« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月25日 (日)

昨日

実は結婚記念日だったのです。

ところが、先週の演奏会の残務や演奏仕事の予定などでゆっくりとした時間が作れず、なんとか演奏仕事帰りにニョウボとちょっとだけリッチなレストランで食事をするのが精一杯。その上、前日は会社の呑み会で午前中は体調が思わしくなく、午後にようやく持ち直した状態。

演奏仕事の間に、ニョウボは小倉の街を散策して、夜自宅で酒盛りができるようツマミ類の美味しそうなものをゲットしてました。二人で過ごすつもりでした。

ところが、小倉からの帰り道にニョウボの旧友から飲みのお誘い。
行く先は、これも古い友人が経営している、披露宴の二次会でもお世話になった豊前田のスナック。

これも何かのタイミングだろうと言うことで、一旦帰宅した後再び豊前田に繰り出したのです。

店で待ち合わせて盛り上がろうかと言うところで、誘ってきた友人が終電で帰ると言いだした。30分経ってないがcoldsweats01

既に友人は酔ってからの登場。酔っぱらいの我が儘は常。まっいいかcatface

その店は今日に限って友人であるママがいない。その妹のちいママが仕切ってました。

なぜか二人でゆっくり過ごせない、そしてビミョーに期待と違うシチュエーションになる結婚記念日でした。

これは埋め合わせが必要かもgawk

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

森コン

昨日、森コン2009が開催されました。
ISHIN吹奏楽団の定期演奏会です。深坂の森の家で行われる無料の演奏会です。

毎年この時期に行われ、市民館とは違う手作りの演奏会であり、個人的には市民館の使用料の高さに対する反抗精神もあったりしますsmile

アマチュアの演奏会だから極力費用を削りたい。売りさばくのに苦労して自腹を切るチケットノルマに比べれば、個人負担数千円ですむこの演奏会の方が遙かに負担が軽い。その上お客様は無料で楽しめる。
素晴らしい企画だと思っています。

ここ数週間はこの練習のためスケジュールを調整し、頑張ってきました。
こういうイベントはたくさんの人の苦労の結晶です。そして、一番苦労した人が一番楽しめるのです。だからできる限りのことはしたつもりです。楽しみたいですから。

お客様の入りも良く、毎年増えている手応え。100名近く入ったかな?演奏も完璧!とは言い難いですが、まあこんなものでしょう。coldsweats01

短期間に難曲を仕上げるのは限界もあるし、それが出来ればプロになってます。アマチュアだから精一杯でいいんです。

今回も前回同様3部構成で、2部は姉妹バンドぴよぴよ隊のステージ。自分はぴよぴよ隊に貸し出されたため、全てのステージで演奏しました。そして、たぶん森コンとしては初めてフルートのみでの出演。

最近フルートに気合いを入れています。スケジュール的にもタイミングとしてもフルート三昧。ベースは月一程度の演奏です。普段ほとんど練習しないので、bombベースが埃かぶってしまう。

とにかく一大イベントが終わり、盛況で幕を閉じました。打ち上げも盛り上がり、一次会はエキストラ、司会の方も出席で盛り上がり、二次会は指揮者も入れて有志でスナックになだれ込みカラオケ大会。そのうち夜も更けたので解散。その後一人でラーメン食って、ふと、呑み足りないと思い徘徊してみると、ルート66は明かりが点いていたlovely

辿り着いてみると、久しぶりに見た女性客。彼女から声を掛けられ思い出した。外見がまるっきり変わっていたので、最初は気付きませんでしたcoldsweats01

その彼女が高校生の頃から知っている音楽仲間だが、一緒に出ていたイベントが無くなり、結婚もしてから会う機会がほとんど無く、ご無沙汰でした。

結婚して油断したのか?体が膨張しとるぞ!女を捨てるなよ。と話しながらバーボン(だったかな?)を頂き、満足delicious

自分のありのままで愛されてるんだから中身で勝負。と言う彼女。それはそれでも良いが、自分の妻を自信を持って人へ紹介することができない旦那の気持ちはどうよ。自分の妻が「イイ女」の方が良いに決まってるだろうが!と切り返し、女を磨け!とハッパを掛けてやった。

彼女はねブサイクではない。磨けばイイ女になる事ができる。自分ではそれに気付いてないんだな。もったいないcatface

マイミクでもあるバーテンと彼女を説得したのであった。

彼女が先に帰った後音楽談議で盛り上がり、ギターを抱えて3曲ほど弾き語り、気が付けば4時でした。遅くまですみませんヾ(_ _*)ハンセイ・・・

そして今朝、歌いすぎて喉が痛いimpact

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

高級車

高級車に乗る人って、何を考えているのか分からない事がよくある。

国産の高級車に乗る人は、個人的なイメージですがマナーが悪いです。
そんなとき、どうせベンツが買えないから乗ってる可哀想なヤツ。ぐらいに蔑むようにしてます。

自分の車は見た目はそう見えないですが、実は高級セダンと同じぐらいの価格です。高級車を選ぶ人達とは求めるものが違うので、エラそうにしているそんな車を実はバカにしてます。

自分のポリシーとして、狭い道で避けるのは運転技術が上手い方。と決めています。だから高級車は避けません。だって下手だから。

運転が下手でベンツに手が届かない可哀想な人達なんです。ほとんどが。

でも、たまにそうではない、格好良い高級車乗りもいます。こっちが軽なのにバックまでして道を譲ってくれたベンツ。大人の余裕を見せつけられた思いでした。それでこそ車のイメージが上がると言うもの。

国産高級車はイメージ悪いです。ガラが悪いからです。自分が所有することはたぶん無いでしょう。何がよいのか理解出来ない。

毎朝車間を詰めてくる高級ワンボックスも頭悪そうに見えるし、ちょっとテールスライドさせたら着いてこなくなったセルシオとか。飛ばしすぎは危ないでしょう。その車じゃ無理だって。gawk

高級車に乗る人種が分からないthink

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

連休中多忙

この3連休忙しくしてました。演奏仕事のラッシュと、来週の日曜日は所属するISHIN吹奏楽団の定期演奏会。ついでに今週金曜日はBarDeoでのライブと立て続けにイベントがあり、その合間を縫ってマラソンの練習。

金曜日は仕事が終わってから、あるグループの練習。詳しくはまだ紹介出来ませんが、プロジェクトを進行中です。その後に帰宅。

土曜日は演奏仕事が2本とISHIN吹奏楽団の練習。

日曜日は午後からISHIN吹奏楽団の練習と走り込み。

月曜日は演奏仕事1本とニョウボとデートcoldsweats01

大体こんな感じです。
土曜日は本当にバテました。フルートを真剣にこれだけやると精神的にも、肉体的にも結構疲れます。帰宅したときには手首周りに少し痛みが出るほど。翌日曜日の朝、走り込みのつもりだったので、ビール1杯で終了。

そして日曜日、朝起きてみると体調が良くない。木曜日の夜に短時間の高速トレーニングをした影響が残っており、足の筋肉の一部に出ていた筋肉痛が解消していない。長距離トレーニングの予定だったので、それなりに準備してみたが、走れる体調ではないと判断。午前中は様子を見ることにした。

結局体調の悪さは回復しないまま、午後はISHINの練習へ。
体調の悪さから集中力が欠けた状態で、更に精神的な疲労は溜まってしまう。しかし練習から帰宅した後、やはり今日走らねばトレーニングスケジュールが狂ってしまう。と思い直し、目標20kmでゆっくり走ると自分に言い聞かせてスタート。

朝の準備は日中なので乾き対策を考えていたが、走り出す頃は日も沈んでいたため、万が一のケータイだけ持って走りました。
高速トレーニングの影響でしょう。走り出して5kmほどで裏腿に痛みを感じ始めたのですが、ヒドくなったら引き返すつもりで走り続けました。

途中何人もジョギングの人にすれ違ったり追い抜いたり。予めコースを決めてなかったので、時間を見ながら大体の感覚で走りました。

自宅→横野コーナー→垢田の辻交差点→人工島入り口→北バイパス→サンシズカ竹久店→山の田交差点→垢田の辻交差点→稗田大橋→トライアル新下関店→コープ山口→フタタ→綾羅木駅前交差点→安岡漁港→自宅 地図サービスによる距離測定では18.6kmを1時間45分

結構アップダウンの多いコースで体調が万全ではない状態ですが、ほぼ目標タイムで走れました。
帰ってから風呂に入って、食事と軽くビールで爆睡です。

そして月曜日、朝から演奏仕事のため小倉へ。少し足に痛みがあるが、演奏に差し支えるほどではない。もちろんそんなに無理もしていない。演奏を済ませて帰宅。

そこから自宅のモニター機の改造をしました。多少トラブルはあったが無事に完了。その後ニョウボと豊浦リフレッシュパークのコスモス祭りに行って来ました。

例年人の多いイベントなので、少し会場から離れたところに車を止めて500mほど歩いて入場。この連休中唯一のニョウボとのイベントです。ほったらがしで申し訳ないsweat01

出店で昼食。フリーマーケットで物色した後コスモス畑へ。ピークは少し過ぎた感はあるが、満開でキレイでした!

その後、義妹家族に頼まれたものをお宅に持参して合流。一緒に夕食をして帰宅しました。

休んでない連休でしたsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

刑罰

光市の事件など、最近刑法に絡むトピックスをよく見ます。

個人的に思うのですが、死刑は必要です。人を殺した罪。それも被害者に何の落ち度もない場合、やはり死を持って償うべきと思います。

同時に無期懲役ってどうなんだろうと思います。それって一生税金で生かしてやるって事でしょう。老人孤独死より遙かに手厚い介護じゃないですか。

死刑をやめて無期懲役にするなんて言語道断です。税金を使って罪人を一生面倒見るなんてあり得ない。刑務所は自給自足なら問題はないですが、一市民として納得出来ない部分です。

確かに仕事として死刑を執行するのは非常に辛いと思います。ならば、犯人に憎しみのある人が死刑を執行すればよい。刑務官の仕事が辛いので死刑に反対する人もいますが、死刑そのものへの反対とは分けて考えるべきです。

法相が替わると死刑の執行に差があるのも変な話です。法相がどんな主義であろうと事務的に行うべきです。死刑執行をやめたり遅らせるのは職務放棄でしょう。

死刑になる人はそれだけのことをしたからです。冤罪の問題もありますが、それは警察の問題であって死刑制度の是非とは違う。

死刑執行に犯人と断定した警察関係者も立ち会えばよい。自分の仕事に間違いがないなら、自信を持って死刑を執行出来るはず。

たとえ未成年であっても、死刑は有りだと思います。同時に現在の懲役は刑務所に何年はいるかしか選べない。背負った罪に対する罰は罪の種類によって設定されるべきと考えます。

未成年の実名報道の是非が話題になっています。人権や更正の機会を奪うからすべきではないらしいですが、犯人が懲役を終え出所した頃には、もう過去の話でしょう。そうでなければ時効制度と考え方が矛盾します。今実名報道したからと言って、犯人の出所後の更正に影響があるのか?

未成年の時に起こした事件は永久にかばうのは変です。未成年は更正を期待しているからこそ減刑などの措置が執られているのであって、更正が期待出来ないケースまでかばう必要はないです。

光市の事件の場合、死刑か無期懲役は確実。更正する機会なんか無いです。

個人的には死刑より無期懲役を廃止して欲しい。無期強制労働ならアリです。死ぬまで働かせて社会へ貢献させる。そんな罰であって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

相棒

結構道具には拘る方です。マニアですから。smile

何かを購入するとき、下調べを念入りにして候補を絞り込み、価格を調査して納得すれば買う。

但し、これには例外があります。楽器の場合です。

楽器だけは先に予算を決め、試奏して相性が合うものだけを購入します。

いろいろな楽器に手を出してきましたが、購入した中で一番高いものはフルートです。そして2年前に購入した現在の主力楽器です。

このフルートは購入するまでに10年近く掛かりました。それは相性が合うと感じる出会いがなかったからです。購入するまでに試奏した楽器は恐らく20本以上になるでしょう。

購入すると決めてから、国内有名ブランドの中級クラスのものを機会がある事に試奏してみましたが、音に対しての価格に納得出来るものが無く購入に至りませんでした。フルートは相場が高く、どうしても納得出来なかった。

5年ほど前に中級クラスに見切りをつけ、シルバーの最上級クラスに的を絞りましたが、この価格帯では国内有名ブランドしか試奏する機会が無く、良い音ですが自分の欲しい音ではないと感じ購入しませんでした。

そして2年ほど前、知人のフルート講師主催の購入相談会?メインターゲットが私で開催。博多の有名店からめぼしいものを7本だったかな?持ってきてもらい、そのときに今のメインフルートと出会ったのです。

このフルートは世界的には有名なメーカーですが、日本ではあまり使用している人がいません。そしてこの仕様がインラインカバード、C管、Eメカ無し。フルートを知らない方に分かり易く言えば、軽自動車の新車が買える価格帯としては全く人気のない仕様。つまり、誰も購入しない。5年ほど店に在庫してあったらしいです。お店の方は半分冗談で持ってきたらしいです。

ところが、最初に試奏したときから抜群の相性の良さを感じていました!お店の人も勧めませんでしたが、自分の感触と立ち会った人の評価でも一番合うのではないか?と感じ、購入した訳です。

その時に感じた鳴りっぷりの良さ、幅広い音色、何よりも国産ブランドにない存在感。そして自分のために作られたような仕様。不人気仕様ですが、ピンポイントで自分の好みです!

それから2年が経ち、メンテナンスに購入店に持ち込むと、リペアの方が驚くほどの鳴り。でも、この鳴りの良さは試奏したときからこうなると感じてましたnote

この楽器を買ってから、フルートへの取り組みが積極的になり、市民第九への参加。フルートの演奏仕事も増え、レコーディングでも活躍。今まで何となく続けていたフルートですが、人前での演奏の機会が増えたため、少しは練習する気になりsweat01ここ最近では最も長い時間接している楽器です。

最近鳴りも安定期に入ったようで、これ以上鳴りがよくなるようには感じなくなりました。そして増えた仕事のお陰で、購入費の数分の一は既に稼げてますsmile

ようやく相棒と呼べるようになりました。フルートでは生涯で初めての楽器ですshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

ギターアンプ修理

先日一緒に演奏をした方から、ギターアンプの修理依頼を頂きました。

早速症状確認に行き、その場でバラして内部を確認。なんとかなりそうとの感触だったので、持ち帰って修理することにしました。

症状としては、内蔵コンプレッサーの動作が不安定。リバーブの効きが一定でない。ボリュームに関係のないノイズが常にある。

症状を実際に確認して内部の状況を観察すると、案の定、振動で大型部品のハンダが割れていることを確認出来ました。そして一部ハンダ付けが薄いところにクラックらしき影も確認。典型的な経年劣化です。

あまり聞かないメーカーだったのですが、基板の設計や内部構造は良く出来ている印象。エフェクターが本業のメーカーなので基板設計はかなり良い感じです。大きさの割にはパワーがあって、比較的よく使う機能がバランス良くまとめられていて使いやすそうなアンプでした。

但し、ハンダ付けの一部に悪いところがあり、そこの修正と波形、電圧の確認、回路を追いながら動作ブロックを解析しての作業です。

結果、部品としては特に悪いところはなく、部品脱落による電源不安定から来る症状でした。
電源が不安定だったことから回路のバランスがわずかに崩れているところがありましたが、実用には問題なし。少しだけハムノイズがありますが、ギターアンプとしては特に大きなレベルではなく、問題はないでしょう。

今日返却して、修理の結果を確認して頂きました。
スプリングリバーブユニットが故障しているようで、あまりリバーブが掛からないことを除けば、また使えるようにはなりました。

リバーブユニットは後日交換を考えています。只今物色中。
入手次第交換の予定。

一応完了!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

そして復活

ぎっくり腰から10日目の昨日から、走り込み再開です!

土曜日は午前中と夜ブラスの練習。今月18日に演奏会があるのでそれに向けて追い込み中です。
午前中はトラ参加のバンドで。夜はホームバンドで。トラと言っても姉妹バンドで、今回も合同での演奏会。

トラの方は練習スケジュールが合わず、当日以外は2回しか合わせられない。これが2回目。それでもなんとかなりそうなところまで仕上がったので、なんとかなるでしょう!

夜の方は既に疲れがある状態。初めて合わせた曲もあり、疲れがひとしお。

帰ってから癒しの焼酎。ニョウボと酒盛り。黒伊佐錦が空いて、磨千貫でシメ。

日曜の朝爽快な目覚め。よし走ろう!と準備をしていたらニョウボからお達しが・・・。ゆっくりで5kmまででやめること!

そりゃそうだ。普通ならぎっくり腰から10日で長距離が走れる訳はない。しかし、今回は比較的軽かった。集中治療のお陰で3日目には立って演奏していたのだ。10日で走れない訳はないup

20km走る準備をしていたのだが、ニョウボの監視のもと軽装備に変更を余儀なくされ、20kmは断念。

1時間かけて5kmと約束して、深坂茶屋まで往復。結局10kmcoldsweats01
1時間で帰ってきたのでいいだろう。impact

でその後、午後からホームバンドのブラス練習に行き、夜は爆睡ですsleepy

今朝少し疲れはあるが痛みはなく、で今日も10km走りました。

間違いなく回復してますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »