« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月 6日 (月)

ツール・ド・国東

初めての公的自転車イベント参加です!

会社の同僚も多数参加するこのイベント。誘われるがままに申し込みました。
自分の目標としてはツール・ド・しものせき完走があるので、このイベントは力試しと大会を経験するのが参加目的。
だから、狙う出場種目はAコース160kmかBコースの山越え95km。

160kmの方は本格的に取り組んでいる方たちが挙って申し込む、参加人数が多いメインイベント。
そこは敢えて外して申し込むことにしました。
本格的にしてきた人達と真っ向勝負する気がないのと、自分の限界へのチャレンジとしては山越えの方が適切な選択と思ったからです。

高低差400m越えのこのコースは、登りの連続で、間に少し下りを挟みながら段々上昇する。
当然初めてのコースだし下見もしていないので、全く先が読めない状態で走りました。

スタートは、先にAコースが出発するのでBコースは20分程度遅れで走り出しました。
約7kmほどは事故防止の為、追い抜き禁止の2列走行。
それが解除されたと同時に登りが始まった印象。

前半に山越えがあるので、第1エイドポイント前に登りの行程の半分が済む。
この時点では登りのどの程度が終わったのか掴みきれず、体力を温存。それでも、エイドポイントの混雑状況から、ある程度速いペースで走っていることを確信。

ここで一口サイズのまんじゅうが気になったので頂いて、スポーツドリンクと水を1杯ずつ飲んで出発。
この選択は良かった!まんじゅうがみるみる吸収されて力が湧いてくる感じがしてました。
登りの後半は、このお陰でめげることなく乗り切れた感じです。

登りながら、周りを走る人達が実力の近い人達に淘汰されてきて、抜きつ抜かれつの展開。
ここでマイペースを維持しつつも、先が読めないので体力消費も考えながら、山の頂上付近までの目測距離で登り量を予測。

もう一山あるかなと思って登り切った坂で、コースの案内スタッフから「これで登りは最後です!」と教えられ、少し余裕を持って下りに入っていきました。

その後も多少は登りがあるものの、ほぼダウンヒル。アッという間に下りきって第2エイドポイントへ。
この下りで60km/h自主規制。大会諸注意で70~80km/hで下っていく危険な走行は止めるようにとのこと。
数人下りで抜かれましたが、初めての先の見えないコーナーに全力で飛び込む勇気はないので、初心者運転。

下りきった後がエイドポイントまで向かい風。下りで漕がずともスピードに乗っていた状態から、一転してキツイ道程。
精神的にはここが一番キツかった気がします。

第2エイドポイントでは昼食が準備されていて長めの休憩。
この鶏メシのおにぎりが絶品でした!他にも唐揚げやら豚汁やら煮物やフルーツなどが準備されていて、満足の昼食タイム!

しっかり鋭気を養って後半スタート!そこからは海岸線が中心のコース。
前半の山の風景から、全く異なる眩しい海岸線。飽きないコースでした。
風も酷くはなく若干の追い風かな?

後半は体力と相談しながらペースコントロール。
できればゴールまでに全てを出し切って、悔いの残らないようにしたい。
ところが所々にあるアップダウンが、計算を狂わせる。

初めて走るコースは計算精度が出ません。途中で失速する訳には行かないので、自ずとマージンを多めに取る方向。
ゴールまでの距離は分かるがアップダウンが分からない。
ゴールまでの状況が見渡せたところから限界のダッシュをしたつもりだったけれど、結局は余裕がある状態でゴールしました。

ゴールしたときのタイム表示は4時間44分。
ロガーの自主記録タイムは4時間28分。実走行時間は3時間54分でした。
走行距離はオフィシャルデータでは97.5km。ロガーでは99.0km。

良く走りました!
多少燃え尽きなかったところはありますが、眺めも良く、変化のある楽しいコースでした。
ほぼ一人旅になったのが、良かったような、寂しいような・・・

来年出るならば、160kmにチャレンジしようかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »