« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

ギターエフェクター

私はギタリストではありません。

と言う建前をバンド活動において、ここ10年ほど守ってきました。

しかし、20年ほど前は、シーケンサーにギター以外を打ち込み、ギタリストとしてボーカルとデュオユニットで活動していた時期もありました。
実際ギターは好きですし、ソコソコは弾けます。ハードロック大好きです。

そして、今、数年前にメインバンドのギタリストが他界し、後任も思わしくなく、レコーディングに差し支えることもしばしば。

ギタリストではないから、ギター関連の機材は敢えて揃えないできました。
そうは言ってもギターは(ベースではない)自宅に6本が在籍し、1本は出張中。こいつら用のエフェクターは、20年前の機材かレコーディング機材のおまけ的機能で凌いできました。

そしてついにここに来て、バンドリーダーからのお達しにより、本気でギターを弾いてレコーディングをするように要請されたのです。

今までも、デモは弾きました。ギタリストにアレンジのイメージを伝える為に割り切っていたのですが、ついに本腰を入れてくれとのこと。

悩みましたが、仕方がない。やるなら機材を揃えないと!
古い機材はノイズが多く、当時出始めのデジタル機材で、現代の機材と比べるとオモチャのよう。いろいろ試したが欲しい音にはならなかった。

で、急遽エフェクターを購入しました。ウチのギタリストが持っているものと同じものを買っても仕方がないので、敢えてハズして、おまけ機能でも感触が良かったZOOMか、定番のBOSSか、その他ネットや店頭でよく見かける数種類を調査しました。

自分の使う用途は主にレコーディングなので、アンプシミュレートが充実しており、何でもできるマルチが希望。できればUSBやmidiを装備しており設定管理がパソコンやシーケンサーでできるもの。で、安いヤツ(ギタリストもどきなのでhappy01)。

難なく決まりました。機能が充実していて安い。と云えばZOOMしかありませんcoldsweats01

以前から活躍中のZOOMのレコーダーのおまけエフェクターが結構質が良かったので、印象は悪くないです。他界したギタリストも愛用していました。

同機能で比較すると他メーカーの製品より3割程度は安い。欲しい機能は全て付いている機種が2万円ちょっとで買えました。この機種は更に予定外の真空管によるブースターまで付いてますheart01

歪みをこよなく愛するギタリストもどきとしては、チューブは持っておきたいアイテムです。

金曜日の夜に注文して日曜日の午前中に届きました。
早速レコーディングに使ってみましたが、良い感触です。パワー感、ドライブ感は期待以上です。やったぜチューブup

今ハマってます。いろんな音がするheart02
ああっシアワセlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

インターン

盆連休が明けると、インターンの受け入れが待っていました。

学生が職場体験で2週間実習するとのことです。
ここ数年、毎年この時期に職場で受け入れており、同様の受け入れでした。

今回は1日だけハンダ付け実習を担当することになり、それなりの準備に手を取られました。

インターンは、ほぼ母校の学生なので、一応先輩面してます。
毎年そんな感じでしたが、今回少し違いました。

なんと!女子高生なのですcoldsweats01

母校は男子校のつもりでしたが、数年前から女子も入学するようになり、一応共学になってます。

話を聞いてみると、ブラバン現役とのこと!

母校のブラスバンド部は数年ほど前に消滅した時期があり、それ以降OBとの繋がりはほとんど無く、復活後交流する機会を狙っていました。

インターン生に頼んで先生に名刺を渡しておいてもらい、早速、先週部活にお邪魔してきました。

先日のコンクールでB部門ながら金賞を取っています。実力を確認しに行ったのですが・・・、これはきっと先生の指導力の賜でしょうsweat01

まあ、3年生も少なかったので、真の音は出ていないと云うことにしておこうcoldsweats01

高校の部活練習は久しぶりでしたが、結構楽しかったです!
当然空調もなく、汗かきながら合わないピッチと戦いながらsweat02
試練だな~gawk

先生の指導は素晴らしかったです。終始ハイテンションup
専門はユーフォの方で、コンクール金賞常連のYBSメンバーとのこと。smile

顔繋ぎができたので、たまには顔を出すことにしようnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏トレ

2週間ほど更新の気力が無く放置してしまいました。

盆連休中から走り込みのペースを上げて、少し負荷を掛けているため、疲れてます。

3日に2日は走り込み、3日連続の日もありました。すべて10kmの走り込みです。

そして今日の午前中は、距離を伸ばすため20km目標で走りました。
とにかく長距離を走れるゆっくりペースでどこまで行けるか。

走り出しは9時30分。コースは深坂峠を抜けて内日までの往復。予想タイムは20kmなら2時間10分ぐらいか?1時間10kmのペースなら2時間だが、高低差もあるし気温も高い。無理をしなければこのぐらいの時間。

天気は時々日が陰る程度の曇りだったのだが、昼に近づくに連れ快晴。
走り出してすぐ気温より湿度の高さがキツいことに気付きました。汗の量が多い。暑さはあまりキツくはないが汗が蒸発しないでまとわりつく。すぐにシャツが重くなってしまった。

調子は良いです。とにかくペースを落とせるだけ落として走ったので、目標の10km折り返し地点でもう少し行ける感じ。ここで約1km先の交差点で折り返しに変更。

復路で給水を始め、2kmで二口ずつぐらいのペースで給水。帰り着く頃は持っていった500ccがほぼ空。

自宅に近づく頃は気温も上がり更にペースダウン。結局22kmを2時間20分で完走。

そしてこの2週間で100kmを走破!ようやくフルマラソンを走れそうな気がしてきた。

夏の気温が高い時期に走り込むと、秋以降の仕上がりが良いのは経験しているので、今のこの時期のハードトレーニングは外せない。

体温と気温の差が少ないこの時期は、体力の消耗が激しいです。気温が下がると走りやすくなる。体温との差が広がる分、楽になるので、この時期の20kmは秋の30km以上の相当すると感じます。

そのために、夏に20kmを走っておきたかった。今日はようやく達成です。
先程昼寝から目覚めて、体のダメージがあまりヒドくない事を確認。上出来smile

祝杯だbeer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

デジカメ選定、考察

デジカメを買い換え、イヤ買い足しました。
本当は使用中の機種を下取りに出すつもりだったのですが、ニョウボが使い続けるというので温存することになりました。

今使っているものが、ずっと気に入らなくて我慢して使ってきました。
N社製で画質は良いですが、焦点距離とオートフォーカスが不満だったのです。

カタログ上では確か最短で50cmだったと思います。この数値は今の平均的な数値から比べてずいぶん見劣りをする。だが実際はマクロモードでも2mでオートフォーカスが拒否することも多く、シャッターチャンスを逃すこともしばしば。強引にシャッターを切ってもピンボケばかり。
その意味でフォーカスエラーは的確だが、基本性能に不満がある。

この機種は廉価版で、性能に期待して購入したわけではない。
しかし、こうも使えないとなると、買い換えてやる!との思いを募らせていました。けれど、このデジカメはニョウボの知り合いの店でサービスしてもらって購入したものなので、遠慮して即買い替えができず、約2年使ってきました。

画素数は7M。当時の廉価版の中では良い方で、カメラメーカーの製品でだったので、基本性能は問題ないだろうと思って購入を決めただけに残念です。実際に使ってみないと分らない部分でもあり、良い勉強にはなりました。

先週土曜の夕方、地元の祭りに行ったときに、夕焼けが絶景だったので撮ろうとしたが、空を撮るのにオートフォーカスが拒否。これにはニョウボもあきれて買い替えを決意したのでした。

その夜から機種選定に入り、翌朝には2機種に絞り込みました。
ポイントは、コンパクトタイプ。デジイチも良いが、主に使うのはスナップ写真。気軽に持ち運べるサイズであることは重要。
しかし、スタイリッシュな薄型はパス。比較的価格が高いことと、確実にシャッター操作ができるにはある程度の大きさ、重さは必要と考えているから。

同時に、レンズの大きさは感度を左右する。可能な限り大きなレンズを備えることは基本性能を確保する上で重要。デザインを重視し基本性能が疎かになるのは自分の主義に反するので、不恰好でも基本構造を重視。

マクロと光学ズームと広角対応。広角は欲しいが画像を繋げれば補えるので、マクロとズームを重視。今持っているものは近接撮影は不可だったので、買い換えるなら近接撮影ができるものが欲しい。撮りたいアングルができなくて悔しい思いをするのはもうイヤなので。

ズームは手振れ防止が進んだため10倍以上でも使い物になるようになってきた。以前は10倍では手持ち撮影で使い物にならず、必要ないと思っていたが、今は手振れ防止のおかげで倍率が高いほど良い。

もちろんコストパフォーマンスも重視。

これらの条件で浮かんできたのがCANONのPowerShotシリーズの2機種。
このシリーズは画素が2M時代の頃使っていたが、使い勝手に不満はなかった。
時代が進み性能で見劣りをするようになり、更にズームのスイッチが壊れたため現在のものに買い換えたが、そのときの印象は悪くない。

SONYやPANASONICも候補があるが、コストパフォーマンスの点で価格が高いためパス。人気があるのは分るが、性能と価格が見合っているのか疑問がある。そして、カメラメーカーであることが自分としてはポイントが高い。
以前は撮像素子の性能がレンズ性能より下だった。だから撮像素子や半導体の性能を重視していたが、今は半導体の性能が上がりレンズ性能が画質を左右すると思う。だからカメラメーカーを重視。

もちろん一流レンズメーカーとタイアップした製品も魅力的だが、総合力のある国内メーカーとしてCANONは応援したいところ。自分にとって製品を買うのはそのメーカーを応援すること。

絞り込んだ2機種は実際に店頭で見て上位の製品に決定。ポイントは満足度。光学ズーム4倍の下位機種と同12倍の上位機種。それ以外に決定的な違いはない。価格は倍近く違うが、レンズ性能を考えると納得できる。大きさ自体はそんなに大差なく、上位機種が良くできている印象。
そしてもう一つ、今回の経験で廉価版はもう懲り懲り。良いものを買うべき。所詮入門機では自分の要求に応えられないと判断。これは店員からも言われた。

画質に特別な思い入れはない、実用レベルのキレイさがあればよい。その意味では現在の製品はどれでも良い。その中で使い勝手は重要だし、コストパフォーマンスも重視したい。マクロからズームを実現するレンズ性能も、撮りたいアングルを撮るのに必要な要素。
要はコンパクトサイズで最善を尽くした製品が欲しかった。デジイチならば全てを満足させることは可能だが、気軽に取れるコンセプトにはならず、コンパクトは捨てがたい。

色や明るさは後で修正できるが、画素数と歪、感度は編集ではどうにもならない。ここがしっかりしたカメラが欲しい。凝った表現はできなくて良い、見たままが撮れれば良い。それは結局、一眼の性能をコンパクトに求めているのか?impact

機種が決まったところで価格調査。ネットでの価格を確認して近所の電器店を数店巡り、実物をおいていたのが1店のみ。そこの価格はネットの最安値とは比較にならないが、アフターサービスを考えると妥当な価格だが、その店はあまり好きではない店だったのでよく行く電器店で取り寄せ価格を聞いてみると全く同じ価格だった。それってカルテル?coldsweats01

店頭にないのだから価格は掲示していない。価格交渉でもっと安く買える可能性はあったが、それ以上値切る気にもならず、その価格で注文しました。

お盆の期間になるので、取り寄せに最長1週間見て欲しいと言われましたが、昨日入荷の連絡があり、今、手元にあり格闘中ですshine

2M時代の機種が手元にあったので比べてみると、新しいモデルの方が一回りは小さい。あの頃この機種はそんなに大きい印象ではないが、現在の機種と比べるとそうとう大きい。よくこんなものを使っていたな!と言うのが率直な感想。

今まで使っていた機種よりかは大きくはなるが、性能、機能は大幅なグレードアップなので仕方がない。

一通りの機能確認をしてみたが、機能の割には簡単。操作性が洗練されている感じ。

ようやく納得いくカメラが手に入った気がするnotes

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

夏!週末満喫

先週の金曜日夜、BarDeoにて突然ライブを行いました。
マスター退院祝い兼ビール祭りです。
この日は、お店がベルギー産樽生ビールを仕入れて楽しむ、夏恒例イベントです。そしてマスターの復帰から1週間が過ぎましたが、遅ればせながら退院祝いとしての演奏でした。

ビール好きの常連が集い、セルフで樽から自分のグラスに注いで楽しむのですが、20時30分スタートで22時前には打ち止めとなりました。
自分も2杯ほど頂き、堪能しました。ペールエールなのですが、黒ビールの苦みと甘みがあり、かなり褐色のビールで、上手く注ぐとマイクロバブルがいつまでも続く上品なもの。柔らかくしっかりとした味は、日本のビールとはまた違う良さがあります。

この日のセッティングは、いつもウッドを使うところをエレベーにしました。
夏っぽくラテンナンバーを多くするのと、お客さんの入りが多くなることを考慮してコンパクトにするのが狙い。
実はこの店でエレベーはほとんど使ったことが無く、更に新しいアンプとの組み合わせでライブに使うのは初めて、しかも今回はお祝いでもあるので、派手目のルックスのスペクターを使用したため音作りに苦労してしまいましたsweat01

1stはセッティングが決まらず不完全燃焼でしたが、2ndからは気に入る音が出るようになってご機嫌up
楽しいライブとなりましたnote

その翌日は朝から演奏仕事。前日は3時頃就寝のため寝不足気味ですが、ニョウボを仕事に送るついでに家を出たためかなり早い到着。1時間弱車の中で仮眠してから会場入り。

演奏ペアは昨晩に引き続きピアノのけーこさん。お互い「眠いね~gawk」と言いながら演奏開始。事なきを得て帰宅。

自宅に戻る前に、仕事の終わったニョウボを拾って昼食を済ませて帰宅しました。

それが15時頃。それから自分の中で予定していたトレーニングです。
とにかく限界まで走る根性を鍛えるため、トレーニング後の予定を空けられる日を探しており、それがこの日。

気温は30度を超えており、根性を鍛えるにはちょうど良い。食事をしてから1時間経過するのを待って走り出しました。
コースは深坂の森往復。家を出てから6.5km登り続けるきつめのコースです。予定としては頂上を過ぎ、峠を越えて10kmで折り返すつもりでした。

走り出しは順調で、43分で頂上に着き峠の向こう側を目指して下り掛けたとき、足がもつれましたsweat02

おかしい!と思ってとにかく転けないように体勢を取り戻しつつ、縁石に座り込んでみると世界が回ってます。typhoon

寒気がするし、倒れる寸前。いつもは1時間以上走ってから給水するのですが、これはヤバいと思ってとにかく給水してクールダウン。
しばらくすると目眩が治まってきたので、引き返しました。途中も日向になると歩くのがやっと。自分の限界に近いところに来ていることを実感。

それでも、なんとか1時間20分、10kmは走ってニョウボに救出依頼coldsweats01
走る前にニョウボに「こんな暑さの中で走ったら倒れるからやめたら?」と言われていたのに、情けないsad
しかし、そうなることは分かっていても、そんな練習も必要。限界を見るところまで自分を追い込む根性が必要なのだimpact

朦朧として引き返している中、ニョウボが来てくれたときには天使に見えましたheart01

自宅に戻ってシャワーを浴びてからリビングで爆睡。
この日は友好楽団の演奏会がありチケットを持っていましたが、行ける状態ではなくなってしまいました。申し訳ないsweat01

目が覚めると19時過ぎ。ちょうど地元の夏祭りが盛り上がり始めたところで見物に行き、夕食ネタの屋台ものを数点ゲット。自宅に戻って、花火待ちしながらビールで給水。本当に体に染み込むのが分かる。

21時から花火が上がりました!この花火が実は最も楽しみにしている花火かもしれない。自宅の2階からほぼ真正面に上がり、特等席で満喫出来ます。

恒例の夏イベントが進行中。そんな感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

ワープロソフト

公的機関の配布する文書のフォーマットはPDFかWordが多いようだ。

個人的な感覚だが、PDFは許せるが、Wordは許せない。

もっと言えばMicrosoftが許せない。日本ではWordが販売される遙か前から優秀な日本語ワープロがいくつか凌ぎを削っていた。
いつの頃からか抱き合わせ販売的手法でWordを広め、いつしかスタンダードの地位についていた。

漢字変換の性能は、実感として一太郎の変換機能であるATOKの足元にも遠く及ばない、おバカでお粗末な変換機能、こんなワープロは使い物にならない。と本気で思う。

日本語の記述表現に相応しくない、おせっかい機能の山。

何よりも毛唐の輩が作った日本語ワープロが許せない。日本人が作った遙かに優秀なワープロソフトを差し置いて、販売医戦略でくだらないワープロを広めたMicrosoftが許せない。

個人的には一太郎派。だが仕事では仕方なくWord。言っておくが、Wordが苦手なのではない。嫌いなのだ。敢えて言うが、Wordの使いこなしは結構自信がある。でも嫌いなものは嫌い。最近は一太郎もWordっぽい操作方法で非常に残念なのだが、ESCメニューが大好き。

ワープロだけではなく、他にもブラウザーや表計算等、先駆的なソフトを模倣し、その後に我が物顔でMicrosoft名義で売り出す。圧倒的販売力で他のソフトを駆逐する、そのやり方が許せない。

だから本当は使いたくない。個人的にはそんなソフトは買わないできた。これからもその主義で行きたいのだが、そんな歴史を知らない人が多数派になった現在、「なんで持ってないの?」的眼差しもしばしば。

公的機関は完全にやられており、デファクトスタンダード。利用者にMicrosoft製品の購入を強制しているsign03

癒着に間違いないshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

最近の音楽活動

ここ最近、演奏環境が不安定で、不完全燃焼です。

BarDeoの月一ライブは、マスターが2月頃入院して以来、不定期になりました。2ヶ月に一度ぐらいかな?

先週マスターが仕事に復帰されたので、今からはまた元のペースになると思いますが、定期的なライブがなかったので、少し鈍っている感じ。

週末昼の演奏仕事の方は順調ですが、ほとんど同じ曲ばかりなので気合いの入れようも無く、精神的にはテンション維持に努めている感じ。
これはこれでツラい。しかも夏場は回数が減るので暇をもてあまし気味。

ホームバンドはレコーディング中で、それなりに進んではいるが夏なのにライブができない!ありえんし!!
メンバーの都合でライブができる状況にない。だからレコーディングしかすることがない。更に作業的にも満足行く内容に届かず苦戦中。

ブラスバンドはコンクールに出ないので、秋のイベントに向けた練習中。
特別イベントもなく、この夏は惰性進行。

録音の仕事は先々週フルート教室発表会の録音CD作成があり、昨日納品したので一区切り。
以前からCDラベル印刷ソフトの調子が悪く、印刷途中で止まってしまう。途中で止まったものは続きで印刷出来るものでもないので、ロスになる。今回はこれが結構出てしまった。

作業は遅れるしソフトを買い換えることも考えたが、今までのデータが使えないのは困るので、同じソフトメーカー製品を検討しようと思いウェブサイトを確認すると、半年ほど前にこの症状の改善をするアップデートを発見!
かなり前からこの症状はあって、それまでのアップデートで改善しなかったので何かの相性問題と思い込み、それなりの改善策を打ってきたが効果がないためあきらめていた。

ところが、ソフトに原因があったようでアップデートによりあっさり解決coldsweats01
今まで何枚のメディアを無駄にしてきたことか!弁償しろ!
と言っても、プリンタのおまけソフトなので大きな声も出せず、引きこもり状態。

今日は走る気にもならず、ネット通販で届いたケータイ用のmicroSDにひたすら楽曲転送してました。午前中掛かってアルバム40枚ぐらいか?それでもまだ半分以上空いている。happy01

いつもの夏はイベントの出演で毎週のようにどこかで演奏している感じだったのに、今年はインドア傾向。なんか夏っぽくないgawk

暇だから海にでも泳ぎに行くかなcatface
誰か一緒に行かんsign02ってか連れてってnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »