« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月26日 (月)

名陵中演奏会

お疲れ様でした!
昨日無事に演奏会を終えました。

エキストラの要請があったのが6月頃だったか、仕切りのM氏から熱いオファーを頂き、それなりに練習にも参加してきました。
この演奏会は現役とOB合同の演奏会で、特にOBの方々はそれぞれの思いもあって調整が難航しており、事務局の調整不足は否めない状態でした。

それは思いの深さの裏返しでもあるので、悪いことではない。
上手く調整されることを期待していましたが、そこは少し残念な結果となってしまいました。

自分の役回りはOBではなく、人材補強のエキストラ。
演奏力の底上げに貢献することが目的なので、現役の指導も含みます。

現役の中学生が本当によく練習をして頑張りました!
数週に一度程度練習に参加して、その度に現役にポイント指導をしたのですが、行く度に上達しているのが分る。
最初に行ったときとは雲泥の差。

今まで指導してもらう機会がなく、先輩直伝の奏法で正しいとは言えない状態だったのをフォーム、アンブシュアを直し、ソロ演奏のポイント指導などを施しました。
イメージした以上の演奏は出来ないので、完成度の高いイメージを持つことは重要。
実際に目の前でデモ演奏をすることで、音のイメージをより高い次元にする。

基本にあるのは濁りのないクリア且つ厚みのある音質と、音色の変化による表現力。
誰が聴いても単純に綺麗だと感じる音。

それだけではないことも。
曲によっては大胆に音色を変え、ハスキーな発音で柔らかな印象や、オーバーブロウによる強い表現、突き刺さるようなメタリックな高音も必要。
フルートが出せる音色の限界まで使いこなすことが、幅広い表現力を生み出す。

どこまで伝わったかは分らないが、目の前でそんな音を実体験するのは、きっと良い経験になったはず。
フルートのイメージとしては、清く正しく美しくである。
そして、時に強くカッコよく演奏する。
それを目指すことを覚えて実践して欲しい。

指導に同席していたOBから、打ち上げのときに、愛のある指導で感動したと言われましたcoldsweats01

今回はエキストラでの参加なので、普通は演奏の重要な部分も担当して仕事をきっちりやるところですが、この演奏会の主役は現役生。
だから自分がソロを吹くのではなくて、できる限り現役生にさせて、その指導を中心にして、ソロの表現方法など直伝です。
それでもアレンジとパート分担の都合で、1曲だけソロを吹くことにしました。

そして迎えた本番前日のゲネプロ。
遠方のOBが合奏初参加。
現役が一生懸命練習したソロを当然のように奪った。

さすがに頭にきたthunder
OBに話を聞くと、その曲は今回の演奏会の重要なゲストである歴代の先生のときに演奏した曲であり、この曲を演奏するために参加するのだから当然とのこと。

そんな話は聞いていない。
今まで練習をしてきた現役生の気持ちを考えてくれ。
とだけ返した。

元を正せば事務局の調整不足。現役生はもちろん、OBの方にも非はない。

結局現役に任せることで決着したのだが、打ち上げにはその方は来なかった。
その方だけではなく、拗れていた世代のOBが一人も来ていない。
それも大人気ないというか、もう少し時間を掛ければ円満な解決方法もあったと思う。

演奏自体は大きな事故もなく、打ち上げも楽しみました。

観客には想定外の知人も来ていて、演奏者リストに名前があったのを見て期待してくれたようです。
演奏後の評判も良かったし、大したソロではないのに演奏者からもお褒めの言葉を頂き恐縮です。
お陰で打ち上げでは熟女に取り囲まれ、先輩OBに意見した件でも、男気を見せてもらったなど褒め称えられ、嬉しいけれど、どこか喜びきれない微妙な心理状態で呑みすぎたようです。

もしかして、次回があれば呼ばれるのだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

この秋、多忙

最近ブログの更新をサボってるというか、元々週一ぐらいなのが月2ぐらいになってしまってます。

原因は忙しいため。
言い訳ですけどねdespair

この秋は、特に音楽活動が忙しい。
tomo&futaライブを筆頭に、所属のブラスバンドのコンサート、エキストラでブラスバンド2団体。ベンチャーズバンドと、以前レコーディング協力した弾き語りのオネ~さんからのオファーもあり、加えて自身のホームバンドのレコーディング追い込み。更に加えてバーでの定期ライブ。
もう一つ、ウェディング系の仕事もちらほら。
忘れてはイケナイ。録音仕事も1件あった!

自分の出演をあまり宣伝していないのは、キリがないためと、あまり宣伝効果が見えないのでココに載せるのを止めているだけで、音楽活動を制限しているわけではないです。

これを秋から年末までに、隔週で本番を迎えるスケジュール。
半分ぐらいのイベントは、これに週一程度の練習スケジュールが伴う。

このスケジュールの合間を縫って、マラソントレーニング。

書きたいことは山ほどあるが、つぶやく暇もない。

それで今日は疲れが溜まっているのか、この土日は多分今年最後の本番予定無しにも関わらず、気が済むまで寝て、ようやく夕方に走り込みをするのが精一杯の状況。

関係者の方々には御迷惑をお掛けすることもあるかもしれないですが、このような状況ですので、温かく見守ってやってくださいませsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »