« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月28日 (日)

オール電化

最近の新聞乗り込みのチラシで、住宅販売の数件を見たが、どれもオール電化をウリにしている。

今、原発を止めようとしている風潮だと思うけれど、なぜか住宅のウリはオール電化という矛盾。

オール電化は電力が必要で、特に深夜電力利用は当然。
深夜電力が安いのは、原発を運転しやすくするため時間帯毎の電力需要を平均化するのが目的。つまり電力会社の都合によるもの。

一般的にはその認知度が低いのか、オール電化をウリにする住宅販売が多い。
既に電力会社はオール電化推進を止めているのに。

原発が運転できない今、コストの高い火力をフルタイムで運転させなければならず、電力会社としてはすぐにでも深夜電力割引は止めたいはず。
石油の消費量を押し上げガソリンが高くなっている一因でもあり、CO2削減など無理な状況。

温水を作るだけなら、火力発電所の電力を使うより、石油やガスの給湯器で作る方がはるかに効率が良くて、CO2削減になる。

個人的には、深夜電力契約で恩恵を受けている人達が、原発反対の立場を取るのは本末転倒も甚だしい。と思う。

そもそも、原発はランニングコストが安いから電力会社が推進したがる。しかしそれは、事故があったら企業には賠償できない規模になるので、責任は国が取る構造だから。
つまり、利益は企業に、リスクは国民に、と言うこと。

それを決めたのは自民党。そして電力会社との癒着構造を疑わざるを得ない。
本来なら、利益を享受する企業がリスクも負わなければならない。
だから深夜電力割引などと言うくだらない料金制度が成り立つ。
リスクも負っていれば、事故の補償も電気料金に加算するので、推進できるはずがない。

原発が運転できないので、深夜電力割引を止めますと電力会社が宣言するべき。
まあ、できないだろうけど。原発を再開しようとする立場だから、ここは何とか乗り切る姿勢だろう。
しかし、宣言をした方が原発推進派は増えると思うよ。そして、多くの人が気付くことができる。考えることになる。

今の電力会社は、一般的な認知度が低いことを利用して、国民を騙そうとしているように感じる。

メディアは原発とオール電化の関係性に立ち入らない。
スポンサーの都合の悪いことには触れない。
政治家もだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

放射線被曝

つい最近、放射線に関する本を読みました。

自分の持っている知識は利用する技術に偏っているため、被曝や人体への影響について勉強しておこうと思ったからです。

そこに書かれていたことは目からウロコでした。
それまでに漠然と感じていた放射線被曝の危険性と矛盾を見事に解決してくれたからです。

ポイントは、直接被曝と、放射能汚染の後から来る食物からの摂取による影響です。

一番疑問だったのは、原爆の被害によって放射能汚染された地域で遺伝子異常の患者はどの程度発生しているのか?

原発の規制値の数万倍は汚染された地域で、目に見えて遺伝子異常は発生していないと思う。
放射線が遺伝子を傷つけると言われているが、それが事実なら、認定された被爆者でなくても、汚染された地域で暮らしていた人の子孫全てに通常よりも高い確率の遺伝子異常が見つかるはず。
そうであれば現在においても相当数の患者がいるはずで、重要な社会問題とされるはずだが、そんな認識はない。

と言うことは、原発の規制値は現実人体に影響するレベルをはるかに下回っており、過剰なのではないか?

この論理を進めれば、自然界に流出した放射能の影響は、世間で心配するほど大きな問題ではない可能性もある。

今回読んだ本によれば、この考え方は正しくて、自然界の放射線被曝の量の方が、原発の規制値より数倍から数十倍程度大きい。
従って、これ以下であれば影響がないといえるデータも存在しない。

そもそも、細胞分裂や遺伝子修復などのメカニズムは、オゾン層もない太古の地球上で完成されたものであり、今とは比べものにならない放射線を浴びながら進化をしてきたもの。

短時間に大量の放射線を浴びれば修復できないダメージを負うため死に至るが、同じ量を長期間にわたって浴びる場合は、修復が可能であり、影響が出ない。

むしろ、放射線を浴びることでこの修復システムは活性化するので、自然放射線が高い地域の人々は、ある種の病気の発生率が低いそうだ。ラジウムやラドンなどの温泉の効能がそれに当たる。

少しでも放射線があると健康影響があるとしたのは、数十年前に発表された論文を根拠にしているらしいが、この論文を検証したところ、参考文献は作為的に選出され、仮説に合わないサンプルは無視され、測定精度は現在の精度から見れば不十分で、信頼するに足らない内容とのこと。

このような見解があることを今回の選挙の候補者は知っているのか?
分からないものを過敏になるのは不勉強の証。

果たして事実はどうなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

ライフバランス

最近、見直しをしています。

今まで、自分がやりたかったこと、してみたかったことを目指して時間を遣ってきました。
それはある程度納得できる形で実現できたと思っています。
仕事、生活、趣味。振り返ってみて、充実していると感じます。

十分幸せな時間を過ごしてきたのですが、このままで良いのか?
年齢的なものを考えたとき、今からチャレンジできるものに限界がある。
今までは感じることはなかった感覚です。

全く新しいことを始めるとして、体力、能力、時間そしてお金。
それぞれの限界があり、余裕がなければ現実にはできない。
多分、なんでもできる訳ではない。
その制約は、20年前より確実に狭い。

そう考えたとき、今からの取り組み方を見直してみる必要を感じました。

仕事と生活は、忙しいけどこのままで良いかな?
仕事の割に収入は満足できないけれど、この御時世ではマシな方。
この状況に対して大幅に変化を求めてはいない。

強いて言えば、妻との時間の遣い方ぐらいか。
もう少し妻が喜ぶ時間を多く持ちたい。

次の問題は趣味。
一番感じるのは体力の限界。同年代の中では自信があるが、今から大幅に伸びることはなく、油断をすれば落ちる一方。
これをどう維持するか?

体力は全ての活動の根幹だと思う。精神力、集中力、根性、これを長時間に維持するのに必要不可欠。
体力維持。ここに少し時間を増やす。

マラソンを中心とするスポーツイベントへの参加を積極的にしたい。
それは、今しなければ20年後に確実に後悔すると思うから。

車関係の趣味は、そろそろ自粛かな?
スポーツドライビングの腕も多少の自信はあるが、それに応えてくれる車を次の買い換えで購入できるか?かなり難しいのが現実だろう。

今の車を維持できなくなったときが、この趣味の終わりと考えています。
MT車のおもしろさを次の世代に伝えるのは、一子相伝、伝統芸能に近い。老兵は去りゆくのみか・・・。

そして音楽。自分にとっては大問題。
今までは腕を上げて、ステージに立つことを目指していましたが、ある程度のレベルは実現できました。
そして、これより上はプロとして演奏をする意識が必要と感じます。

今までの音楽活動は、できることを全て手掛ける。それが経験として深くなる。演奏技術の向上も必要。
音楽を楽しむことに主眼を置いてきました。

その分、各ジャンル、演奏形態において、散漫になっていたことも否定できない。
マルチで活動しておきながら、どれも中途半端な気がしています。

そこで、原点回帰してみようとの思いに至ったのです。
ギターを初めて持った。弾けるようになった。その時にしたかったものは何だったのか?

近年、音楽活動としては、時間的にもステージの回数としてもブラスバンドが最も多く、「ブラスの人」のイメージが強くなっています。
しかし、自分の趣味としては、ブラスバンドが好きな訳ではない。

フルートを吹く時間を持てる場所として参加しているだけで、ブラスバンドの音楽が好きなのではない。
しかし、大勢でする音楽にはそれなりの楽しさがあるので、それを楽しんでいましたが、そろそろ潮時かな。

今からは自分が本当にしたかった音楽に時間を遣おう!
そう考えています。では、それは何か?

やっぱりロックなんだろうな。
そして、歌うことなんだろう。

中学で弾き語り。高校でロック。社会人になってジャズ。
幼少の頃はクラシックを多く耳にはしていたが、物心が付いてFM放送を自ら選択して聞いたのは、フォーク、ニューミュージック、洋楽ポップス。

テレビの80年代アイドルの歌で日本の音楽は死んだと思い、洋楽ロックへ傾倒。
そして演奏技術向上を目指して、プログレ、フュージョン、ジャズへと流れていった。

今、何が好きだったのかを問われると、最初はうるさいと思っていたロックが一番染みついている。
それと、80年代の実力派の邦楽。

その反動からか、フルートのクラシカルな世界も好き。
たまたま手にしたフルートではあるが、管楽器の世界を教えてくれた。
この魅力も捨てがたい。

この融合が図れるか?二本立てか?
まだ悩み中shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

選挙

選挙の方法にものすごく不満がある。

今の時代、選挙区を区切って選挙をすることのメリットとデメリットは何か?
メリットは候補者にあり、デメリットは国民にあると思う。

選挙区に区切り、当選人数を割り振る方式では、少数切り捨てになるのは明らかで、国民の真意を反映できない。
街頭演説や後援者を廻るには狭い地域の方が効率がよい。
つまり候補者の都合を優先しており、国民の代表による政治を実現することは考えていない。

そもそもそんな挨拶回りが必要なのか?
企業との癒着や、地元の有力者のコネの影響が大きいことの証明だろう。

裏を返せば、有権者が本人の自覚や考えで投票していない人が多い。と言うことになる。

街頭演説をしたところで、それを直接聞ける人は有権者の一部だ。
現実にはテレビなどのメディアが取り上げてこそ、多くの有権者の耳に届く。

と言うことは、街頭演説を止めて、全てテレビで演説をすればよい。
全ての候補者が、全国ネットの放送において同じ時間で演説をすれば、全国が一つの選挙区として選挙ができるはず。

そうすれば、少数支持であっても実数に比例した議席が得られるはず。

政治家の都合で運営されている選挙に行って投票するなんて、バカらしくて行く気になれない。

まずはそこから改善して欲しいのに、そんな政党や個人が見あたらない。だから投票できない。

とりあえず行って、適当な人に投票するなんて、とても嫌!
結局無効票として投票するしかない。

投票率が上がらない原因の一つだと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »