« 2015年7月 | トップページ | 2016年3月 »

2015年11月30日 (月)

水素社会

来るべき水素社会と言われてはいるが、個人的には信じられない。

水素は天然では単体で存在しない。

水素は作るものだ。
ほとんどの場合、水を電気分解することを想定していて、その電力は再生可能エネルギーを想定しているらしい。

その水素を直接燃焼させるのではなくて、燃料電池によって電力に変換してモーターを回す。

つまり、電力を水素に変換して、また電力に戻して利用する。

変換には必ずロスがあり、効率が下がる。

元々電力を利用するのに一旦水素に変換するメリットは何なのか?

水素は貯蔵や運搬が難しい。
わざわざ水素にする意味があるのか?

水素社会が来たとして、エコなのか?
技術的には素晴らしいが社会システムとして優れてるとは思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月26日 (木)

1票の格差

小選挙区が諸悪の根源だろうが!
今の世の中、ネットで投票できるようにすれば、選挙区なんてすぐに調整できる。
信頼性に疑問が残るから実践できないけどね。
そもそも、2倍以内が合法として、ギリギリで調整しようとするのが納得できない。
格差は1倍が当然。
2倍はやむを得ない最悪の妥協点。
それを超えてるのは、どう考えても不平等。
つまり違法。
そんな心構えの議員はいらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

トヨタ車

クルマが好きです!
走行性能、操縦性を重視しています。

自分の好みですが、トヨタ車は合いません。
ドライビングポジションがまず合わない。
ステアリングの感触が嫌い。
車の挙動が気持ち悪い。

そう言うことを重視しないクルマ作りをしていることは、運転すれば分かる。
運転していて、面白くない、疲れるクルマだ。

ところが、それが変わるらしい。
こんなクルマが売れるのは、ドライビングを楽しむ人が少ないと言うことなのかと思っていたが、トヨタの中でも、これではイケない!
と言う話しになったのだろう。

自分の感想ではトヨタ車は失敗作レベルだけど、多少は良くなるのかね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

福島県産食材

海外では拒否反応が強くて、風評被害が出ているらしい。

国内でも同様。

風評被害とは、事実と異なる噂などで損害を受けることだと思う。
しかし、今回の問題は違う。

事故が起こるまで厳しく守ってきたレベルを緩めた上で安全ですと言ってる。

つまり、緩めなければ出荷出来ないレベルの汚染が相当あると言うことだ。

では、それまでの厳しいレベルはなんだったのか?
緩めたレベルは本当に大丈夫なのか?

そこに不安がある。
そして、間違いなく汚染されている。

これは風評被害ではない。
明らかな事故の損害。
このような製品を出荷しなくても生活を補償するべきだ。

そうしなければ、汚染を拡げてしまう。
福島県産を買わないのは風評被害ではない。
自衛の選択。

風評被害と言うなら、レベルを元に戻して検査した上で出荷して欲しい。

それまでは信用出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

論争

最近、安保やら原発やら沖縄やら、各所で論争が起こっていますが、残念なことに論破する事が目的の発言や誹謗中傷も多くあります。

論争は皆が幸せになることを目指して意見を交わすもの。

それを忘れてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エネルギー問題

原発の再稼働が続いており賛否両論ありますが、取りまとめると賛成派は経済的観点、反対派は環境的観点で主張していると思います。

持論としては事故が起こった時の損害額を算定すると、経済的なメリットは無くなるため、環境リスクだけが残るので、反対です。

しかし、現時点では原発は存在し、運転しなくても維持するために大量のエネルギーを消費しているのが現状。

運転を停止するだけではなく、解体しない限りエネルギーを浪費する存在なので、とりあえず稼働させておくのは合理的だとは思います。

但し、稼働と同時に解体も進め、例えば20年後には原発0を目指す。

これで問題なのは、原発を解体する技術が整っていないこと。
この技術を確立することが急務だと考えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2016年3月 »