« スマホ | トップページ | 海峡ウォーク2013 »

2013年4月 7日 (日)

しまなみサイクリング

先週末に会社の自転車仲間で、しまなみサイクリングロード走行ツアーを企画して行ってきました。
総走行距離は約160kmで、尾道から今治までの往復です。
ロードバイクを購入してから、と言うより、人生最長自転車走行距離のイベントでした。

マラソンで培った体力はきっと支えてくれるだろうが、筋力は自転車用に鍛えた訳ではない。
ペダリングだって今研究中だし、今回のコースはアップダウンが結構きつい。
島の間の橋を渡るには、山を登って橋の入り口に辿り着く必要がある。
それが片道6本。
かなりハードなコースに感じたけれど、走ってみれば実に気持ちの良いコース!
眺めは最高に良いし、自転車走行を考えて整備されていて、どの施設でも駐輪場が整っている。
ロードバイクへの対応も抜かりなし。

町を挙げてサイクリストの受け入れに積極的で、その姿勢に感動しました。

思い切り走らせられる充実感と爽快感。
クライムヒルへのチャレンジと、ダウンヒルの楽しさを両立させたような、橋の出入り口付近の九十九折のサイクリングロード。
スピードチャレンジに掻き立てられる、海岸沿いの緩やかで見通しの良いコーナー。
可能な限りフラットに仕立てられた舗装。

サイクリングを存分に楽しみました!
特に眺望は最高に良かった。 Img_20130330_124934569
橋の上から望む海。Img_20130331_100809562_2
山の上から眺める島と海のコントラスト。Img_20130330_10421592
海面すれすれからの、圧迫感のある海と眼前に迫る島。Img_20130330_143227860

これが次々に目の前に繰り広げられる楽しい時間。
自動車とは違う時間の流れにより、十分見て楽しめる展開。

決して飽きない、あっという間のコース。そんな感じです。
もちろん、体力的にはかなり鍛えられますが、とても充実した二日間でした。

今回の目的は、長距離を走ることによる体のダメージと対処方法を経験しておくこと。
そして体力消耗のペースを掴み、ペース配分をコントロールすること。
この目的としては少し失敗でした。
初めてのコースで先が読めない。
どの程度余力を残すべきか、体力消耗のペースがつかめない中、模索するだけ。
結果としてかなり余裕のある状態で、燃焼不足。もっと攻めの走りで良かった。

考えてみれば100kmオーバーのレースに比べて、大体3分の2から半分ぐらいのペース。
この程度でバテてしまうような体だと、先が思いやられる。
余裕は当然。

明けて月曜日。予想していたよりも筋肉痛は酷くなく、首筋が一番痛いぐらいで、次にふくらはぎ。マッサージすると痛みが分かるが、日常の動きでは特に痛みは無し。

ツールド下関に向けて、少し自信がつきましたshine

|

« スマホ | トップページ | 海峡ウォーク2013 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129450/57126967

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみサイクリング:

» しまなみ レンタサイクル・バイク、ツーリング [今治バリバリリンク集]
今年もお得な しまなみサイクリングクーポン!Japan Cycling Association OFFICIAL SITEWelcome to しまなみ海道サンライズ糸山しまなみ海道レンタサイクル 瀬戸内しまなみ海道周辺地域振興協議会しまなみサイクルライダースマピオンレンタバイクショップしまなみ6/8 日本経済新聞 おでかけナビ 日本一のサイクリング道 「しまなみ海道」80キロの絶景と味 (サンライズ糸山、ジャイアントストア今治、よしうみいきいき館 などを参照)しまなみサイクリング 09・1〜10・... [続きを読む]

受信: 2013年4月 8日 (月) 12時10分

« スマホ | トップページ | 海峡ウォーク2013 »