« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月20日 (火)

演奏と呑み会

激動の1週間でした。

先々週の土曜日。いつものバーでのライブ。このバーで毎年やっている開業記念日ライブ。
その翌日の日曜日が吹奏楽の演奏会。

ライブは常連様の賑わいで楽しかったです!
3ステージまでやって、帰宅が3時。
翌朝の集合期間が7時sweat02

圧倒的に足りない睡眠時間をライブ前に補っていたので、比較的楽ではあるが、それでも眠い。
テンションを上げ続けないと、落ちてしまうdespair

自分の演奏機材と、シンセの機材一部と、録音機材を持ち込み、セッティング。
演奏と録音に気を使いつつ、打ち上げまで気を張っていたので、帰ってからは撃沈。

演奏も打ち上げも、非常に楽しかったですup
大勢で一つのイベントを造り上げて、みんなで楽しむ。
一番汗をかいた人が一番楽しいnote

翌日、機材運搬の影響で筋肉痛sad

そして先週の金曜日、土曜日が連日の飲み会。
その間、平日は21過ぎまで仕事で、疲労困憊。
演奏会の録音を編集してCDに仕上げたいのだが、気力がない。

走りこみも出来ず、ストレスも溜まる一方。
金曜日の飲み会は、接待する立場の仕事上の飲み会なので、あまりストレス解消にはならないdown

3次会まで行って、最後がようやく楽しめた。
帰宅は3時。寝たのが4時。

案の定、土曜日の体調は思わしくない。二日酔いではないが、胃腸がすこぶる悪い。
昼まで立ち上がれなかった。トイレから離れられない。
それでも、この日の飲み会は楽しみにしていたバンドの懇親会。
遠方から参加してくれる人を交えての飲み会なので、早めにスタートして終電までにお開き。

解散時刻が決まっているから、盛り上がりも順調happy02
お尻の不安を抱えながら、ハイテンションsign01

この二日で何曲歌ったのか覚えていない。
こちらの許可なく勝手にリクエストが入る。
歌ったことないといいながら、耳馴染みの曲なら何とかなる。

新メンバーにボーカルを褒めちぎられ、調子に乗ってましたhappy01
溜まったストレスが溶けていった感じ。

この日は早め解散。翌朝、女房の用事で山口市までドライブ。
二日酔いではないが、お腹は破壊したまま。もう何もでないbomb

女房待ちの2時間は車で仮眠のつもりが、1時間は爆睡していた。
用事が終わってお腹が空いてきた。
お昼は、バンドの新メンバーが働いているお店に行ってみました。

バイキング形式のランチカフェ。
おしゃれというより、アットホームで清潔感のある雰囲気。
地産地消のエコなスタイルです。
味付けも体が美味しいと喜んでいる感じ。

お腹が破壊している自分にはとても嬉しかった、やさしい味。
一巡目はお腹に優しいメニューを選んでいました。
しかし、芳しいカレーの誘惑に勝てず、少しだけ食べてみたのですが、これが絶品restaurant
スパイシーなポークカレー。また食べたいsign03

お腹の不安を抱えつつ、幸せな気分で帰宅して、パソコンメールを放置していたのでチェックしてみると訃報が入っていた。
大抵毎日チェックはするのだが、たまたま昨日サボっていた。

ブラスバンドの指導をして頂いている先生の肉親が亡くなられたとのこと。
演奏会直前に容態が思わしくないことを先生から伺っていた。
この演奏会を楽しみにしておられたが、叶わない状態であるとのことだった。

明日の通夜。何とか録音を届けよう。
できる限りのことをしよう。
自分にしか出来ないことだから、最善を尽くそう。

体調が万全ではない。こんなときに編集しても良い音にならないのは経験している。
音質を決める編集は、気力と体力が充実しているときにするべきだが、そんなことを言っていられない。

出来る限りの神経を集中させて、音質調整。
生音は口笛からバスドラの爆音まで入っている。
全てきれいに録れてはいるが、これを一般的なオーディオで完全に再生するのは難しい。不可能といってよい。

大音量の音源を同じ音量で再生しなければ、ppも演奏と同じバランスにはならない。
そんな再生装置は一般的ではないので、普通実際に聞く音量は、生音の100分の1だ。
このままでは小音量の音は聞き取れない音量になってしまうし、平均的に小さく楽しめない。
だから、音量の幅を圧縮する必要がある。

ここが大きなポイント。
一般的なオーディオで聴いたときに聴き易く、且つ不自然でないように感じる圧縮度合いを見つけ出す必要がある。
大音量が歪まず、且つソロもしっかり聴ける。
CDのフォーマットを最大限に活かした圧縮率と音量に調整すること。

そして一番大事なのは、臨場感を損なわないこと。
これらをクリアすることが、自分の合格点。
どこまで追い込めるか。

出来る限りのことはしたつもり。
とにかくCDには纏め上げ、通夜式のあとに手渡しました。
一音入魂。
この想い、届くかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »