« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月21日 (水)

突然スマホ

散々このブログでスマホの文句を言ってきましたが、ほんとに突然スマホに変えました。

事の発端は、ケータイのボタンが一箇所、反応が悪いので修理の相談にドコモショップに立ち寄ったところからです。
修理には1~2週間ケータイを預けなければならない。
その間は無償で代替機をお貸ししますとのことだったが、車のホルダーをその間代替機に合わせる手間や、ハンズフリーの最適化等々考えなければならない。
しかも修理の手数料が掛かるのと、症状によっては実費も発生する。
どう対応するのが最適か考えていると、別の話ですが今の料金プランを変更されれば月々約2千円安くなりますと、店員が教えてくれた。

年間2万円以上の話である。それは一大事!
話を聞いてみると、料金プランを変更するには新機種へ機種変更してくれとのこと。

修理でも費用と手間が発生する。ならば機種変更も視野に入れても良いだろう。
今の機種に特別思い入れがあるわけではないが、使い勝手は悪くないので、変更の手間を考えれば、使い続けていくことに不満はなかった。

うすうすテザリングの環境は整えたいな。と考えてはいたが、対応の機種が安くなった頃に考えよう。程度のつもりだった。
それが突然新機種を検討することになったので、それは機種選定の必須条件になる。

そうなると、従来型のケータイは上位機種となるため価格も高い。
スマホは全機種対応。機種の価格帯は、どちらを選んでもあまり差はない。

ところが、料金プランを比べると全く異なる。
スマホ限定の割引プランがあり、更に同時契約すると割引が拡大するサービスがあり、見かけ上の価格が1万円を切る!
もちろん月々の支払額が上がるので、実質は半額程度になる。
従来型は3割引止まりなので、費用負担がかなり違う。
そんなにスマホを売りたいか!

それに反抗して高い費用を払っても何の得にもならないので、スマホにしました。
世の中がこれからスマホに展開していくなら、文句を言って従来型に固執しても仕方がない。
早いところ使いこなして、欠点をカバーする方法を開拓するほうが得策。

心配事は使い勝手。特に車内での音声操作が重要ポイントと考えているので、これは試してみないと分らない。
それ以外のことは、既に所有しているAndroidパソコンでアプリ環境は把握しているので、育てれば何とかなりそうな感触はある。
あとはホルダーやら接続ケーブル類の買い替え。外形もコネクタも全く違うので全部買い替え。

土曜日の開店まもなく相談に行き、新機種情報を集めて店を出たのが昼前。
そのときは従来型ケータイを優先するつもりだった。
昼過ぎにもう一度店にスマホ価格の確認に行き、自宅で検討した結果、スマホの2機種に絞り込んだ。

そして夕方、3度目の来店で、希望機種の一方の在庫があったので、それで機種変更の契約。
前日には全く考えていなかったが、一気にスマホへ変更しました。

お店での引き渡し前に、必要なアカウントをその場で登録するので1時間半ぐらい掛かったかな?
お陰ですぐに使える状態での引き渡しでしたが、パスワードを他人に伝えることになるので、多少の不安はある。

プリインストールの機能を調べて、追加したいアプリを追加インストールして、アプリの使い方を確認するなどで夜も更けてしまいました。

翌日曜日、朝から車載検討。コネクタやらケーブル長等々、使用中のもの在庫のもの、新規購入するパーツなどをリストアップ。
数店回って、実際に売られている商品を見て再構築。

音声は有線かBluetoothか、充電は専用ホルダーかコネクタかなど、接続方式はいろいろ考えられます。
結局、接続に手間は掛かるが、全てコネクタ接続にしました。
圧倒的に安いからです。

毎日1時間車に乗る生活なので、車内で充電する環境は日常的に必要。
これはコネクタで接続しないと、今のところ成り立たない。
当たり前だが、Bluetoothは何らかのバッテリーが要る機種ばかりで、それは避けたい。
なので、手間だけどコネクタで接続することにしました。

接続する音声ケーブルは、手持ちのものや一般的に売られている普及品と高級品は手持ち部分の外形が大きくケータイに挿さらない。
ケータイはスリムなコネクタを想定しているようで、安物も高級品も合わず、電気店やカーショップ、ケータイショップでも合うものが購入できなかった。
そこで行って見た100円ショップ。ベストな形状のものが100円で販売されている!

充電のためのUSB-microUSBケーブルも100円だった!
実際に購入したものは、長さの都合で2本組み合わせで200円でしたが、電気店や純正品で揃えれば5倍以上掛かってしまう。

普及品のケーブル1本の費用で、車2台分の接続ケーブルが揃いました(爆)
すぐに断線するかもしれないが、使い捨てるつもりでも安く済む。
今までは品質に疑いを持っていたので避けていたが、とりあえず今回はこれで、100円ショップ製品の実力を評価してみよう!

そして、車載時のホルダー。外形が大きく変わったので、今のホルダーはそのままでは無理がある。
今までは、一般的に売られている回転クレードルに、純正の寝せるタイプの卓上ホルダーを挟ませて使っていました。
この卓上ホルダーは専用品なので、当然着脱感が非常に良い。

同じ方法を考えていたが、純正の卓上ホルダーは立てるタイプで、しかもセットすると下のボタンが隠れてしまい操作不能。
充電しか考えていないので今回の目的には合わない。
もちろん充電用としては良いデザイン。放り込むだけで充電ができる設計なので、これが使えないのは残念なところ。

回転するのは便利なので活かしたいが、コネクタが上部についていて、接続するときに下に向かって押す方向に力をかける。
このとき下を支えるストッパーがないと不便なのだが、回転タイプは上下の支えがなく左右を挟むだけのものが多い。
更に背面を支える面積が少ないので、画面の端をタッチすると支えがなく、ずれて不安定。
そもそもスマホに最適ではない。

希望に合うものを探して見たが、品薄で高い。
そこで、回転クレードルの回転機構は活かして、挟みこむ部分だけ別のホルダーに交換することで解決した。

新しく購入するホルダーは、挟み込む部分がスマホに最適で、下を支える構造ならば良いので、ポケットタイプの安いものを買いました。
自宅に持ち帰って改造してみたところ、合体は両面テープで難なく希望の形状になりました。

次は本体の保護グッズ。
画面保護シートとジャケットのセット品を購入しました。

実は本体の色が緑か黒を購入するつもりだったが、希望は緑8割な感じ。
ところが在庫は黒だったので、まあいいか、それも縁。と思っていました。

なんとなく気が晴れない感じだったのが、ジャケットの色を選べば良いことに気が付いた。
そこで見つけたモスグリーンのジャケットが気に入ったのでこれを購入しました。

素材はメタルっぽいけどエラストマー系の樹脂だと思います。
金属だと電波に影響するのでありえない。
シリコン製も考えたが、車のホルダーに装着するときに不安定になることを避けるため、比較的ハードな材質にしました。
気に入らなければ買い換えれば良いので、深くは考えていないです。

実際に装着してみると予想していたよりいい感じ。
手触りがしっとりしていて、好感触です。
残念なのが、ジャケットによって外形が僅かに大きくなってしまったために充電スタンドに入らなくなってしまった。
これで充電スタンドは不要物。

但し画面の保護シートは少し不満。
付属のシートを張ったが、画面の端にほんの僅か段差があるようで、そこの空気が抜けない。
何度かチャレンジしたものの、諦めました。
粘着材の種類によっては上手く貼れる物があると思いますが、今回の購入品はイマイチ。

だと思って1日経って見てみると、きれいに空気が抜けていた!
何でか分らないが、きれいに貼れているので満足です。

次に音楽ケータイとしての環境整備。
接続は問題ないので音楽ファイルをダウンロードさせればよい。
それが大きな勘違いで、単純にUSBでパソコンに接続すればよいものを接続しても反応がないので、いろいろなツールをダウンロードして試してみたが上手く行かなかった。

原因はXPパソコンでは上手く行かないことと、充電専用ケーブルをデータ転送ケーブルと勘違いしていたことによって、認識しない、書き込めないなどの症状で悩んでしまった。
Win7でデータ転送ケーブルの組み合わせにしていなかったことが敗因です。
但し、今まではSDオーディオだった環境をWMPに変更しないといけない。
結構大変な作業が待っている(汗)

使える環境が整ってきた今、やはり懸念のあった音声認識はイマイチです。
車内は走行時のノイズが多くて使い物にならない。
音声認識エンジンはGoogle製なので、これの改良を望みます。

その他はほぼ好感触ですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

安倍元首相懇親会

これを書いても良いかは分からないが、特別口止めもされていないので、アップします。

金曜日の夜、安倍元首相との懇親会に行って来ました。

他に書きようがないので懇親会としますが、中身は元首相を囲んで、バーで呑みながらぶっちゃけ討論会をしよう!との主旨。

飲み代は自腹なので、政治的癒着は何もありません。shine

たまに開催しているらしく、今回はその店のママの人選で声が掛かったのです。
庶民の声を聞くために議員も努力している。と言うことにしておこう。

行ってみれば常連ばかりとはいえ、しっかりしたお仕事の方ばかり。
この店の客層がハイソな方が多いので、その中でも選りすぐりになると当然そんな人選になってしまう。

多分自分が最も庶民な部類。
なので、小市民を勝手に代表して、税金、医療、介護、年金、就業の不満をぶつけました。

他の方は金融、外交、マニアックな自衛隊ネタ等々でしたが、それを聞いているウチにテレビのニュースの域を出ないことに気が付いたので、もっと生活に直結した視点から話が聞きたくなった。

さすがに元首相!どんな話題に持っていっても、それなりに掘り下げた回答が返ってくる。豊富な情報量とユーモアも織り交ぜ、飽きさせない。ついでにマイペースに話題を持っていって、当たり障りのないところで話を帰着させる。

しかし、公務員がするべき仕事を民間がやり、その逆もある現状に対して税金の無駄遣いだろ!と突っ込むと、痛いところを突いたようで、歯切れが悪くなった。

社会の仕組みそのものが捻れているのに、金と権力がまかり通る。
そんなことだから政治不信だし、自分の老後のビジョンが明確に描けず不安があるのは、政治家の仕事の成果として不十分だからじゃないのか?そんな社会を作り上げたのは自民党だろ?

そんな感じで攻めた訳です。気が付けば2時間以上そんな話題で盛り上がっていて、充実した時間でした。

安倍議員はあまり酒は強くないようで、最初のグラスをずっと抱えてました。

普段感じている政治への不満をぶつける機会が持てて、満足である。

その夜は飲み過ぎてしまい、翌日は昼まで二日酔い。
決して悪い酒ではなく美味しかったので、ただ飲み過ぎた。グラスで言えば8杯かな?結構な額になりましたsweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

ヴォーカル

歌うの好きです。
音楽を始めたきっかけは、歌いたかったからギターの弾き語り。

バンドを始めてからはギターやベースのおもしろさに目覚め、楽器の腕を磨くことに重きを置いていたけど、歌うことはこっそりやっていた。happy01
高校時代のほんの一時期ヴォーカルとして活動した時期もあったけど、遙か昔のこと。

今は呑みに行ってカラオケで歌うのが楽しみの一つ。
思いっきり歌うのがストレス解消に効果的。
仕事終わりの車の中でも、結構歌ってはいるがsweat01

アマチュアレベルでは上手い方。程度の自信はあるけれど、ヴォーカリストと呼ばれる人たちを間近で見てきて、比べればやっぱり自分にはバンドを統率するオーラはない。
気の利いたMCも出来ない。
だから、ヴォーカルに真剣に取り組むことは無かった。

バックバンドのほうが気が楽だ。
演奏に集中できる。

しかしここ最近は、自分の歌を知っている人たちから結構煽てられ、「ヴォーカルやったらいいじゃん、もったいない!」と言われる。
行きつけの店のママや常連客からも「ヴォーカルじゃなかったの?」「そんだけ歌えたら、俺なら人生変えてる(笑)」などと冗談なんだか分らない言葉も掛けられる。
このママは元プロ歌手で、歌の採点は手厳しいが、一応免許皆伝だそうだsun

先日、たまたまこの店に顔見知りのベーシストが呑みに来ていた。
カラオケを聴かれたあとに、この方からヴォーカリストとしてスカウトされたが、そんなに親しい付き合いをしていないのでそのときにはお互い誰だか確信が持てない状態。
こんなところで会うなんて信じられず、なんせ酔っ払い同士、しばらく話を重ねてようやくお互い顔見知りのベーシスト同士であることに気が付いたsweat02
それでもスカウトすると言っていたが、今のところ連絡がないので諦めたかsign02

そんなこともあってヴォーカルやってもいいかな?などと木に登っていた今日この頃。
突然その機会が来た。

自分のホームバンドのヴォーカルが突然、活動休止宣言を出した。
バンド活動のメインが、曲作りとレコーディングしかなく、具体的なライブ活動に発展するのが難しい状況。
以前精力的にライブ活動していた頃を思えば、モチベーションが下がるのも無理はない。

ドラマーの脱退。
ギタリストの死。
以降メンバーチェンジを繰り返すが、全力でライブができる手応えに乏しい。

そんなことが続いたので疲れたのだろう。
仕方がない。
ソングライターでもあったので、抜けた穴は大きい。

残ったメンバーで話し合った結果、新たなヴォーカルを迎えてバンドのカラーを変える気はない。
インストバンドとしてやるのは限界がある。
それぞれの思いがあり、解散の方向はない。

と言うことで、自分がベースを弾きながら歌うことになった。
自分の歌を聴いたことがない新加入のドラマーは、そんなのあり?見たいなリアクションだった。
それと、ベースを弾きながら歌える自信があるわけではないので、とりあえずそのスタイルでセッションしてみよう。
と言うことになり、数曲オリジナルをセッションしてみた。

メンバーの手応えは悪くない様で、しばらくこれで行って見ることになった。
選曲は全員がそれぞれやりたい曲を持ち寄ることにしたところ、なんとなく曲名が飛び交う。
そこで思いつきでVOWWOWの曲を聴いてもらったところ、曲は良いけど歌えるの?みたいなリアクション。

音源と一緒に歌って見せると、イケる雰囲気になっていた。
ドラマーは「どっから声が出ているん?」と呆れ顔coldsweats01

ベースを弾きながら歌うのは、自分としてはやりたくなかった。
二つの旋律を同時に奏でる必要があり、両方に神経を注ぐのは難しい。

もちろん歌だけでも大変だけど、ベースは全ての音を判断した上で出すべき音を出し、サウンドの方向性を紡ぐ物と思う。
それを歌いながら完璧に出来るとは思えない。

このスタイルのほとんどの人は、歌っているときにはベースラインが疎かになる。
自分が納得するベースラインを演奏しながら歌う自信はない。
どちらも中途半端になる可能性が高いので、避けてきた。

それはメンバーも承知で、それでも良いから歌えsign01だそうだ。
この状況ではやるしかないsign03

そんな感じなので、近いウチにヴォーカルデビューするかもですnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

パソコン悩み中

今の悩みはパソコンの音楽編集環境です。

音楽編集に使用しているマシンは、自分のメインパソコンでデスクトップです。
自作で組み立てたマシンで、既に3代目。

これも数年前に組み立ててから一度、CPU換装諸々によりパワーアップを図ったものの、所詮はシングルコア。
性能面では今売られている廉価版ネットブックにも劣るかもしれない。

そして昨今のウィルス対策ソフトの誤検知による、様々な使い勝手の悪さ。
OS内の動作で、ある種のウィルスの動きと、XPの本来の動きが似ており、ウィルス検知ソフトが誤検知して本来の動作を制限してしまうことがあるらしく、そのために障害が発生する。
その種のウィルス検知を停止させれば良いのだが、それはその種のウィルスからは守れないことになるので、できれば停止させたくはないが、使い勝手が悪いのは困る。

そして、この夏に買ったAndroidパソコンが思った以上に使いが手が良く、日々のネット閲覧や書き込みはこれで事足りる。
そんなこともあって、自分の中で、最近急速にメインマシンの価値が下がっている。

自分が使用しているソフトの最新版が一通り、現行OSのWIN7に対応していることも調査済み。
となれば、新しいパソコンに世代交代させて、ソフトを買い換えることで快適な環境になることは間違いないだろう。

問題は費用。
総額で15万ぐらいになりそう。

このデスクトップは主に音楽編集マシンとなる。それならば、スタジオに持ち込めるノートにしたほうが都合が良いが、Win7のノートは既にウチにあるのでもう一台購入するのもおかしな話。

最新デスクトップが5万も出せば十分であることを考えると、自作で組み立てるよりコストパフォーマンスが良いかもしれないが、OSをXPから変更せざるを得ない。
つまり、市販デスクトップを購入すれば、ソフトも全て買い換える必要があって、その総額が15万程度。

自作をしてOSはXPのままにして、現行マシンの環境を全て引き継げば快適にはなるが、もうすぐXPはサポートが終わる。
そうなれば、各ソフトウェアも表面上は対応を止めるだろう。
ここで延命させても、1年そこそこかもしれない。

4万掛けて現行をパワーアップさせても、1年後にはOSも含めてソフトウェアを買い換えなければならない。
それならば、市販のシンプルなデスクトップを5万で買った方がお買い得ともいえる。

しかし、WIN8がちらついている今、乗り換えるのは得策ではない。
とりあえずマシンのパワーアップだけして様子を見る手もあるが、最新マザーのプラットフォームがLGA1156からLGA1155へ移行する過渡期でもあって、あまりタイミングが良いとも思えない。

やはり半年我慢するしかないか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »