« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月 2日 (日)

スマホ機種変更

2週間ほど前の話ですが、突然機種変更しました!
T-01Dをあきらめ、SO-04Eへ。
今まで、2年契約の縛りにより我慢するしかないと思い、不満を抱えたまま使い続けていました。

先々月頃から同じ訴えを共有する情報はないかネットを徘徊し、スマホの不具合情報を集めました。
更に安定して使える機種の情報も集め、評判の良かった数機種、或いは不具合情報の少ない機種を自分なりに選別していました。
その結果を端的にまとめると、国内ブランドはExperiaシリーズ以外は全滅。SUMSUNG、LGは意外に評判が良い。

富士通はすこぶる評判が悪い。
T-01Dも東芝ブランドだが中身は富士通。
なるほど納得。

発展途上のアイテムを購入するとき、最新の製品を選択するのは当然。
できれば国内ブランドを応援したいスタンスで選択すると、Experiaしかない。
その新機種が近々に発売される。

別に、そこまでの新機種に飛びつく気はなかった。
2月に販売されたZも選択肢だったが、T-01Dより10mm近くサイズが大きい。
できるだけ小さい機種にしたかったけれど、小型のものは旧品か廉価品になるので不安。

そう思っていたら、新機種のExperia Aは、T-01Dと3mm程度しか変わらないサイズ。
ならば、これに決定!ちょうどこの週末にドコモショップに行けばよい。
在庫がなければ注文すればよい。

ストレスが溜まるような道具は、早く見切りをつけるべきだと考えました。
2年契約まで半年を残しているが、多少の違約金を払ってでも変更したい。
そう思ってドコモショップに行ったのです。

店員に機種変更を告げてから順番待ち数人、30分待ちか?と思っていたら、すぐに案内されました。
研修生のバッジを付けた店員が担当となり、早速SO-04Eへの機種変更で手続きを開始。
幸い、在庫は全色あり、持ち帰りOKとのこと。

次に料金プランの話になったので、前機種の2年契約の違約金がどうなるのか聞いてみました。
ところが、既に支払いは済んでいて、機種変更は何も問題がないとのこと。
そんなはずはないと思い、良く調べてもらうと、別のサービスの契約があることが判明。

前機種の契約の時に、サービス割引によって支払額を抑えるため、データ端末を形だけ同時契約しており、それが2年だった。
使うと料金が発生するので使用履歴はないが、これを同時に契約すると料金が割引になる。
端末の支払いはサポートがあるので、月々約1000円のところ100円程度。

今回は機種切替によってサポートがなくなるために、月々約1000円の支払いが発生する。
しかしこれを解約すると15,000の違約金が生じるので、契約満了の1月まで放置する方が得。
これが違約金のようなもの。

本体の価格は、8万円オーバーの定価をまず提示された。
割引サービスで1万円安い金額となった。
更に2年の分割にすると月々サポートが使えるので、毎月約600円=実質価格約1万5千円とのことだった。

2年契約にするとドコモ側にもメリットがあるので、一括で払うのは損な設定。
反抗する理由はないので、乗っかります。
料金体系については、通信データ量の実績から、少なめのプランでもなんとかなりそうなので、とりあえずそれで契約。

結局データ端末の違約金替わりを除くと、月々の支払いは少し安くなったが、データ端末上乗せ分によって若干上昇。
まあやむを得ない。
その程度の上乗せでこのストレスから解放されるなら、妥協できる。

契約は終了し、データ転送の段階になった。
画像などのデータは、SDカード経由で難なく終了。
SNSの引き継ぎは2機種を交互に操作して引き継ぐので、多少時間が掛ったが、大きな問題はなし。

問題はなぜかメール。バックアップツールの選択が良くなかったのか、店員が手間取っていた。
SDカードにバックアップして移動しようとしているのだが、まずバックアップができないようだった。
電話帳は転送できているので、残りの作業は自分でやることにして、とりあえずその状態で引き取り。

思ったより時間が掛ってしまい、4時間近く店に滞在。
まあ、トラブルは起こるもの。どう対処するかが問題。
時間はかかるが放置していれば済むものだから、自宅でゆっくりやった方が気兼ねがない。

店員の対応は概ね好感の持てるものだったので、怒りはない。
それより、一生懸命やってくれたことに感謝です。
自宅で作業したところ、更に3時間かかりました。引き取ってよかった。

データの転送がすんでから、アプリの引き継ぎ。
ほとんど無料のものなので、使うアプリだけダウンロードしてインストール。
前機種では、アプリの実態を知らずにいろいろなものをインストールして試したが、今は必要なアプリが分かっている。

実用的なアプリのみをインストールしたので、かなりシンプルに使いやすくなりました。
ここまでの操作感は好感触。前機種に比べて性能に余裕があると感じる。
ようやく使える道具になった感じ。

自宅に帰る前に車用のホルダーを2台分、タイプ違いで買い込み、しばらく車の中で悪戦苦闘。
ドコモショップを出るときに、車のホルダーに取り付けてみたが、今までのものは幅が対応できない。
それと電源スイッチの位置が全く異なり、ホールド部分と干渉するので、この際買い換えたのです。

今までのホルダーは両面テープで固定するだけ。
今回は最近増えている粘着ジェル+吸盤方式にしてみました。
こちらの方が強力に取り付けできるようだし、大型のホルダーはほぼこの方式。

ダッシュボードの適当なところに粘着ジェルシートを張り付け、そのシートに吸盤で取り付ける。
平らな所ならシボや多少の凹凸は問題ない。傾斜も大丈夫。しかしパネルの継ぎ目を跨ぐことはできない。
隙間があると吸盤が効かない。段差や山谷も無理。

1台は問題なく設置できたが、もう1台がなかなか決まらず試行錯誤。
他の設置機器との干渉を避けるため、全ての位置を見直してようやく決定。

それから1週間経ったところで、問題の無かった1台目の方が粘着ジェルが外れていた。今までも、この車のダッシュボードは粘着剤との相性がかなりあるのが分かっていて、今回のはあっさり設置できたと思ったが、結局ダメでした。

そこで、2台目に設置したものと同じものを再購入して試したけれど、全く貼り付かない。平らな広い面なのに、問題はダッシュボードの素材かシボ加工か?とにかく手強い。

相性の良かった両面テープとの組み合わせで再挑戦を考えているところ。
こちらはまだ模索中。think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »