« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月28日 (月)

音楽漬け

この週末は雨ばっか。その中で音楽漬けの日々でした。

金曜日の夜は貯まっていた録音の整理。録音メディアからHDDへ整音しながらファイリング。一月前の録音をようやくCD化して、クライアント(超身内)に引き渡し。本当にお待たせしてしまったsweat01

3ヶ月ぐらい録りっぱだったので、結構時間が掛かってしまった。
なかなかきちんと取り組む時間が取れずに、ここまで引っ張ってしまいました。申し訳ない・・・。

実作業は3時間ほど。終わったとたんに記憶がないsleepy

朝は普段通りに起きてニョウボを職場へ送り、とある手続きのため待ち合わせ。1時間ほどでこれも終了。

自宅に戻って走りたかったが雨は止む気配なし。昼までフテ寝。

午後からは小倉で仕事。車で向かったが、関門トンネルは事故で通行止めになっていた。ランプが渋滞で動かないのを寸前で交わして高速へ。ここはキリで速度が上がらず。結局早めに出たが現地にはあまり余裕のない時間で到着。

いつも通りに仕事を終え、一旦帰宅。そして夜のブラス練習へ。

翌日の合同練習に向けて初見三昧の時間。フルートのつもりで貰っていた譜面をベースにチェンジ!ベースでの参加要請があったためです。coldsweats01

一通りの仮合奏をやって帰宅。ウチで夕飯食べてビールを一本空けた直後に、呑み友達からの呼び出し。豊前田に23:50到着run

そこから2時過ぎまで呑んで帰宅。風呂入って爆睡。

翌朝は爽やかに目覚め。ブランチ後、夜のライブに向けた準備。その後に午後出勤でブラスの合同練習に合流。

更に追加された譜面に翻弄されながらソコソコの手応えを感じたので練習早退。遅刻で早退だから情けないと思われたであろう。
しかし、ライブの方が先に予定があったのだから勘弁してくれsign01

一旦自宅の戻り、機材と車と服装をチェンジ。ニョウボも引き連れてライブへ!

雨の中来て頂いた貴重なお客様に感謝ですsign03

2ステージをこなして燃え尽きましたgawk

ライブはジャズのスタンダードを中心にギター+ベースのデュオ&数曲女性ボーカルの組み合わせ。

曲によってベースとフルートの持ち替えで、変化のあるステージになるようにしました。

演奏の方は少し不調。疲れていたのが最大原因です。
店の空調が止まっていたのか、湿気が多くネックが湿気で張り付く感じで思うように左手のポジションが決まらない。フルートもすぐツバが溜まり不発も幾つか・・・。それでも暖かく聞いて頂き感謝ですshine

本当にありがとうございました。

自宅に戻った後は秒殺でしたsleepy

今日はまだ疲れが取れていない。過密スケジュールが堪えるな~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

初心者指導

最近いろいろなところで初心者指導を頼まれます。

実際は自分があまり教わった経験がないため、何から教えたものか悩みながらですが、フルートの場合他の楽器と大きく違うのがアンブシュアの重要性かなと感じているので、まずはここから徹底的に教えることにしています。

フルートは、他の管楽器が管の中に全ての息を吹き込むのに対して、半分だけです。もう半分は管の外に逃げます。

このためロングトーンが厳しい楽器なのですが、優雅に吹く姿を想像して女性的なイメージを持っている人が大半。実は男性でも酸欠になりやすい苦しい楽器です。

息が外へ逃げるだけでなく、吹き込むときの抵抗は、楽器ではなく自分の口で作ります。音が鳴っている状態はある程度の圧力が掛かった状態でもあり、抵抗の大きい楽器は高い圧力を作りやすく、少量の息でも鳴らせる傾向にあります。

ところがフルートは半分は外へ息が逃げるのですから、楽器の抵抗はあまりありません。そこで自分の口の形、アンブシュアが大きな意味を持つのです。

どの楽器でもそうですが、マウスピースだけでキレイな音を鳴らせるかが音質の重要ポイントです。その重要な部分がほぼ自分の口の形だけで決まってしまうのだから、ここをキチンとマスターしなければ良い音にはならない。

しかも、フルートは最初に鳴らすコツを掴むまでが大変なので、苦労して掴んだコツが正しくないものであると、後の修正が大変なのです。

だから最初が肝心。

既に自分のところに来るまでに、正しくない癖を付けてしまっている人も多く、修正に苦労する人も中にはいます。

フルートは最初が肝心。二度書きました。(^^)

自分が修正に苦労したので、出来れば最初から正しいアンブシュアを身につけて頂きたい。

そんな思い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

演奏活動

最近の演奏活動についてほとんどアップしていないので、少しだけcoldsweats01

実は昨日、下関市の定期演奏会というイベントに出演してきました。

市内の学校のクラブや市民団体の合同演奏会です。
朝から市民館のステージを入れ替わり立ち替わりで、2曲ずつ演奏して披露するイベントです。

これにISHIN吹奏楽団で出演してきました。

このイベント自体は初めてではないが、今回初の試みとして、フルートとエレキベースで1曲ずつ演奏するパートチェンジをやってのけた訳ですsweat02

こんなコトするのは誰もいないだろう。絶対目立ってやるsign01
みたいなノリですけど、曲が決まって楽譜を見たときにこの曲はベースやりたくて、もう一曲はフルートが外せなくてこんな成り行きになったのです。

今回はワガママを通させて頂きましたbearing

ワガママを言った以上、失敗は出来ません。
演奏自体は特に大きなトラブルはなく、気になったのは音量が出過ぎだったかな?と言うことだけ。
リハもないし、PAが居る訳でもないし、勘だけが頼りのセッティング。

ステージに上がってわずかな時間でフルートとベースの準備、曲間の移動、撤収。いろいろな方の協力もあって無事に滞りなく終えることが出来ましたshine

その後打ち上げで弾けて歌いすぎkaraoke
今日一日声が変shock

そして次のイベントup

清末にあるケーキ屋さん「アンシャーリー」でライブです。

http://www.sizen-anne.com/

6月27日19時よりジャズ中心のインスト+女性ヴォーカルものを予定しています。

前回やったインストデュオが好評だったため、お店からオファーを頂き早いペースでの2回目の運びとなりました。

ここのケーキは自然派で優しい味わいです。個人的にも時々買いに来てるオススメのお店。

お誘い合わせの上お越しくださいshine

そして来月は7月8日19時より、萩の「指月茶寮」でサックス+ピアノ+ベースの変則トリオによるジャズライブ。

7月16日21時より、唐戸「BarDeo」で同じトリオでのライブが決定ですsign03

こちらもよろしくhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

ソーラー発電

家庭用ソーラー発電システム。結構高い価格で販売されています。新車と同等程度。なぜこんなに高いのか?

ソーラー発電システムは現状ではエコにならない。その事実の裏付けがこの価格だと考えます。その理由を解説します。

ソーラー発電システムの心臓部は太陽電池。これは太陽光に限らず、光エネルギーを電気エネルギーに変換するが、変換することのできる光の波長(色)は決まっており、可視光全ての光を変換できるわけではない。

つまり、変換できずに捨てている光エネルギーも多く、理論上の限界は35%程度だったと思う。

現在市販されているソーラーパネルの変換効率は10%程度。効率の高いものは価格も高いし寿命が短く、実用としてはまだ厳しい。

原材料に特別高いものは無い。
鉄系、アルミ系、銅系の金属と、シリコンと、僅かなレアアース、レアメタルそしてプラスチック。

システムはソーラーパネルとパワーコンディショナに分かれるが、後者は10万円も掛ければ十分だろう。主要部品はインバーターエアコンと大差ない。

ソーラーパネルが高いわけだが、太陽電池本体以外は特殊な材料は無い。大きさから考えてこれも20万円で十分。

コストのほとんどは太陽電池本体になるわけだが、その主材料はシリコン。地球を構成する主成分の一つで、埋蔵量は豊富にある。なぜ、これが高いのか。

シリコンを半導体部品に加工する工程は、ほぼ無人で機械が製品にまで仕上げてくれる。人の手が加わると、分子レベルの純度が必要な半導体製品は汚染され、製品の質が低下する。このため人が直接製品に触れることなく製造される。よって人件費は高くない。
大量生産が確立しているため、安く購入できるはず。

太陽電池が高い原因はシリコンの使用量にある。
パソコンやデジタルテレビなどに使用される最新デジタル機器でも、その半導体の使用量は、多いものでも一台あたり手のひらサイズ。半導体は小さくても高機能を実現できるため、極力小さく作り、使用量が少なくてすむ。

ところが太陽電池は、その高機能な材料の特性の一部である光電変換だけを利用するが、それほど効率も高くないため、実用的な能力を確保するためには大量の半導体を必要とする。
実にもったいない。

半導体に使用するシリコンは高純度が必要。鉱石から生成して単結晶にするまでに、膨大な電力を消費して作成される。その過程はシリコンを溶かして不純物を取り除くのだが、このときの温度は千度以上。シリコンに、分子レベルの不純物を混入させることなくこの温度まで加熱するには、電力以外の方法はない。ここで消費されるエネルギー代がシリコンの価格の大部分だといっても過言ではない。

約150万円の電力を消費して作成された太陽電池で電力を生み出すムダ、矛盾。そんなものを補助金で推進する政治のセンスの無さ。
それをエコだと宣伝するメディアの浅はかさ。鵜呑みにして購入する消費者の不勉強。

150万円で灯油は何年分買えるでしょうか?電力は半分以上のエネルギーをムダに捨てて供給される、効率の悪いエネルギーです。同じ価格の灯油を買って暖房する方がはるかにエコ。

本当に地球を大切にする気はあるのか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »