« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月27日 (月)

モリコン

今年のモリコンが済みました。
モリコンとは、所属しているISHIN吹奏楽団の定期演奏会の一つで、深坂の森にある「森の家」で行うコンサート。略してモリコン。

ご来場頂いたお客様には感謝です。
天気も悪く小雨が降っている状態でした。
本当に感謝致します。

自然が一杯の環境の中に佇む森の家。そこで行うコンサートはISHINの行事の中でも最重要の一つ。メンバーも気合いが入ってます。

今回は本当は出るのを止めようと思った。練習に参加できる回数が少ない。自分の出来が悪い。しかし、人数不足のためやむを得ず参加。緊張と苦悩の日々。

選曲も難易度が高く、初見では通るのがやっと。それでも、数少ない練習でなんとか見失わない、落ちないで合わせられるようになった。

個人的な満足度は60点ぐらいかな?色々とやらなければならない課題に追いつけていない。もの凄く反省が必要な演奏会でした。

しかし、演奏会自体は大成功だったと思います。お客様のアンケートでも好評だし、本番は楽しく演奏できたと思います。

今、打ち上げから帰ってきたところです。
3次会まで行って、いい気持ちで帰ってきました。
既に団長は寝てました。think

俺も寝る!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

第九

ついに演奏会が終わりました!

今年に入ってから参加申し込みをして、早10ヶ月。個人的には完璧とは言えない状態で本番を迎えてしまった。coldsweats01
レベルの高いオーケストラで、ついていくのが必死。それも当然、下関の各楽器の第一人者が揃っている。形としては一般公募のアマチュア+プロメンバーによる補強だが、管楽器に限れば実際はプロ、或いはそれに準ずる人の集まりでした。演奏のレベルが高いのも当然。

指揮者の大友さんの評価も高く(最悪の予想に比べれば&リップサービスも含め)、予想より完成度が高かったため練習時間も短縮されたほど。

個人的には大変勉強になりました。一年近く石飛先生の隣で吹かせてもらい、先生の音を間近で長時間聴けるこれ以上ない環境。まともにフルートを勉強した事のない自分にはもの凄くよい刺激になりました。
その上もう一人は三好君。石飛先生の直弟子であり、彼もまた市内でも有名なフルーティスト。二人に挟まれて演奏する機会はもう二度と無いでしょう。

更に国内を代表する音楽家と共にステージに立てるなど、一生無いかもしれない貴重な機会。コレを逃す手はないと思い、この一年はこのステージを目標にしてきました。

更にもう一つ。このステージが、実の両親と同じステージに立つ初めての機会。コレも一生無いかもしれない。

そんな貴重な機会であった演奏会が無事に終わり、一安心。sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

トライアード

お世話になっているスタジオJAMさんから、久しぶりに演奏仕事の依頼があり行ってきました。

以前はよくパーティーなどの演奏仕事が回ってきていましたが、最近は御無沙汰でした。最近の御時世ではそう言う仕事もめっきり減って、依頼できるほどのギャラも出ないので声が掛けられなかったのだそうです。

何はともあれ、久しぶりのトライアードとしての出演は楽しかったです!
スタジオJAMのオーナー夫妻を中心に、活きのよいプレーヤを加えて構成するこのバンドはレベルも高く演奏していて楽しめるバンドです。

今回は披露宴の2次会でラウンジでの生演奏が仕事。トータル1時間ぐらいの演奏予定が1時間半に延長されたものの、その理由が新郎新婦が他の店で2次会しているグループにも聴かせたいから、演奏している店に集合させたためとの事で気分は悪くない。トライアードのバンマス曰く「(プロなんだから)当然でしょう。」good

オールディーズを中心レパートリーとするこのバンドの音は、特に中年世代以上にウケがよい。今回新郎が再婚とあって比較的お客様の年齢層が高く、盛り上がりました!

VoのRieさんとT.Saxのハナちゃんの女性二人をフロントに立てているので見栄えもするし、Gtはベテランのバンマス、Drは若手代表格のセイちゃん。実力派揃いのメンバーなので演奏も気持ちよくノレました。何よりも最近バンドでエレベを弾く機会が少なかったので、呑みながらの演奏機会だし、久しぶりのライブステージで個人的には大満足です!happy02

また宜しくお願い致します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »