軒かスポーツ店を見ましたが、置いていなくて結局ネットで捜索。

ウエストボトルポーチの商品名である事を確認して、気に入ったデザインのものをネットショップに注文したが、完売でキャンセルされてしまった。しかたなく他のネットショップに注文してみたが、そこも同様。3回目でようやく在庫のある店を探し当て注文していたところ、昨日発送されたメールが来た。

20kmチャレンジはこのボトルポーチが届いてからにしようと考えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »