« しまなみサイクリング | トップページ | ツール・ド・しものせきコース試走 »

2013年4月21日 (日)

海峡ウォーク2013

初めて参加しました!
今までは「たくさん歩いてるな~」ぐらいの傍観者でした。
マラソンなど、走る方は趣味としてですが、自分のチャレンジとして取り組んできました。
その感覚からすると、ただ歩くだけにあまり魅力を感じなかったからです。

イベントとして盛り上がってはいるけれど、自分が参加したくなる魅力を感じなかった。
しかし、今回は海峡アスリートを目指す目標を立て、その認定に必要な条件として海峡ウォークの完歩がある。
それならば参加してやる!歩くだけなら何とかなる。そう思ってました。

ナメてるつもりはなかったけれど、結果としてナメてたことを反省してます。
普段歩くことの少ない生活をしている自分には、予想以上に大きなチャレンジでした。
走る筋肉と歩く筋肉は違う。シューズも異なる。

ここの選択が失敗でした。
マラソンで使用しなくなったシューズを履いて参加したのですが、
このシューズを購入した時と現在ではスキルもサイズも違う。
走り始めた当初と、現在では足のサイズが大きくなっているようです。

最初はあまり感じなかったけれど、少し歩くと明らかにサイズが小さいと感じます。
足の指の付け根を横方向から圧迫していて、爪が肉に食い込んできます。
爪はマラソン用に手入れしていたので、悪い状態ではなかったつもりだったのですが、靴のサイズが合わなかった。

走るときは短時間に強い衝撃をソールに受けるのが、歩きだと長い時間荷重がかかる。
それが足の形状の変化に違いを生み、少し小さめになっていたサイズをさらに圧迫させる結果になったようです。
帰宅して状態を確認すると、マメはできなかったけれど、爪の部分が少し出血していました。

実はウォーキングシューズの購入も検討していたけれど、デザイン的に気に入るものが見つからなかったのです。
やむを得ず、以前メインシューズだったランニングシューズを選択したのですが、もう少し気を使うべきでした。

そもそも、男性用ウォーキングシューズのメインターゲットは高齢者層になるようで、あまりスポーティなデザインがない。
女性用はまだダイエットの名目でウォーキングするから、若年層向けのデザインも多くあるみたい。
とにかく気に入るものがなかったから、手持ちのランニングシューズを選択したわけです。

いろいろ調べてみると、全国的にウォーキングイベントは高齢者中心の実態らしい。
ところが海峡ウォークに限っては、年齢層に偏りがない珍しいイベントとのこと。
それしか見ていない地元民としては、ウォーキングが高齢者向けとは考えていない。
当然若年男性向けのウォーキングシューズも購入できると思っていたが、甘かった。

ランニングシューズで気に入っている大手メーカの品ぞろえは、気に入らなかった。
他メーカーの製品を探しても、琴線に触れるものはなし。
単純なことです。ただ、これを履いて歩きたい!そう思わせてくれるシューズを探しているだけなんです。
それが叶わなかった。

気に入ったシューズがないだけで練習する気も起きず、花粉症で走り込みもしていない状態で参加したのもナメていた証。
爪で痛くなった左足を庇って右ひざに負担がかかったのか、行程の半分ほどで右ひざに痛みが発生。
同時にマラソン用はソールが薄目なためか、指の付け根付近に痛みを感じる。

後半はそんな状態だったのを気力で痛みを封じて、何事もないかのように歩いてました。
某マラソン選手が、いつもの練習コースを走ることはできても、歩くことができなかった。
との体験談を思い出しました。

海峡アスリートの条件に海峡ウォークがあるのは、必然であり当然だと実感しました。
この日の消費カロリーは約2500kcal。運動量としても結構いきます。
ウォーキングをナメてはイケナイ。

もう少しかっこいい男性用ウォーキングシューズが豊富になれば、ウォーキングの年齢層も広がるのでは?
逆も然り。そんな気がします。
ウォーキングはスポーツとしてはかっこいいイメージがない。
ウォーキングをしようと考えるのは、本気のアスリートよりライトな感覚の人たちだと思う。

だから、もっとファッショナブルなシューズやウェアが揃うと、競技人口が増えるのでは?
少なくとも女性にはダイエットの名目もあって広がっている。
しかし、パートナーと一緒に歩くことを考えたときに、見合うグッズがない。

もう少しと言わず、超かっこいいウォーキングシューズが欲しい!
見た目のデザインだけでなく、機能的に研ぎ澄まされた製品を希望します。
ウォーキングが若い男性に定着すれば、ランナー人口より多いと思う。

海外ブランドの製品は、偏見だけれど、足型の問題で日本人に完璧にフィットしないのではないか?
だから、国内トップブランドに頑張ってほしい。
高齢者向けでもビジネスユースでもなく、真剣に若年男性向けウォーキング専用のシューズを作って欲しい!



|

« しまなみサイクリング | トップページ | ツール・ド・しものせきコース試走 »

コメント

高校時代、30キロ歩いたね。

投稿: やまびこ | 2013年4月22日 (月) 18時55分

そうそう!長距離を歩くのは、たぶんそれ以来なんじゃないか?
走れる距離だから、歩けると思ったら大間違いsweat01

投稿: Hybrid | 2013年4月22日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129450/57220858

この記事へのトラックバック一覧です: 海峡ウォーク2013:

« しまなみサイクリング | トップページ | ツール・ド・しものせきコース試走 »