« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月17日 (木)

BRZ/86

TOYOTAとSUBARUのコラボで開発されたスポーツカー。
気になる車ではあるが、市場投入が遅すぎた。

若者向けのスポーツカーを出したつもりなのだろうけど、実際ターゲットの若者はほとんど興味を示していない。
20代前半の女性が「狭いでしょ」と酷評していた。
それは逆に言えばバスやトラックに「遅いでしょ」と存在を否定するのと同じ。
ある意味当たり前で、どうでもいいところを欠点として評価して否定する。
スポーツカーを不必要な車とみなしている表れ。

この言葉を聞いた時、ショックだった。
スポーツカーを「狭い」と切り捨てる感覚は自分にはない。
スポーツカーにとって、広さはムダ。
そんなことも理解されていない。
スポーツカーを受け入れる文化が、この世代にはないことを確信した。

スポーツカーの存在意義を、特に女性に向かってアピールしてこなかったメーカーの責任だと思う。
女性がカッコいいと思わない車を男が積極的に買う筈がない。
それでもスポーツカーを選ぶのはオタクな奴等で、その結果がモータースポーツを一般人が羨望の眼差しを向ける憧れの世界から、普通の人は踏み込まない趣味の世界へ変えてしまった。

スポーツカーの存在意義は憧れと夢である。
今の若者は、一般的に車に憧れも夢も抱いていない。
トップメーカーであるTOYOTAが、憧れのスポーツカーを造り続けなかったからだ。
憧れの対象がなければ、夢を見ることはできない。

彼らにとって車は自分の空間。自分の部屋の延長。
だから、広さや快適性が重要で、スポーツとしての性能はどうでもよい。
そんな感じなのだろう。
或は、スポーツカーとはフェラーリなどの普通は絶対に手が届かないもので、現実の憧れにはならない存在。

自分の思う車の存在意義は、自分で運転して目的地へ移動する道具だ。移動する部屋ではない。
スポーツカーとは、運転そのものを楽しむ目的の車だ。荷物を運ぶための車ではない。
自分の感覚で氾濫している車を見ると、間違っている車が多すぎる。

部屋ならある程度の飾りも必要だろうが、道具なら洗練された機能美を求める。
運転そのものを楽しむのだから、エンジン音も、ロードノイズも、ステアリングインフォメーションも、疲れない程度に多い方が良い。
限界が分り易く、素直で素早い挙動。操作した分だけ適切に利くステアとブレーキ。欲しいときに十分応えてくれるパワー。
これらの理想は全て理想の「部屋」とは対極。

そして、これらを高次元で実現するためには、しっかりした設計と作りこみが必要で、それは芸術品の領域とも言える。
立派な工芸品だと思う。

その工芸品を作らず、売れる車のみを作り続けてきた。
トップメーカーが夢を捨てた。

その結果がスポーツカーを憧れとして見ない世代だ。
日用品と高級家具しか作らなかったTOYOTAの責任だと思う。それがトップメーカーの責務。

事実、TOYOTAにスポーツカーを設計できる能力はない。
TOYOTAブランドで世界のレースに参戦したのは、セリカでWRCに挑戦したのが最後だろう。
それも大した成績は残せなかった。
既に10年以上前の話だ。それ以降スポーツカーと呼べる車を造っていない。

未だに86を引きずるのも、マンガによって「86」が注目されたからだが、それ以外に印象に残るスポーツカーがないのも事実。
未だに名車としてTOYOTA2000GTが引き合いに出るが、同等以上の知名度のある車はない。

強いてあげればセリカとMR2だろう。
この2車はTOYOTAを代表するスポーツカーだが、セリカは中途半端なモデルチェンジをして消えた。

MR2は名車というには完成度が低かったと思う。
脈々とモデルチェンジを重ねて完成度を上げ、歴史を作れば名車に成り得たと思うが、販売不振に負けた。

GT-Rにこだわって歴史を作ってきたNISSANに比べて、不甲斐ない。
トップメーカーがそんなことだから、スポーツカーを理解する文化が消えるのは当たり前。

スポーツカー文化を継承する重要性に今更気付き、既に単独では設計できないから世界で戦える実力のあるSUBARUと組んだ。
それは悪くはないが、情けない。

今するべきなのは、TOYOTAがそのブランドで、フラッグシップとして憧れの対象になるスーパースポーツと、同じコンセプトが感じられるライトなスポーツカーを売ることだと思う。
BRZ/86はその中間に位置する、実際のレースに参戦する車だと思う。
もちろん、全ての車は世界のどのレースに出しても勝てる性能が必要で、本気のスポーツカーでなければ意味がない。

今のTOYOTAにはできないだろう。
設計する実力がないだけでなく、TOYOTAユーザーにはスポーツカーを使いこなす腕のない人たちが大勢いる。
そんな人たちがスポーツカーを操るのは事故の元。
安全対策や乗り味に関して、そんなユーザーに配慮しなければならない。

そのためにトガッたおもしろさは消え、丸く飼いならされたラグジュアリーカーとなる。
既に新86はその傾向にある。
カッコだけはスポーツカーだけど、走らせるとラグジュアリー。
そんな車をTOYOTAは過去に何台も世に出していて、失敗だったと思う。
新86はそこまで行っていないが、スポーツカーの割り切りとしては甘い。

スポーツカーは、腕の立つ人を対象にするべき。だからこそプレミアムであり、憧れの対象になる。
今のTOYOTAには真のスポーツカーは出せない。

本当にスポーツカー文化を継承するなら、誰でも乗れるなんとなくなスポーツカーではなく、乗る人を選ぶ本気のスポーツカーを造る。
それに尽きると思う。

乗り心地が悪いとか、うるさいとか、内装が貧相とか、スポーツカーにはほめ言葉だ!
それが理解できない人の意見に流されるな。
機能美だけを追求した車を作ってほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピッコロ

購入しましたshine
自己所有?としてのピッコロはたぶん4本目だけど、今までは必要に迫られて急遽安物を調達することが多く、購入したり長期レンタルcoldsweats01

メインとしては考えていないので、良いものを購入しても出番はあまりないし、もったいない。
但し、次に買うなら一生もの。

そう考えて、良いものに巡り会えたら購入しよう。ぐらいの心算でした。

つい先日、その機会がやってきたのです。そう思うことにするsweat01

それは、先日博多に遊びに行った際、いろいろな巡り会わせで天神の楽器店に立ち寄ることができ、以前からそこにあるピッコロを手に取ったのです。
恐らく、自分の記憶ではこの楽器とは3回目の出会い。
長期在庫で嫁ぎ先のない売れ残り。
数々のお見合いが破談に終わってきた曲者bomb

今までの出会いは、価格的に対象外だったり、ピッコロは眼中になかったり。
見た目で敬遠しがちなグラナディラではない総銀製。
ちょっと特異な存在感。

ただ、今回は自分の見る目が変わっていました。
かなり本気でピッコロを検討していることと、このメーカーのフルートオーナーとなっていたからです。

試奏してみて確信。間違いない。これは俺の楽器だ!
他のピッコロと吹き比べて、一番しっくり来る。
価格的にもっと高い他メーカーのグラナディラ製のものは、安心感はあるが一体感に乏しい。

音色、鳴り、イメージ通りに音が出る。
横で聞いていた店員と女房の意見も一致。
他の楽器とは明らかに違う音の透り。
遠巻きに見ていた女房が、この楽器のときだけ何を吹いているのか確認しに近づいてきた。
それぐらい違いがある。

特に店員が関心していた。
「この楽器は今まで誰もきれいに鳴らせなかった。けれど、相性の合う人なら良さを引き出せることを確信した。」そうだ。
この店員から今のフルートを購入しているので、同じメーカーのユーザーであることは承知の上の話。

このピッコロは100万ぐらいで売りたかったそうだが、長期在庫品なので、格安で購入できました。
100万は冗談かと思っていたが、調べてみると確かに仕入れ当時の相場はそれぐらいだった。
それが冗談と思えるぐらい格安だった。ありがとうsign01
以前の出会いでは対象外なわけだhappy01

購入の決め手は、店員の一言。「ヘインズの2本持ちなんて聞いたことがない。男!って感じでかっこいいです。」
よし!男になってやるsign03
完全にノせられてるってup

自分に合うブランドがあるのは幸せなことだと思う。
流行ではなく、自分に合うもの。
多くの人に支持されているものが、自分に合うとは限らない。

こだわりがあるから他との違いが分る。
理想が一致する人達に、製品を通じて出会えた気がする。
自分の感性に合う道具が、一番気持ち良いからね。

探し続けて納得したのが海外の老舗メーカー。
楽器に納得してから、そのメーカーを知りました。
海外ではスタンダードなのに、日本ではあまりユーザーが居ない。
自分は間違ってなかった安心感note

やっとMyピッコロを手に入れた。
この感覚は弦楽器では感じない。

もちろん楽器の相性はあるが、「一体感」は管楽器特有の相性だと思う。
息を吹き込むことによる、抵抗感や音色の変化の具合が感性に合うことだと思う。
まさに歌う感覚。

これが一致して気持ちのよい楽器は、体の一部。弦楽器で感じたことはない。
だからこそ自分に合う楽器を探すのは、大きな楽しみでもある。

今思えば、楽器に呼ばれた気がしなくもない。
たぶん俺は浮気はしない。しないんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけnote

先日のブラバンの練習日に初披露。
柔らかくてきれいな音、めっちゃ通ると好評。
馴染みのトラの方まで、わざわざ「きれいで通る音。どこの楽器ですか?」と近寄ってきてくれた。

総銀製なので、木製に比べて冷えた状態からの立ち上がりが早い。
持ち替えでも重宝しそう。

難点はピッチ感覚だな。
今まで吹いてきたピッコロのどれとも違うピッチ感。
慣れるのにしばらく掛かりそう。

使いこなせれば良き相棒になりそうだが、今のところ喧嘩別れの可能性もある。
じっくり向き合うのも楽しい時間notes
ゆっくり馴染んでいこうup

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

マッサージ器

立ち仕事の女房と、マラソントレーニングで時々筋肉痛に苦しむ自分なので、自宅にマッサージ器が欲しいのだが、マッサージチェアは大げさだし場所も取る。
かといって、ポータブルなものもあまり良い物に巡り会えず、結局今まで買わず終いでした。

ところが、5月連休の間に行ってみたインポートフェアで、なぜだかマッサージ器を購入していまいましたsweat02

インポートフェアでマッサージ器を体験販売しているブースがあった。
しかも国産をウリにしていて、全くインポートフェアとは関係ない出展。
怪しさ全開coldsweats01

単純に隈無く見ていたので、その一つに過ぎないのだが、女房が体験してみませんかと声を掛けられ、歩き回って疲れもあったので、ちょっと休憩なつもりだったのです。

実際に体験してみると、今まで見てきたポータブルタイプの中で、ダントツに完成度が高いと感じた。

もみ玉が挟んでマッサージするタイプだが、その周囲の天板部分が振動して同時にツボを振動マッサージする。

この構造は、ポータブルタイプの中でも一部の高級機種と同じ構造。
その中でもよく考えられていて、体中のどこでも使える様に設計されている。

そのもみ心地も秀逸!痛すぎず、イタ気持ちいいところで動作を繰り返す。

振動もオモチャっぽい安物と違い、メカが噛み合った静かで強力な振動。

聞けば、高度な制御によって、もみ心地を追求し、且つ静かなで信頼性の高い国産モーターを使用している製品とのこと。

国内で製造しており、アフターサービスも万全らしい。
医療器具としての認可も受けていて、ポータブルの最高峰らしい。

後で調べたら、この会社は大手有名メーカーのマッサージ器を販売していながら、このマッサージ器を自社開発し、自分たちが欲しい製品を売るポリシーとのこと。

しかも、新製品で発表前。この会社のHPには旧製品が掲載されていたが、新製品の方が明らかに完成度が高い。

ツッコミどころは色々あるが、体感して良かったので衝動買い。
それが数日前に届いて、マッサージライフを満喫中。

極楽、極楽note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »