« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月17日 (日)

公務員給与

京都市が公開して、民間との差が大きいので改善を検討するようだが、そもそも同業種が民間にあるなら、公務員のする仕事ではないので即刻民間に委託するべき。

公務員の仕事は、利益が出ないが社会システム上必要な仕事に限られるハズ。同業種があるなら民業圧迫に他ならない。

その上で給料が1.4倍も高いなんて、あり得ない!

公務員の仕事は利益が出ない仕事なのだから、その給与は平均以下で十分だ!平均を保とうとするな。代わりに安定と手厚い補償があるじゃないか!倒産するリスクがない分、低い給与水準でなければ民間と比較して不公平極まりないthunder

しかもその給与は税金だぞ!民間が必死に稼いだ金を搾取して必要以上に配分してるのだから、少しは控えめにしろ!

民間が稼がなければ、給与の財源もない。民間が死にかけているのに、公務員の給与が下がらないなんておかしいだろうが!

財源がないから税金を上げるなんて大間違いだ。財源がないなら出費も抑える。全ての費用は最終的には人件費だ。給与をカットすることが一番効果的で経済原理として正しい。

そんなことも分からないなら政治家は辞めるべきだし、できないなら大した手腕でもない。

阿久根市長の件は応援してます。
議会が、自分たちの給与を下げる法案を通すとは思えない。
多少やりすぎの感はあるが、自浄作用が期待出来ない役所人事では過激さも必要だろう。民間の感覚を持った期待の人材だと思う。
20億円の税収の内、17億円が人件費の事実。民間ならあり得ない。

ぬるま湯な人事と給与。民間同様の厳しさが公務員にないから税金の無駄遣いに他ならない。

民間は怒ってるんだぞthunderbombrock

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

車復活

インプレッサの修理が終わって、帰ってきましたsign03

結局一週間ほどの入院。変速機の分解修理とクラッチ交換です。

シフトリングが時々下がらない症状だったので、こんなに大事になるとはあまり考えていませんでした。

不具合症状の原因がギアケース内部だったので、修理するには分解せざるを得ず、ついでにクラッチ交換もしてしまおうとお願いしたので長期入院になりました。

修理が終わって、ディーラーの工場長から写真付きで内容の説明があり、このタイミングでやって良かったのが率直な感想です。

不具合原因はプランジャの作動不具合で経年故障。交換することで完治しました。操作方法に問題がある訳でもないとのことで、単純に摩耗故障の類です。

良かったのは、変速機の内部点検とクリーニングが出来たこと。
スバル入魂の6MT。今の時代に6MTを新規開発する心意気sign03
ラリーで勝つために、本気で造り上げた芸術品のような変速機の中を拝めるなんて、それを所有する身としてはありがたい機会。

クリーニング前後のビフォーアフターを見せられ、ピカピカになったギアに顔がゆるむのは技術屋の性lovely

点検の結果、全く問題ないとの太鼓判note決して手加減していない運転だが、さすが十分な強度を確保した新設計の変速機であるshine

分解前の見積もりで、交換を予定していた部品の一部は予想より状態が良いため交換不要となり、見積額よりも安く上がりました。

そしてクラッチ交換。現在12万km弱。公称280馬力を支えるクラッチは、純正とは云え強化クラッチのような側面もあり、ライフ的には短くても仕方がない。一般的に10万kmで交換すべきものと思う。

今回は、これから先モータースポーツに使うことはないだろうから、純正部品をチョイスしました。

カーボンクラッチを狙っていたのですが、予算的なものと、純正の使用感や信頼性に不満がない事を考え、20万kmまでは乗ると仮定して間違いなく一度はクラッチ交換が必要で、ここで交換すれば、まず安心して20万kmまでは乗れる。その期待もあって、純正なら間違いない。

ディスクとカバーを交換して貰いました。見積金額を見てディスクだけかと思ったらカバーも入っていたsign01
純正部品はリーズナブルであるsmile

交換したディスクの状態を見てもらったところ、後2~3万kmは使える状態であることが判明sign01て、ことは15万km使えたup

変速機の状態とクラッチの状態から、自分の運転方法が車にやさしい運転方法だと確信scissors
同乗者と環境にやさしくないだけだなcoldsweats01
それと、タイヤには厳しいかもcatface

帰ってきた車の状態は、当たり前だがすこぶる良いshine
シフトレバーもクラッチペダルも軽くなった。ビックリして工場長に聞いたが、特に何もしていないので新車の状態だと思いますとのこと。

シフトレバーは、新車の渋さとは全く違う。完全に当たりが付いてスコスコ入る。クリーニングによって滑らかな作動になっているので、未だかつて無い小気味よいフィーリング。あまりの気持ちよさに鼻歌が出てしまうnote
やっぱり芸術品だよ、このメカはlovely

クラッチは3割軽くなった感じ。これは交換によって新車のフィーリングなのかなsign02

ディーラーのご厚意で、クラッチ交換ぐらいの費用で修理と変速機のオーバーホールまでして頂きましたshine

本当に感謝ですsign03

気持ちいいup

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

雑記

とりとめもなく近況。

先週の木曜日に、マラソントレーニングで足を痛めてしまったdown

5kmほど走ったところで足に違和感。少し痛みを感じながら10km走りきってみると激痛。翌日足を引きずり仕事。土曜日に整骨院で修理。

フォームの乱れと過負荷が原因らしいとのこと。確かに後一月に本番が迫った今、少しペースを上げているのは事実。少し無理したのかな?

今は痛みも治まっているので、明日からまた少しずつ走るつもり。

先日ワンセグ付きのGPSレーダーを購入したが、父が同じものが欲しいとのこと。ネットで注文したが、既に生産終了品のため2店舗でキャンセルされて、3店舗目でようやく購入できました。

欠品なら、注文出来るようにして置くなよ!annoy

今日ようやく届いて、実家の車に装着。喜んでいたので良かった良かったnote

アンプの修理依頼が一件。

ヴォーカルやエレピなどのPA機材で4chミキサーアンプ。使用中に音が突然小さくなったりするなどの症状とのこと。

問診の結果ボリュームのガリを疑ったが、診察してみるとボリュームに異常はない。

更に問診を重ね、パワー系統それも電源らしい事に絞り込んで基板を観察。すると電源コネクタ部分にハンダクラックを発見。

症状と不具合箇所が一致するため、ほぼ間違いはないと思われるため、ハンダ付けをし直し、その他気になるところも修正して返却。とりあえず様子見です。

このアンプ。結構安い価格で売られているようだけど、部品や設計には大きな問題はない。但し、製造過程は雑さが目立つ。コネクタの差し込みが甘かったり、接着剤の処理が汚かったり、基板が傾いていたり、フラックス処理が中途半端だったりする。

素性は良い設計なので、手を入れてやれば問題はない。安い割には良く出来ている印象でした。

1時間かからないぐらいで修理は完了。一週間預かるつもりが、即納でしたshine

愛車インプレッサが入院中。ちょっと長引いてます。

事の発端はシフトリングが下がらない事がある症状。
6MTなのでバックの誤切り替えを防止するためにシフトレバーにリングがあって、バックはそれを引き上げながら入れる。

どうも、前日に車庫入れしたときにリングが上がったままで朝一起きている。少し走ると解消する。

うすうすは気付いてました。少し走ると解消すると言うことは、メカが暖まると状況が変わると言うことで、メカ内部に起因している可能性が高い。

案の定というか、想定される最悪に近い状況で、ミッション分解修理です。shock

ついでにクラッチ交換も合わせてやって貰うことにしたので、長期入院は仕方がないところ。

8年目12万km弱。故障は何があっても不思議ではない。

早く帰ってこないかな~shine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »