« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月25日 (日)

エビと露天風呂

この週末はニョウボが連休になったので遠出をしよう!と計画していたのですが・・・。どこも雪。

一週間ほど前から旅行先や宿泊場所を選定していたが、数日前から雪になる事が判って、結局予約を入れませんでした。

別府、黒川、雲仙、湯布院、三瓶などの候補があったのですが、温泉でストレス解消を狙っているのに、辿り着くまでに疲れてしまっては本末転倒。

そこで、近場の日帰りプランに変更。今回は秋穂でエビと温泉に決定!

土曜日の朝から出発。このときは下関は晴れ。寒かったが大雪の気配は無し。ところが秋穂に近づくに連れ徐々に雪が降り始めた。

1時間半ほどで目的の「あいお荘」に到着。ネットで探して最も良さそうだったのでここにしました。これは金曜日から休みのニョウボがパソコンで一日かけて探したところ。

行ってみると山の中腹にあるため、入り口までは結構上り坂。雪が積もると大変かも。

昼過ぎに到着して早速食事。レストランでメニューを見ると目当ての車エビは2000円以上の料理でないとありつけない。・・・高い。despair

しかしここまで来たのなら堪能してやる!ってことで「車エビのフルコース」を注文。

料理は良かったです!エビの刺身、唐揚げ、焼き物、蒸しもの、酢の物、すり身のお吸い物と最後にデザートが付いて大満足です。happy02

それから温泉へ!食事を終わる頃雪が強くなり始めていました。その中、露天風呂で海を眺めながら雪の露天を満喫heart01

「あいお荘」良かったです!日帰りでこんなに癒されるとは!また行こう。

帰りはず~っと雪。気温もほとんど氷点下。下関旧市内に入ったところでようやく1℃。17時頃の気温です。

自宅に戻って一眠り。夕食の後、呑みに行きました。雪の降る中。
唐戸のBarDeoで常連の新年会に誘われていたのですが、旅行の予定だったので不参加とは伝えていたが、雪で予定変更のため飲みに行ける時間ができた事、恐らくこの雪で何人かキャンセルがあるだろうから、席はある可能性が高いと読み、バスで出掛けました。

雪は結構降っていたが、主要道路の路面が凍結するほどではなさそう。歩道はグシャグシャだったが、無事に到着。

案の定キャンセルがあったため席に座る事ができ、1杯目はジンベースのカクテル。その後シングルモルトを3杯。マスターのおまかせで頂き、大満足のコースでした!上級のモルトだったため値段も高めでしたが、かなりいい具合に酔って帰宅。bleah

そ~と~リフレッシュしましたshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

復活 再始動!

ず~っと風邪を引っ張ってました。

昨日は長府城下町マラソン大会だったが、体調が万全でないため欠場。
今は2月の最初にある下関駅伝に向けて体調を整えるのが優先。

そうは言っても2週間切りました。今日は喉の痛みもほとんど消え、薬も無し。少し気管支が狭い感じがするが、今日は走ろう!と思い、仕事から帰宅して走りに行きました。

もちろん全開で走ったのではないが、調子は悪くなく、2週間ぶりなのでヨタヨタ、ポテポテ走ってみたところ、息が上がる事もなく8km走破。

途中足が痛くなった事もあったが、フォームを少しずつ変化させてるウチに全く痛くなくなった。たぶん風邪は治ったのだろう。

今は、多少の疲労感と多少の筋肉痛の予感があるが、痛みはない。

さて、練習スケジュールを組み立てねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

風邪

実は、カゼひいて先週は体温がずっと37~38℃を彷徨っていました。

仕事が休めない状態なのでようやく金曜日に医者に行ったところ、白血球が10000オーバーなのでインフルエンザではなく喉風邪でしょう。との事。

抗生剤で経過観察中ではあるが体調は悪くない。咳も治まったし、喉の痛みもほぼ解消。しかし、まだ全力で歌える状態ではないし、体温はまだ少し高め。

この体調でフルートの演奏仕事が土曜日にあって、とにかく咳が出なかったのでなんとかなったが、深い呼吸ができず満足な演奏にはならなかった。

来週は長府城下町マラソン大会にエントリーしているのに、全力で走れる状態ではない。

一応日常生活に差し支えのない程度には回復しているが、走れる状態までに後何日かかるのか・・・。

仕事に行かずに治せればな~。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY

自宅のトイレのドアノブが壊れていました。

1ヶ月ほど前から、ノブが定位置に戻らない。回して手を離すとその位置で止まってます。

ようやく今日は修理する気になって、ホームセンターを覗いてドアノブを交換するポイントを調査。

ノブのセンターから爪の根本までの距離が重要。ほとんどの物は60mm。
ドアの厚みは30~40mmが一般的。
取り付けネジのピッチはドアノブのデザイン次第で、結構色々なサイズになっている事が判った。

自宅に戻りドアノブをバラしてみると、内部のリターンスプリングが折れている事を確認。スプリングを交換すれば直るだろうが、この際だからレバータイプのドアノブに交換しようと決断。

同時に、リビングと廊下を仕切るドアのノブが気に入らない事もあって、これも交換する事にしました。ノブが小さめなのと、結構ノブを回転させなければ開かないので、荷物を持っているときはまず無理、手首を痛めてしまう。

二つのドアノブを採寸した後、再びホームセンターを二店回り、気に入ったドアノブを見つけてきた。

トイレの方は比較的標準的な寸法なので問題ないが、リビングの方が不思議な寸法。取り敢えず近い寸法の物を買ってきて、現場合わせができなければあきらめようと思い、デザインで選びました。

作業は二つで30分ほど。実にあっけなく交換終了でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

新年会

昨日は古くからの音楽友人であるslidermanが帰郷しているので、夜呑もうとだけ予め決めていたが、同じく共通の友人であるchaoが働いているボウリング場での恒例新年ボウリングをせねばなるまい!と、男二人だけで行くのもビミョウなので、例年通りニョウボを巻き込み宇部まで出掛けました。

まず2ゲーム。更に仕事が終わったchaoも入れて1ゲームの計3ゲームしました。

スコアの方は始めの2ゲームとも101で情けない成績。shock
全くボールが自分に合わず、同じ重さで5回も玉を換え、ようやく納得のいくボールになったときは既に2ゲームが終了。

気を取り直してchaoも入って3ゲーム目。スコアは189でした。scissors
chaoが勝利の女神に間違いないnotes

3ゲームトータルではニョウボに負けてしまい(ハンディ無し)ましたが、ハイスコアでは勝利!

その後新婚のchao宅にお邪魔する事になりました。急に決めた事とお二人とも仕事で忙しいので、総菜とピザの宅配でささやかな新年会。

ホタテとぴのこ(ペットの犬とネコ)とは初対面。どちらにも警戒されっぱなしで、落ちついたふれ合いはできませんでした。coldsweats01

久しぶりの会話が弾んだ後帰宅して、ニョウボを置き去りにして男二人でのみに行きました。呑み始めが22時。帰ったのは3時過ぎ。

1件目は豊前田の「蔵」。焼酎バーです。忘年会で行ったところだが、雰囲気が良かったので再度来店。

そこでビールと焼酎を数杯。料理の方は仕入れの関係で全メニューは選べないとの事だったので、選べる範囲から数品チョイス。この中で印象に残ったのが「豚キムチ」。
自分の予想を少しずつ裏切られ、想定外で美味かった。

いい気分で2件目同じく豊前田「ルート66」。slidermanがウイスキーが呑みたいとの事と、セッションができるかもしれない期待をしつつ行きました。

久しぶりのルートでは暖かく迎えてもらって感謝です。ローゼスとターキーでいい気分になったところでセッションの交渉。OKを頂いたのでslidermanはホテルに戻ってトロンボーンを取って来た。

セッションが始まったのが12時過ぎていたと思う。
ダイブ呑んでいるので出された譜面のコードがよく見えない状態で参加。slidermanもいつもと勝手が違う選曲とキーだったと思うが、さすが!それなりに健闘していました。

結局演奏は5曲ぐらいかな?あまり覚えてないです。coldsweats01

マスターから一杯オゴってもらって幸せな気分でお開き。

最後に二人でラーメン食って帰りました。3時過ぎに帰宅。

翌日昼まで爆睡。しっかりニョウボに「slidermanは今日車で横浜まで戻るのに、なんで早く解放してあげないのsign03」と叱られたのでした。
ごめんなさい。反省weep

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

明けましておめでとうございます

昨年はお世話になりました。
本年もなにとぞヨロシクお願い致します。

大晦日は禁酒したものの、元旦は昼から12時間呑み続け、日本酒だけで全8銘柄、恐らく1升近くを呑破!coldsweats01

他の飲み物は芋焼酎を3杯のみ。ビールは一口も飲まなかった。
親戚の新年会を2件、同窓会1件のはしご酒。

8時間寝てスッキリした寝覚め。今日も呑み会1件を予定。

絶好調な正月です。happy02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »