2013年4月28日 (日)

GPSロガー

自転車に限らず、走ったり、トレーニングの内容を記録として残しておきたい。
鍛えた過程の確認でもあるし、汗を流して努力したことを記録しておきたい。
自分の痕跡を残したい。そんな欲望である。

今までは、ただ心拍を計るだけのものを使ったこともあるし、今使っているものはトレーニング毎の平均や最大負荷を記録するものでした。
しかしこれだけでは、状態の変化が分からず、その時の負荷もわからない。
トレーニングプランを作成するにも、データが少なすぎる。

たまに違うコースを走ったりすると、距離を測り直さなければ、どの程度のトレーニングになるのか把握しにくい。
それを面倒に感じていた。
なぜなら、それらを自動的に記録してくれるロガーと呼ばれる機器が市販されているのを知っているから。

機械がやれることは、機械にやらせば良い。
機械ができることを人間が手間をかけるのはムダ。
製造業に携わる者のサガである。

自分の欲望のために機械が動いてくれるのが楽しい。
メカニカルサディストと言えば良いか、一種の趣味である。
欲望を満たすために考えて作られた機械。それが存在意義を全うするのは、美しいshine
この感覚は少し変人?catface

しかしそれは安いものではない。
移動した距離を計り、心拍から負荷を計り記録する。
これだけだが、それにはGPSと心拍センサーが必要。

GPSは電力消費が多いので容量の大きなバッテリーが必要となるが、身に着けるものなので小型軽量は必須。
心拍センサーは、体に電極を付けて電線を巻きつけて走ることはできないので、当然低消費電力小型無線システム。
つまり、この欲望を満たすためには、最新のテクノロジーを利用する機器となってしまう。

いろいろと物色してみると、ハイテクマニア心を刺激するキーワードがたくさん出てくる。
調べるのが楽しい!
大手家電メーカーでは製品化できない、ある意味ニッチなこういう製品に心血を注いでいるメーカーが世界中にある。

いろいろ比べるだけで楽しくなってきた!
普通に入手できそうな製品を見比べて、目が肥えてきたところで自分に必要な機能を絞り込む。
次に妥協できるポイントと稼働時間などの基本性能のレベルを決め、それをクリアしている製品に絞り込んだ。

最後に残ったのが3メーカーの3機種。
内1機種はこの分野のトップブランド。
もう一つは新興メーカー。
そして残る一つは、国内メーカーの異分野進出。

トップブランドの製品は価格が高かった。他の2機種の3割増ぐらい。
新興メーカーのものは、デザイン、機能は申し分ないが、日本語への対応に不安。
国内メーカーのものは多少大きめで、デザインとしては今一つ。

最後の決め手は地図の信頼性でした。
この点で国内メーカーのものは安心できる。
海外のブランドは、地図に関してのサポートや信頼性に若干弱さを感じる。

その点、日本の地図は国内メーカーに有利。
そして、後発メーカーの強みとして、よく練られた製品と感じる。
このメーカー自体が元々電波物、特にGPS関連が得意。

そして小型機器におけるユーザーインターフェースは独自にノウハウを持つ稀有なメーカーと思う。
心拍モニター関連のスポーツグッズメーカーは、腕時計をベース技術に持つメーカーが多い。
その点このメーカーは車載小型機器がベース技術。

このため、パソコンとの連携を含むハイテクデジタルデータの取り扱いは得意と見た。
最近は小型機器のノウハウを生かし、ハンディ機器の分野に力を入れていて、この製品もその流れで参入。

スマホほどインテリジェンスな機器ではなく、家電メーカーが参入しにくい市場規模。
規格で固められ個性が発揮でき無くなることもなく、出来の良い機器ならば歓迎される。
そして、家電レベルの安全性能を要求されない上、製品寿命も数年で構わない。

そんな製品で力を発揮し続け、最近個人的には注目していたメーカー。
GPSロガーでこのメーカーの製品に辿り着くとは、選定を始めた当初は想像していなかった。

スポーツグッズメーカーの製品ばかり探していたら、この製品がヒットし始めた。
調べてみると、求めている機能が良く練られた形で実現され、コストパフォーマンスはかなり良い。
それはユピテル製 ASG-CM31SP

GPSナビ、指定ルート案内。心拍、ケイデンス、スピードのログ。トレーニングコーチ。
ウォーキング、ランニング、サイクリング対応。
GPS、ANT+、USB、microSDを備え、インターフェースも充実。
パソコンでのログ管理、最新地図への対応、ルート作成、専用ソフトの無償提供。

直射日光下でも見やすいディスプレイ、グローブをしていても操作できる感圧式タッチパネル。
IPX7相当の防水機能。15時間連続稼働。
至れり尽くせり、十分である。そして競合品と比較しても安い部類。

これは頑張っているな!そう思いました。
国内メーカーを応援したいスタンスとしても、これを買わない理由はない。
しかし、値の張る買い物ではあるので、一週間程度クールダウン。

その間になんとなく考えていたツール・ド・下関のコースを試走をしたところ、やはりナビが欲しい。
慣れないルートの長距離をタイムにチャレンジしながら試走するのは、紙の地図では難しい。
公開されていたルートの地図は詳細とは言えず、何度も道に迷った。

そんな経験をした直後だったので、購入決定!
ネットで注文し、3月日前に届きました。
届いた日にさっそく自転車に取り付けてみました。

今までスマホのホルダーを付けていたのですが、これは取り外すことにしました。
スペースがないのと、ロガーをスマホで実現することを目論んでいたのですが、これを諦めました。
そうすると、ただの電話待ちのスマホを一番目立つところに設置する意味はない。

いろいろ悩んだ末、ロガーとライトだけにしました。
最終形はスマホとライトだけと思っていたのですが、スマホがロガーとしてもナビとしても十分に役には立たなかった。
それでも、付けられるものなら付けたいと思い、組み合わせや場所を検討したけど、良い形にならなかった。

過渡期の妥協としてスマホ、心拍モニター、ライトの組み合わせで設置していたものをロガーとライトだけに集約。
今まで買ったホルダー類の投資が無駄になってしまった。
ついでに言えばポラールの心拍モニターも不要。後で追加したBluetooth4.0対応の心拍センサーも不要。
もう少し様子は見ますが、欲しい人がいれば安く譲ります。

スマホでロガーをするなら、きっとBluetooth4.0を採用すると思っていたが、センサー類の対応は、現時点ではANT+の方が充実している。
ところがスマホは、ANT+に対応する方向には行かないようだ。
となれば、スマホをベースに考えることは諦めた方が良いと判断しました。

新しい規格や製品は、登場当初に右往左往、二転三転するのは良くあること。
どこで見切りを付けるかは、しばらく動向を観察するしかない。
今回は時期尚早な感もあるけれど、目標達成に時間が無く、今構築したいから多少見切り購入。

自転車に取り付けてみて感じたのは、スマートではない大きさ、形だと思っていたその形状。
それは自転車に取り付けたときに、違和感がなくなった。
専用ホルダの形状と本体の形状により、自転車側の凹凸を巧みにかわしているかのよう。
ハンドルポストに実に見事にフィットしている。なるほど!

それに比べると、ケイデンスセンサとスピードセンサの異物感は何とかならないものかangry
デザインとして、美しくも合理的でも無い。
しかし、どんな車種にでも取り付けられるようにするためには、やむを得ないのか。

今は一通りの操作を覚えて、パソコン環境も整備して、先ずはランニングで初使用。
やりたかったことができることを確認。
さて、データを積み上げていこうup



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツール・ド・しものせきコース試走

ツール・ド・しものせきのコースを走ってみました。
自分にとって、海峡アスリートの最後の関門であるツール・ド・しものせき。
残すはこのレースのみ。

確実にクリアするためには、やはり試走しておくことが必要だろう。
まだ、マイペースを掴んでいない。
長距離を走る経験を十分に積んでいない。

その弱点を埋めておくには、長距離を走る機会をなるべく多くしたい。
できれば完全にマイペースで走る機会が欲しい。
それには一人で走ることがベスト。

しかし、サポートがないのは心細い。
それは無理をしないことで、担保しよう。
そう思い、休暇を利用してチャレンジしたのでした。

コースはネットで非公式にアップされているので、これをトレースすることにしました。
しかし、130kmともなると覚えるのは大変。
地図を印刷して持っていこうと思って印刷してみましたが、数枚印刷してみてA4で20ページ程度になりそう。
これをめくりながら走るのは無理だし、危険と判断。

こうなるとナビにコースを登録するのがベストだが、自転車用のナビは所有していない。
スマホのナビは2時間でバッテリー切れになる。
サブバッテリーで充電しながらでも消費の方が早いので、3時間で終了。これでは使い物にならない。
やむを得ず、ネットにアップしてあるコース地図をスマホで見ながら走ることにしました。

GPSを使わなければ、充電しながら使い続けられるので、ブックマークで直にアクセスすれば何とかなる。
そう考えてスタートしました。
目標タイムは8時間。無理をしないペースを設定しました。

この日は割と風が強く、暴風ではないものの強風注意報が発令中。
前半はずっと向い風で結構バテました。
紙の地図で走ることをあきらめたのは、結果として良い選択。
この強風では、紙をめくるのは無理。

しかし、想定通り、走り始めて数㎞で道に迷いました。
なぜなら、コース地図は詳細ではなく、交差点の名前もなければ、目印になる建物のような記述も稀。
スケールも距離も書いていない。それでも、最悪スマホナビと照らし合わせれば何とかなるかも?と思いながらのスタート。

走りながら、辛うじて川や池との位置関係や、交差点の道の形から判断できる。
その程度の地図なので、交差点毎に止まって道を確認しなければならない。
お蔭でスピードは上がらない。

コース自体は田舎道が多く、地元の人でないと車で通ることもないような知らない道でした。
知っている道ならば雑な地図でもなんとかなるけれど、通ったこともない道では辛い。
結局数回コースを間違え、交差点ごとに立ち止り、かなりタイムロスがありました。

前半は向い風、10時頃スタートして、最遠点に到達したのが13時頃。
ハンガーノックのため前半最後の峠を登りきったところで力尽き、少し休憩。
そこから下って、お食事処を見つけて昼食。

昼食休憩は50分ほど。
フラフラで店内に入って、座敷に一人で座り込んでいたら、後から数人のグループが来た。
座敷は満席、カウンターは空きがある。マナーとして席を譲って、カウンターに移動して注文。
その直後には別の座敷席が空いたので、お店の方が気を利かせてくれて再び座敷へ。ありがたい!

食事をしながら足のマッサージ。
この時は、後半が山の中に入っていくコースなので、更にキツイアップダウンがあると思っていました。
この状態では、完走は難しいかも?と考えていました。

それぐらいハンガーノックのダメージが大きく、体力、精神力、筋力を一気に消耗していました。
食べるものを準備せずに走ったことを後悔。

ところが、注文したカツ丼を食べ終わる頃、思っていたより早く回復しているのに気づきました。
本当に不思議なぐらい。それだけ空腹による血糖値低下が大きく影響していたということだろう。

一度通り過ぎてから引き返して入店したこのお店、救いのスペースでした!ご馳走様でした!
少しひざが痛み始めていたけど、それ以外は何とか帰れそうな感触で後半をスタートしました。

コースを確認すると、しばらくは粟野川沿いを上流に向かって走る。つまりずっと登り。
しかし、急な坂はなく、微妙なアップダウンを繰り返し、徐々に登っていく感じ。
膝に大きな負担はかからなかった。

渓流と田園風景が山間に広がるコース。
風は強めで向きが頻繁に変わるけど、爽快で気持ち良く走れました!
アップダウンを覚悟していたのに、急な坂はほとんどなく、曲がり頃の高速コーナーもあったりして楽しめました。

いつの間にか豊田町。そんな感じです。
ここまで来ると良く知っている道。少し斜めの日差しを浴びながら、最後の峠である深坂を目指しました。
膝は温存しているためそんなに悪くない。その頃には、完走はできると確信していました。

しかし、深坂の手前で事故が起きました。
ついに立ちごけしてしまいました。
水源池を周って車道を横断するところで、車が近づいていたので、横断のタイミングを見ながら微速前進。

その車が思ったより遅かった。
タイミングが合わず、再アプローチしようと思って失速寸前の体勢を翻してUターンしようとした瞬間。
突風が吹き、煽られてバランスを崩してしまった。

漕ぎ出そうとした瞬間だったので、ビンディングを外すことができず、そのままこけてしまった。
しかも右側。
こけながら、自転車を守るように意識して受け身をしたものの、リアの変速機を打ってしまい、そのあとからギアが定まらない状況になってしまった。

体は特に怪我はしなかったが、自転車がそんな状態で最後の登り。
ギアを軽くしていく最後でチェーンが外れてしまった。
そのまま失速して、今度は左に立ちごけ。

今度は草むらだったので、体にも自転車にも見た目のダメージはなし。
自転車を降りてチェーンを掛け直し、気を取り直してダウンヒル!
そこからゴールまではあっという間でした。

ゴールは下関北運動公園ですが、自宅からスタートしたので、スタート直後のコースを自宅近くまでトレースして、帰宅。
タイムはちょうど7時間。想定より1時間早い。
休憩時間と、諸々のロスタイムを合わせると、実走行が6時間は切っていると思うので、平均時速は21km/h以上。

無理をしないペースでも本大会での8時間のリミットは余裕でクリアできたので、問題ないでしょう。
ようやく自信がつきました。

翌日は膝の痛みがあり、整骨院で治療。
両脚を引きずる感じでたどり着いたのですが、さすがプロ!
治療直後には痛みが半減して、夕方には気にならないぐらいになってました。
残ったのは全身の筋肉痛のみ。

今回のチャレンジで、一人で長距離を走るにはナビが必要と痛感。
車なら案内看板と紙の地図で事足りるが、自転車だと、地図を持ち運び、確認するのに手間がかかりすぎる。
幹線道路以外では案内板はない。しかし、安全確保のためあまり幹線道路は走りたくない。

荷物は増やしたくないので、スマホでナビとロガーを実現したかったが、こんな長距離になるとバッテリーが持たない。
この致命的欠陥を解決する手段がなく断念。
よって、専用品の購入を決意しました。

以前から物色して情報を集めており、ほぼ機種選定は終わっている。
後は注文する勇気だけ。結構高価なものなので、勢いも必要です。
コースを走った日の夜、癒しの一杯に溺れながら注文してしまいました。

拘りは国内ブランド。やはり地図とサービスを重視。
そしてANT+対応。スマホで実現するのを諦めたのだから、その縛りのない、将来性のあるインターフェース。
決め手はタッチパネル。小型機器なので操作スイッチは大きいほど良い。グローブをしていてもOKな感圧式タッチパネルは魅力。

その他、パソコンと連携するナビとロガー。もちろん心拍とケイデンスも記録。
15時間作動。日中でも見やすいディスプレイ。IPX7。ウォーキング、ランニングにも対応。
トップブランドではないけれど、頑張っているメーカー。ユピテル製です。

ユピテルは少し前に購入したGPSレーダーを気に入っていて、ちょっと注目しているメーカーです。
小型のインテリジェンスな機器が得意なようで、電波物はめっぽう強い印象。
今回のナビ&ロガーは、GPSとANT+の無線通信が基幹技術。同社の得意分野。

加えて車内環境で使用する機器の経験が豊富。つまり、振動や温度変化に強い機器を提供できる実力がある。
ハンディなGPS機器を数多く揃える実績。
アウトドアで使う小型機器メーカーとして、信頼できると思います。

次のチャレンジが楽しみです!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

海峡ウォーク2013

初めて参加しました!
今までは「たくさん歩いてるな~」ぐらいの傍観者でした。
マラソンなど、走る方は趣味としてですが、自分のチャレンジとして取り組んできました。
その感覚からすると、ただ歩くだけにあまり魅力を感じなかったからです。

イベントとして盛り上がってはいるけれど、自分が参加したくなる魅力を感じなかった。
しかし、今回は海峡アスリートを目指す目標を立て、その認定に必要な条件として海峡ウォークの完歩がある。
それならば参加してやる!歩くだけなら何とかなる。そう思ってました。

ナメてるつもりはなかったけれど、結果としてナメてたことを反省してます。
普段歩くことの少ない生活をしている自分には、予想以上に大きなチャレンジでした。
走る筋肉と歩く筋肉は違う。シューズも異なる。

ここの選択が失敗でした。
マラソンで使用しなくなったシューズを履いて参加したのですが、
このシューズを購入した時と現在ではスキルもサイズも違う。
走り始めた当初と、現在では足のサイズが大きくなっているようです。

最初はあまり感じなかったけれど、少し歩くと明らかにサイズが小さいと感じます。
足の指の付け根を横方向から圧迫していて、爪が肉に食い込んできます。
爪はマラソン用に手入れしていたので、悪い状態ではなかったつもりだったのですが、靴のサイズが合わなかった。

走るときは短時間に強い衝撃をソールに受けるのが、歩きだと長い時間荷重がかかる。
それが足の形状の変化に違いを生み、少し小さめになっていたサイズをさらに圧迫させる結果になったようです。
帰宅して状態を確認すると、マメはできなかったけれど、爪の部分が少し出血していました。

実はウォーキングシューズの購入も検討していたけれど、デザイン的に気に入るものが見つからなかったのです。
やむを得ず、以前メインシューズだったランニングシューズを選択したのですが、もう少し気を使うべきでした。

そもそも、男性用ウォーキングシューズのメインターゲットは高齢者層になるようで、あまりスポーティなデザインがない。
女性用はまだダイエットの名目でウォーキングするから、若年層向けのデザインも多くあるみたい。
とにかく気に入るものがなかったから、手持ちのランニングシューズを選択したわけです。

いろいろ調べてみると、全国的にウォーキングイベントは高齢者中心の実態らしい。
ところが海峡ウォークに限っては、年齢層に偏りがない珍しいイベントとのこと。
それしか見ていない地元民としては、ウォーキングが高齢者向けとは考えていない。
当然若年男性向けのウォーキングシューズも購入できると思っていたが、甘かった。

ランニングシューズで気に入っている大手メーカの品ぞろえは、気に入らなかった。
他メーカーの製品を探しても、琴線に触れるものはなし。
単純なことです。ただ、これを履いて歩きたい!そう思わせてくれるシューズを探しているだけなんです。
それが叶わなかった。

気に入ったシューズがないだけで練習する気も起きず、花粉症で走り込みもしていない状態で参加したのもナメていた証。
爪で痛くなった左足を庇って右ひざに負担がかかったのか、行程の半分ほどで右ひざに痛みが発生。
同時にマラソン用はソールが薄目なためか、指の付け根付近に痛みを感じる。

後半はそんな状態だったのを気力で痛みを封じて、何事もないかのように歩いてました。
某マラソン選手が、いつもの練習コースを走ることはできても、歩くことができなかった。
との体験談を思い出しました。

海峡アスリートの条件に海峡ウォークがあるのは、必然であり当然だと実感しました。
この日の消費カロリーは約2500kcal。運動量としても結構いきます。
ウォーキングをナメてはイケナイ。

もう少しかっこいい男性用ウォーキングシューズが豊富になれば、ウォーキングの年齢層も広がるのでは?
逆も然り。そんな気がします。
ウォーキングはスポーツとしてはかっこいいイメージがない。
ウォーキングをしようと考えるのは、本気のアスリートよりライトな感覚の人たちだと思う。

だから、もっとファッショナブルなシューズやウェアが揃うと、競技人口が増えるのでは?
少なくとも女性にはダイエットの名目もあって広がっている。
しかし、パートナーと一緒に歩くことを考えたときに、見合うグッズがない。

もう少しと言わず、超かっこいいウォーキングシューズが欲しい!
見た目のデザインだけでなく、機能的に研ぎ澄まされた製品を希望します。
ウォーキングが若い男性に定着すれば、ランナー人口より多いと思う。

海外ブランドの製品は、偏見だけれど、足型の問題で日本人に完璧にフィットしないのではないか?
だから、国内トップブランドに頑張ってほしい。
高齢者向けでもビジネスユースでもなく、真剣に若年男性向けウォーキング専用のシューズを作って欲しい!



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

スマホ

スマホに替えて1年以上が経ち、途中でOSのバージョンアップなどもして、現在の所感をアップします。
機種はT-01Dです。正直言えば、すぐにでも新しい機種に変更したいぐらい使い勝手が悪い。
UIの要であるタッチ操作への反応が気に入らない。
感度より反応が鈍い。アプリにも因るが、タップしても何の反応もないからもう一度タップすると、一気に二度のタップを受け付け、意図しないところに行ってしまうのは日常。
バージョンアップすると感度が上がった。良い事もあるが、タップのつもりなのに、僅かでもぶれるとフリックとして認識されてしまう。このせいで、車中では非常に操作がしにくい。
連続フリックの最中に、勝手にタップとして認識してしまう。動作そのものがぎこちないため、フリックでもタップとして認識されるのだと思う。
ガラケーの方が音声認識率は良かった。スマホの音声認識エンジンは周囲のノイズに弱すぎる。車中では全く認識しない。ガラケーでは問題なく使えてたのに!
充電しながらだと、タッチ操作の認識がかなり乱れる。充電器からのスイッチングノイズの影響をを受けているからだと思うが、純正の充電器を使用しているのに、文字を入力することがほぼ不可能なぐらい。

iPhoneユーザーはどうなんだろう?見ているかぎりそんな不満はなさそう。

電池の消耗については不満だらけ。何も操作をしなければ1日持つけれど、それでギリギリ。
少しでも使えば一日持たない。常に充電していなければ不安で仕方ない。
GPSを使おうものなら2時間で終了。

時代がスマホに行くなら、それを使いこなすしかない。しかし、エンジニア目線で言わせてもらえば、これは未完成な製品。
ユーザーにかなりの負担をかけなければ、スマホの魅力を発揮できない。
それどころか、基本中の基本機能である電話すら、バッテリーが切れることで使用できなくなる。
これを当たり前と思ってはいけない。常に充電していないといけない様な製品は電話としては失格。
予備バッテリーやソーラー等を内蔵して、全機能は使えない状態であっても電話だけはできるようにするなど、工夫する余地はある。それだけでもずいぶん使い方が変わり、ユーザーの負担が減る。

スマホは魅力的な製品ではあるが、基本機能の完成度が低すぎる。
新製品は改善していることを期待するが、カタログに載せにくい性能なので、使ってみないと分からない。

これからの製品ではあるが、新製品はどこまで進化したのだろう?



| | コメント (8) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめサイト | 旅行・地域 | 機材 | | 音楽