« 技術者が育たない | トップページ

2017年8月 8日 (火)

電気自動車

欧州では電気自動車の方向に進むことが確実だけど、世界的にはそれで良い方向になるとは思わない。

発電する方法が化石燃料主体なら、確実に環境悪化の方向だからだ。
発電効率、バッテリーの充放電ロス、更に高性能バッテリーや高性能モータが原因の環境破壊。
これらの問題が解決する見込みすらないのに、なぜ電気自動車を推し進めるのか理解不能。
電力がクリーンなのは消費者の目の前だけ。
30年前に論争になったインバーターノイズの健康影響は疑いのまま。
電気自動車に赤ちゃんを乗せるなんて、あの頃の危惧はどこに行った?
IH調理器を妊婦が使うなんて、電磁波の健康被害論争は何だったのか?
太陽光発電で賄うなんて能天気な人たちもいるようだが、ソーラーパネルを生産するのにどれだけ電力が必要なのか分かってるのかね?
化石燃料に頼らない発電方法にならないと、電気自動車は環境に良い選択ではない。
水力、風力、地熱、波力、そして原子力。
現実問題として選択肢はそれだけだ。
原子力以外は主力になる見込みは乏しい。
原子力は事故が心配。ミサイルの標的にされたら、だれが責任を取るのか?
電気自動車を所有したいなら、原子力発電所の近くに住んで極力ロスの少ない電力で走らせて欲しいもの。
欧州は原子力以外に有力な発電方法があるのだろうか?
それとも原子力と一蓮托生なのか?
もしかして、みんな馬鹿なのか?(=_=)
いや、俺が心配しすぎなのか(>_<)

|

« 技術者が育たない | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129450/65640896

この記事へのトラックバック一覧です: 電気自動車:

« 技術者が育たない | トップページ